ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話6(自叙伝123)

ゴアに目覚める話6(自叙伝123)

楽しい日々

 
 
 
 
僕たちは毎日本当に楽しく笑いながら過ごした。
 
 
特にこれといって何をしたわけでもなく、街へ買い物に行って美味しいご飯を作ったり、トランプして遊んだり、別の友人宅に遊びに行ったりなど。
 
 
 
 
 
ビーチ沿いに住みながらも、あまり海には入らなかった。
 
 
それ以外のことが楽しくて、海には興味が湧かなかったのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 

新しい文化

 
 
 
 
ロンドンからやって来たTちゃんとNちゃんと過ごすのはなかなか刺激的だった。
 
 
 
 
 
彼女たちは人生経験豊かな大人で、ロンドンで3年ほど過ごしていたからか、洗練されているように感じられた。
 
 
 
 
 
特に僕にとって衝撃だったのはシェアという文化だ。
 
 
 
 
 
彼女たちはシェアハウスという、一つの家の別々の部屋を借りて共同で暮らしていたので、物を共有するということに慣れていた。
 
 
レストランで料理を頼めば、それぞれの料理を交換しあい、喉が渇いて水を飲む時は、ペットボトルの蓋を閉じる前に、水飲む?と渡してくれた。
 
 
 
 
 
衛生的にはあまりよろしくないのかもしれないが、喜びを共有し、美味しさを共感し合うには完璧だった。
 
 
 
 
 
こういったシェアの文化には出会ったことがなかったので、共有する喜びというものを知り、少しずつ真似するようになった。
 
 
 
 
 
他にも新しかったのが、ハグで挨拶するという文化だ。
 
 
1日の最初の出会いと別れには必ずハグで挨拶をした。
 
 
 
 
 
 
こういった人との距離の近さも初めての事だったので驚いたが、皆が皆、胸と胸を合わせてハグする社会というのは、かなり暖かいものがあり、僕はすぐに喜びとともに馴染んだ。
 
 
 
 
 
 
このころの僕たちは常にRさんの一軒家に集まって遊んでいた。
 
 
いつも一緒のYさん、ロンドンから来た二人、そして僕の五人だ。
 
 
 
 
 
そこに入れ替わり立ち替わり旅人が現れては立ち去っていく。
 
 
 
 
 
完全版へつづく。。。

前の記事 | 次の記事

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話6(自叙伝123)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。