ホーム » 放浪記 » 2期目のゴアの話18(自叙伝270)

2期目のゴアの話18(自叙伝270)

 

ゴアの生活

 

ゴアでの生活は南国のパラダイスで、美味しい食材が山ほどあり、値段も驚くほど安い。

市場に行けば、とれたての新鮮な魚介類が溢れ、街に行けばインドでは相当珍しい牛肉や豚肉まで手に入る。

 

僕たちはここぞとばかりに美食の日々を楽しんだ。

 

街では牛肉が1キロ百円ほどで手に入る。

身が締まっていて硬いので食べづらいのだが、棒切れでガンガンと叩きまくることで、柔らかくなるのでステーキ三昧の日々を過ごした。

 

魚介類も新鮮で、イカ飯やら牡蠣のカレーやら庭で焼き魚のバーベーキューをして楽しんだ。

 

買い物ついでに、バイクで町中を走り回り、ジャングルの中に迷い込み、古い廃墟を探索して過ごした。

 

そしてもちろん、ビーチ沿いの村なので、海で泳いだりもしたし、ジャングルの中にある湖で泳いだりもした。

 

二日に一度ほどは友人の家に遊びに行き、一緒に料理をしたりレストランに食べに行ったり、あるいはバイクで遠出して田舎のビーチに泳ぎに行ったりと、南国の楽園の日々。

 

楽しく豊かな日々だが、ある意味ありきたりな話なのでで、特に旅行記に書くほどの事でもない。

 
 
完全版へつづく。。。
 

前の記事 | 次の記事

 

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » 2期目のゴアの話18(自叙伝270)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。