ホーム » 情報記事 » コロナ関連 » 枠摂取後の子供のタヒ亡率が、未接種の場合と比べて303倍に! 「英国国家統計局の公式データ」から明らかになった!

枠摂取後の子供のタヒ亡率が、未接種の場合と比べて303倍に! 「英国国家統計局の公式データ」から明らかになった!

 


こちらの記事により、枠接種後の子供のタヒ亡率が格段に上がることが判明しました。

 

 

 


これを受けてのことだと思われますが、イギリスではデモ行進が行われています。

 

 

 

 


以下、記事の翻訳を転載します。

 

 

2022年5月16日、国家統計局(ONS)は2021年1月1日から2022年3月31日までの “イギリスでのワク●ン接種状況による●亡 “についての詳細を含むデータセットを公開しました。

このデータセットには、「コ●ナを含む死亡のワク●ン接種状況別月齢標準化●亡率」、「コ●ナ以外の死亡のワク●ン接種状況別月齢標準化●亡率」などの詳細を示す様々な表が含まれています。

 

以下は、最新のデータセットの表2から引用した例である。

 

 


ご覧のように、国家統計局は、5歳の子供でもコ●ナワク●ンの接種が可能であるにもかかわらず、●亡率の計算に子供を含めないことにしている。

また、若年層を18歳から39歳までの22年間とし、それ以外の年齢層は10年間としている。

(40-49歳、50-59歳など)

 

こういうのを見ると、何か隠しているに違いないと思うのだが、実際のところ大事なことを隠しているということがわかった。

 

というのも、「ワク●ン接種状況別●亡数」データセットの表9で、国家統計局はうっかりしてワク●ン接種状況別の子供と10代の●亡数の詳細を提供してしまい、私たち自身が●亡率を計算できるようになってしまったからである。

 

国家統計局が発表した10〜14歳の表9の数字は以下のとおりである。

 

 

 

そして、これが国家統計局が発表した15歳から19歳までの表9の数字である。

 

 

このように、国家統計局はワク●ン接種状況別に●亡者数と人年数の両方を出しています。

つまり、簡単な計算で10万人年当たりの●亡率を算出することができるのです。

あとは、人年数を10万人で割って、その答えで●亡者数を割るだけである。

 

つまり、ワク●ン未接種の10-14歳児については、次の計算で全●因●亡率を算出することができる。

 

2,684,874(人年)÷100,000=26.84874

164(●亡数)/ 26.84874 = 6.1

したがって、ワク●ン未接種の10-14歳の10万人年当たりの全●因●亡率は、21年1月21日から22年3月31日の間に4.58人年であることがわかる。

 

さて、あとは同じ式で、10〜14歳、15〜19歳のすべてのワク●ン接種状況について、10万人年当たりの●亡率を計算するだけである。

 

以下は、国家統計局が算出した人年数をもとに、15〜19歳のワク●ン接種状況別の●亡率を算出したものである。

 

 

 

 

 

そして、こちらは、●亡者数と国家統計局が算出した人年数から計算した、10〜14歳のワク●ン接種状況別●亡率です。

 

 

 

 

この数字は恐ろしい。

国家統計局のデータによると、21年1月21日から22年3月31日の間に、10-14歳の2回接種の子どもは、未接種の子どもより統計的に最大39倍も●亡率が高く、15-19歳の2回接種の10代は、未接種の10代より統計的に最大4倍も●亡率が高くなることがわかった。

 

しかし、子どもに関して言えば、本当に恐ろしいのは3回接種の数字である。

国家統計局のデータによると、21年1月21日から22年3月31日の間に、10-14歳の3回接種した子どもたちは、統計的に、コ●ナワク●ンの未接種児に比べて303倍、コ●ナ以外の原因で●亡する可能性は69倍、すべての原因で●亡する可能性は82倍であった。

 

このことは、コ●ナワク●ン注射を3回打つと、小児の全●因●亡のリスクが平均8,100%増加し、コロナで●亡するリスクが平均30,200%増加することを示唆している。

一方、2回投与すると、全●亡のリスクは平均3,600%増加する。

 

しかし、現状では、10代の若者にとっては逆である。

コロナワクチンを2回打つと、15歳から19歳の10代の若者の全●亡リスクが平均300%増加する。

一方、3回投与すると、全●亡のリスクは平均100%増加する。

 

しかし、子供たちの数値は、見た目よりももっと悪い。

10~14歳のワク●ン未接種の●亡率には、2021年12月末に英国医薬品規制当局が幼児へのコ●ナワク●ンの緊急使用認可を疑問視しながらも、2022年4月初旬からしかワク●ンを受けられなかった10歳と11歳の子供たちが含まれているからです。

 

一方、ワク●ン接種による●亡率には、10歳児と11歳児はほんの一握りしか含まれていません。

2022年5月14日時点で5歳から11歳の7%しかコ●ナワク●ンを受けていないという素晴らしいニュースから、このことがわかります。

 

 

 

したがって、もしコ●ナワク●ンが子どもたちの早すぎる●を引き起こしていないのであれば、ワク●ン接種者の●亡率はワク●ン非接種者の●亡率より低く、同程度でもなく、8,100%から30,200%高い●亡率でもないことが予想される。

 

統計は恐ろしいが、その裏には苦しみ、命を落とした現実の人々がいることを忘れてはならない。

残念ながら、今回は子どもたちである。

コ●ナと言われる病気によって、深刻な合併症に見舞われる危険性の無かった子どもたち。

 

したがって、実験的で性能の悪い、致命的な(この統計が証明している)コ●ナワク●ンを必要としたことが一度もない子どもたちです。

 

 

(引用ここまで)

 

 

機械翻訳を元に翻訳したものですので、誤訳などが混ざっているかも知れません。

内容の詳細は元記事をご参照くださいませ。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事に対するイイネや拡散、フォローなどでの応援をよろしくお願いします。

 

 

また、僕の執筆活動は、こちらの貴金属購入代行の利益から賄っているので、貴金属備蓄を通して応援してもらえると非常にありがたいです。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » コロナ関連 » 枠摂取後の子供のタヒ亡率が、未接種の場合と比べて303倍に! 「英国国家統計局の公式データ」から明らかになった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。