ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 1/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 1/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・今回の記事集ではアフガニスタンの状況、トランプの役割、アメリカの危機について解説している

・トランプ大統領が中国に関税をかけた翌日から、上院でのトランプの弾劾裁判が始まった

・同じタイミングでコロナウイルスがアメリカにやってきた

・色々な「偶然」が存在している

 

 

今回の権限委譲理論パート10は長くなるが、この記事集を読むことでアフガニスタンの状況、トランプの役割、アメリカの危機が理解できる。

コロナ及び、アメリカ政治の周辺には多くの「偶然」が存在しているが、トランプ大統領が中国に関税をかけた翌日から、上院でのトランプの弾劾裁判が始まったり、同じタイミングでコロナウイルスがアメリカにやってきたりしている。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

この記事は、これまでで最も長い記事であることをお断りしておきます。

この記事には、もっと詳しく説明することが簡単にできる部分があるように感じますが、分かりやすくするためにそうしませんでした。

この記事を2つか3つに分けることもできたのですが、すべてがつながっているので、この記事を1つにすることが重要だと思ったのです。

 

この記事が終わるころには、アフガニスタンの状況がなぜこのような展開になっているのか、トランプがどのような役割を担っているのか、そして私たちは本当に国を取り戻す崖っぷちに立たされているということを、正確に理解していただけると信じています。

 

 

ほぼ10日前、私はデイブ・ヘイズ(Praying Medic)(訳注:有名なアノン/Qフォロワー)に質問されました。

 

 

アメリカと中国が静かな戦争を始めた最も早い日付は何だろうか、あなたの考えを(時間があるときに)聞きたいと思います。

 

 

以下は私の返事の要約です。

 

遅くとも2020年1月15日だと思います。

『権限委譲理論 パート1』で、トランプと中国の経済取引について言及しています。最初の弾劾が始まる前日の1月15日に貿易取引に調印しているのです。

 

以下は、『権限委譲理論 パート1』のスクリーンショットです。

 

 

トランプの中国への対応を客観的に見ると、これまでの政権の親中路線ではなく、親米路線でした。

2017年8月、彼は米国通商代表部に中国の経済慣行を調査するよう指示した。

その後の報告書では、中国の金融政策の多くの面を攻撃した。

トランプは、”年間5000億ドルの貿易赤字と、さらに3000億ドルの知的財産の盗難 “を参照して、中国製品に関税を課すことを始めた。(この知的財産の盗難については、今後の記事で取り上げます)

この関税は「貿易戦争」を引き起こし、2020年1月15日に締結された「フェーズ1貿易協定」で頂点に達しました。

なぜその日付が重要なのか?

まさにその翌日から、上院でのトランプの弾劾裁判が始まったからです。

 

 

トランプがフェーズ1の貿易協定にサインしたのと同じタイミングで、中国からコロナウイルスが来たというのは、あまりに偶然の一致だと思うんです。

 

コロナウイルスは、貿易協定に勝利したことへの報復として、中国共産党が我々の経済に打撃を与えるために行った対応だと思います。

 

これは、どんな客観的な指標を見ても、確かに我々が勝利したのです。

習近平を困らせたに違いない。

 

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2020年1月15日は、武漢から米国に初めてコロナウイルスの患者が到着した日であると、デイブは指摘した。

 

 

プレスリリース 即時リリース用 2020年1月21日(火)

お問い合わせ先 メディア・リレーションズ (404) 639-3286

米国疾病対策予防センター(CDC)は本日、ワシントン州で2019年型ノベルコロナウイルス(2019- nCoV)の米国内初の患者を確認しました。

この患者は、2019年12月からこの新型コロナウイルスによる肺炎のアウトブレイクが続いている中国武漢から最近帰国したとのことです。

当初は動物から人への感染と考えられていましたが、限定的な人から人への感染が起きているとの指摘が強まっています。

このウイルスがどの程度容易に人と人の間で広がっているのかは不明です。

コロナウイルス感染が確認されたワシントン州の患者は、2020年1月15日に武漢から米国に帰国しました。

この患者は、ワシントン州の医療機関で治療を受けました。

患者の渡航歴と症状から、医療従事者はこの新型コロナウイルスを疑いました。

臨床検体が採取され、一晩で米国疾病予防管理センター(CDC)に送られ、昨日の実験室検査で米国疾病予防管理センター(CDC)のリアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(rRT-PCR)検査により診断が確認されました。

 

 

このシリーズを書いていて、「偶然」の多さに驚かされる。

ともあれ、デイブの質問で、私は大局的なことを考えるようになった。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 1/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。