ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 10/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 10/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・オバマ政権はスキャンダルに満ちている

・政府が説明するベンガジ事件の論点は、非常に弱い

・ベンガジの領事館は、実際には領事館ではなく、CIAの秘密作戦だった

・ベンガジがCIAの秘密作戦であることを政権は公的に認めていない

・国務省とCIAでは、ベンガジ事件に対する見解が異なっている

・腐敗した政治体制と国家の安全を守りたい軍隊との対立は、ベンガジ事件と権限委譲計画の関係を象徴している

 

 

オバマ政権は、ベンガジ事件について幾つかの論点をもとに説明したが、その論点は非常に弱く、人々を納得させるものではなかった。

ベンガジの領事館は実際にはCIAの秘密作戦であったが、政権はそのことを認めていない。

国務省とCIAでは、ベンガジ事件に対する意見が異なっており、その対立は腐敗した政治体制と国家を守りたい軍隊との対立を象徴している。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

それから、ワシントン・ポストのグレン・ケスラー氏の記事です。

 

 

米国大使を含む4人の米国人の死者を出したリビアのベンガジ攻撃の後、政権の議論を裏付ける論点の開発について多くの疑問が投げかけられている。

政権がテロ攻撃の事実を意図的に隠蔽したとの疑惑がある。

以前、ベンガジに関する声明をまとめた年表で、大統領が再選キャンペーンの最中にその点を認めるまでにどれだけの時間がかかったかを指摘しました。

しかし、金曜日にABCニュースが12バージョンの議論を裏付ける論点を発表したことで、おそらく別の説明ができるようになった。

これは基本的に官僚的なナイフの戦いであり、国務省とCIAを戦わせるものでした。

言い換えれば、最終的な論点のバージョンは、当局が両者を怒らせるものをすべて削除したため、非常に弱くなった可能性がある。

つまり、何も残らなかったのだ。

官僚的な説明の根拠を検証してみよう。

まず、重要な背景を説明しよう。

大使は殺されたが、ベンガジの「領事館」は領事館ではなく、基本的にCIAの秘密作戦であり、肩撃ちのミサイルを一網打尽にするための努力も含まれていた。

実際、ベンガジから避難した30人のアメリカ人のうち、国務省関係者は7人しかおらず、残りはCIA関係者であった。

説明責任審査委員会の報告書や上院国土安全保障委員会の報告書など、公式の報告書は基本的にこの不快な事実を回避するために踊らされている。

「2011年12月、次官補はベンガジの米国特別代表部の1年継続を承認したが、これは領事館ではなく、リビア政府に正式に通知されたこともなかった」(ARB誌)

「ベンガジでの攻撃は、国務省の「臨時任務施設」と、約1マイル離れた場所にある、米国政府の別の機関が使用する別館施設(アネックス)の2箇所で発生しました。」(上院報告書)

国務省の見解では、これはCIAの作戦に対する攻撃です。

おそらくCIAが戦っている相手による攻撃です。

そして大使は悲劇的にも間違っている時に間違っている場所にいたのです。

しかし、明白な理由によりベンガジがCIAの秘密作戦であることを政権は公的に認めることができませんでした。

この議論を裏付ける論点は、もともとCIAが下院情報委員会のメンバーの要請で作成したものです。

興味深いことに、すべてのバージョンが一点で一致している。

攻撃は「カイロの米国大使館での抗議行動から自然発生した」というものだが、後にこの事実は誤りであるとされた。

金曜日までの議論を裏付ける論点はかなり詳細になり始め、この時点で国務省から鋭い反発があった。

9月14日(金)午後5時9分現在のものを見て、国務省の赤信号を確認しよう。

・議論を裏付ける論点は「米国領事館への直接攻撃」に言及している… 

CIAは、大使館前でのデモを呼びかけるソーシャルメディア上の報告と、ジハード主義者が大使館に侵入すると脅していることを警告したと言っている。

・ CIAは、ベンガジとリビア東部における過激派の脅威について、数多くの作品を制作してきたと述べている。

・少なくとも他の5つの外国の利益に対する攻撃を引き合いに出し、「それらの国が以前に米国の施設を監視していたとは断定できない」と述べています。

これはCIAの作戦であることが内部で知られていたにもかかわらず、国務省がしくじったという明らかな含意があります。

国務省の広報官ビクトリア・ヌーランドは、特に以前の警告に言及することに異議を唱えています。

「(議会の)メンバーが警告に注意を払わなかったとして国務省を叩くために悪用される可能性がある」と。

さらに ヌーランドは、毎日の記者会見で攻撃について多くを語らないように制約されていたので、なぜ国務省が突然、議員にこれほど多くの情報を提供するのかが分からなかったのだ。

CIAが過激派組織アンサール・アル・シャリアへの言及を削除するなどのマイナーチェンジをした後、ヌーランドはこう答える。

この変更は、私の問題や私の建物の指導者の問題のすべてを解決するものではありません。

「我々は、議論を裏付ける論点が国務省を含むすべての機関の公平性を反映していることを確認する必要があり、我々はFBIの調査を弱体化させたくない。

したがって、我々は明日の朝、副委員会の会合で議論を裏付ける論点を検討する。」

追記: CNNはこの電子メールの実際のコピーを入手し、特に国務省についての具体的な言及がないことから、以前の報道とは異なると述べている。

「我々は、関連するすべての公平性を尊重する方法でこれを解決する必要がある。

特に調査…我々は、明日の朝、代理委員会でこれを取り上げることができる。」

議論を裏付ける論点の最終版は、何が起こったかを示している。

ほぼすべてがカットされ、事実上何も残っていない。

”領事館”という表現も削除され、”外交官事務所 “に置き換えられている。

官僚主義的な観点からすれば、当時は最善の解決策に思えたかもしれません。

政治的には大失敗だった。

理由は不明だが、ホワイトハウスはスーザン・ライス国連大使を5つの日曜番組に出演させ、その議論を裏付ける論点を伝えた。

その論点があまりにも弱かったので、ライスはすぐに、政権が何か重要なことを隠しているのではないかという疑念を抱いた。

彼女はまた、反イスラムビデオの影響とされるものに繰り返し言及したが、これは論点の一部ではなかった。

さらなる調査によって、官僚的な説明は無意味になるかもしれない。

しかしワシントンでは、省庁間の内部対立の重要性を過小評価するべきではありません。

 

 

“ベンガジがほとんどCIAの秘密工作であったことを政権は公に認めることができなかった”
“機関同士の内輪もめ” 、ベンガジで起きたことの真相を知ることはできるのだろうか?

 

そうではないかもしれません。

しかしこの記事のテーマである、腐敗した政治体制とその行動が、米国の安全と独立を守る義務を負う軍隊と対立しているということと、どう関係しているのかを議論したいのである。

これが、ベンガジと権限委譲計画の関係です。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 10/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。