ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 11/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 11/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・権限委譲計画の中心にクリストファー・C・ミラーがいる

・ミラー氏は、アフガニスタンへの極秘侵攻の指揮に携わった

・ミラーと彼のチームは、味方からの空爆に対応するため、即応部隊としてやってきた

・即応部隊(QRF)は24時間体制で、緊急事態に備えている

 

 

権限委譲計画の中心にいるミラー氏は、アフガニスタンへの極秘侵攻の指揮に携わっていた。

ミラー氏は、24時間体制で、緊急事態に備えている即応部隊(QRF)を率いて味方を支援しにきた。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

ここで改めて、「権限委譲理論」シリーズの中心人物、クリストファー・C・ミラーの背景を探ってみよう。

クリストファー・ミラーの関連する背景をいくつか。

 

 

しかし、この元陸軍特殊部隊の将校を知り、一緒に仕事をしたことのある人たちは、彼のキャリアのどのレベルにおいても、自分の仕事と包括的な防衛戦略が国家に与える影響を視野に入れている傑出したリーダーであると評しています。

第5特殊部隊群の中隊長として、ミラーは2001年9月11日のテロ攻撃後、最初のアフガニスタンへの極秘侵攻の指揮に携わった。

第5特殊部隊の少数のグリーンベレーは、タリバンを倒すために馬に乗って派遣され、その作戦は数年後に長編映画 “12 Strong “で描かれた。

元隊員のジェイソン・アメラインによると、ミラーはその最初の配備が行われた方法に少なからず責任があったという。

現在、ニューアメリカ・シンクタンクの 未来の戦争研究員 であるアメラインは、月曜日に Military.com に語った。

「2001年にアフガニスタンの準備をしたとき、最初は本当に一貫した計画がなく、特殊作戦、CIA、ホワイトハウスの間で大きな意見の相違がありました。

基本的に、クリス・ミラーは、第5グループが[統合特殊作戦タスクフォース]–JSOTF Northとなり、アフガニスタン侵攻の先鋒となることを志願した。

 

 

重要なのは、2001年の時点で、我が軍は政治体制と対立していたということだ。

この種の不一致の主題は、私たちの国家安全保障に悪影響を及ぼすものです。

 

 

当時、アメラインは特殊部隊のAチーム、ODA-574の大尉で、35歳の少佐であるミラーはBチーム、司令部の要素に所属していた。

しかし2001年12月5日、アフガニスタン・オルズガン州のサイード・アルマ・カレーで、3人のアメリカ兵と10人のアフガン兵が死亡した悪名高いB52爆撃機の味方撃ちの空爆の後 、荒廃したアメラインの部隊を支える即応部隊としてやってきたのは、ミラーのチームだったのである。

アメラインは、ミラーをSFの “プリマドンナの世界 “で誰もが尊敬する人物と評した。

 

これは面白い話なので、続けて心にとめておいてほしい。

ミラーと彼のチームは、味方からの空爆に対応するため、即応部隊としてやってきました。

即応部隊(QRF)とは、「発展途上の状況に迅速に対応できる武装した軍事部隊で、通常、そのような支援を必要とする同盟国の部隊を支援するために使用される。

彼らは、あらゆる種類の緊急事態に対応できるよう、通常は10分以内、しかしそれは部隊の標準作業手順(SOPs)に基づいた装備を持っていることである。」

 

また、2003年の事例として、QRFチームについてご紹介します。

アフガニスタン・バグラム空軍基地(直近に撤去された):

 

 

バグラム、アフガニスタン、2003年10月17日-バグラムの即応部隊を構成する第10山岳師団の歩兵は、消防署で勤務する消防士のように、飛行場の近くに座り、連合軍がこの地域で抱えるかもしれない問題を常に消火する用意がある。

質素だが、その内部には壁一面に3段重ねの寝台とリビングエリアがあり、小隊がローテーションで24時間の即応部隊(QRF)任務を遂行している第87歩兵連隊第2大隊C中隊の兵士がいる。

第3小隊長のスティーブン・ヘルム1尉によると、即応部隊(QRF)の兵士は戦闘に関するさまざまな任務に備えており、バグラムや連合軍兵士が攻撃された場合でも、装備を集めてCH-47チヌークヘリコプターに乗れば、ごく短時間で戦闘に突入できるようになっているという。

アフガニスタンのバグラムで、即応部隊は毎日の戦闘人形で敵の容疑者の扱いを練習している。

「私たちはどんなことにも対応できます」と、第3小隊のチームリーダー、ショーン・ハースト上等兵は言います。私たちは、起こりうる想像しうるあらゆることに常に備えているのです」。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 11/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。