ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 12/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 12/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ミラー氏は陸軍時代の3年間を「国防総省から情報コミュニティへの派遣」で過ごしている

・ミラー氏は特殊作戦/低強度紛争&相互依存能力担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))の特殊作戦・不規則戦争担当ディレクターに就いていた

・ベンガジ襲撃の際、ミラー氏は国防総省から事件の成り行きを見ており、作戦決定を行うチームの一員であった

・ベンガジに到着できる特殊作戦部隊はあったが、国防総省から中止を命じられた

・ベンガジ事件は、複数の議会による調査につながった。

 

 

権限委譲計画の中心にいるミラー氏は、特殊作戦部隊を指揮していたので、ベンガジ襲撃の際には国防総省からことの成り行きを見ており、作戦決定を行うチームの一員だった。

当時ベンガジに向かうことのできる特殊部隊は存在していたが、国防総省が中止を命じた。

その結果、ベンガジ事件は複数の議会による調査につながった。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

クリス・ミラーの話に戻る。

 

 

ミラーは最終的に第5特殊部隊群第2大隊長になり、2003年のイラク侵攻に参加し、イラクとアフガニスタンに何度も追加配備された。

国家テロ対策センターを率いることが確定する前に公開された文書によると、ミラーは陸軍時代の3年間を「国防総省から情報コミュニティへの派遣」で過ごしている

2014年の陸軍退役後は国防総省に行き、国防次官(情報・政策担当)の特殊作戦コンサルタントとして2年以上嘱託として勤務した。

その後、2018年3月から2019年12月まで、ホワイトハウスの国家安全保障会議に所属し、大統領特別補佐官兼テロ対策・多国籍脅威担当上級部長を務めている。

2020年1月6日、ミラーは特殊作戦・テロ対策担当の国防副次官補に就任し、今年8月10日に国家テロ対策センター(NCTC)長官に承認されるまで、その職を務めることになる。

 

“ミラーは陸軍時代の3年間を 国防総省から情報部門に配属されていた” より具体的には、2011年のいつかから2014年のいつかまで、クリス・ミラーは陸軍将校として最後の任務として、国防総省の特殊作戦/低強度紛争&相互依存能力担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))の特殊作戦・非正規戦担当ディレクターに就いていたのである。

 

特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))のオフィスで特殊作戦・非正規戦(SO/IW)担当ディレクターとして、国防総省の特殊作戦に特化した3番目の最高指揮官となり、特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))直属の特殊作戦・テロ対策担当国防副次官補に直属することになります。

国防総省にある役職である。

 

クリストファー・C・ミラー大佐(当時)が作成した2014年7月のスライドショーで、(やや分かりにくい)組織図が紹介されています。

特殊作戦/非正規戦担当ディレクター時代の指揮系統を説明するため、簡略化してみました。

 

 

 

 

2012年9月11日のベンガジ襲撃の際、クリス・ミラーは国防総省から事件の成り行きを見ており、作戦決定を行うチームの一員であったはずだ。

言い換えれば、彼は、特殊作戦がベンガジ攻撃への対応を停止されたときに、その場にいて直接関与していたのである。

 

 

数時間後、米国外交官グレゴリー・ヒックスによる説明の抜粋によると、リビアの首都の米国当局は、翌朝早くリビア軍機に乗ってベンガジに4人の米国特殊作戦部隊を展開する許可を求めていた。

部隊は待機するように言われた。

「ホワイトハウスと国防総省は、テーブルの上に軍事的なオプションがなかったと信じることを許した」とジェイソン・チャフェッツ議員(共和党)は電話インタビューで述べた。

「軍隊は誰一人置き去りにしないものであり、軍隊の意思と準備があったのに、国防総省が撤退を命じたと考えるのは、驚くべきことであり容認できない。

それはアメリカのやり方ではありません。」

 

ベンガジに到着できる特殊作戦部隊はあったが、国防総省から中止を命じられた。

国防総省の誰が中止を命じたのですか?

ベンガジ事件は、ballotpediaが説明するように、複数の議会による調査につながった。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 12/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。