ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 13/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 13/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ベンガジ事件への疑惑は、複数の議会による調査を促した

・上院議会の調査では、ベンガジ事件は予防可能だったとしている

・下院議会は12人からなる調査委員会を設立した

・ジム・ジョーダンとマイク・ポンペオ下院議員は、委員長の取り組みが十分でないと感じたため、報告書の補遺を発表した

 

 

ベンガジ事件は不自然な点が多かったため、複数の議会が調査を開始した。

上院議会の報告では、事件の予防は可能だったとしている。

下院議会の調査の取り組みが十分ではないとして、当時下院議員だったマイク・ポンペオ氏とジム・ジョーダン氏は報告書の補遺を発表した。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

上院の調査

 

ワシントン・ポスト紙によると、2014年1月15日に発表された調査報告書では、「国務省は警告にもかかわらず、任務地の警備を強化せず、CIAの前哨基地が存在するという情報を米軍と共有しなかったとして情報機関を非難した」と述べている。

[49]

 

上院情報委員会は、ベンガジ攻撃に関する58ページの機密解除報告書とともに、以下の声明を発表した。

「委員会は、リビアにおけるテロ活動(欧米の標的に対する事前の脅迫や攻撃を含む)に関する広範な情報報告に基づいて、また米国代表部の既知のセキュリティ不足を考慮して、この攻撃は予防可能だったと判断した」

[50]

 

 

ベンガジに関する下院特別委員会

 

2014年5月8日、ベンガジでの襲撃事件とそれに関する政権の対応を調査する特別委員会のリーダーに下院議員(RS.C.)が選出された。

委員会は7人と5人で構成された。

[51]

 

米国務省は委員会の要求に応じるかと問われ、「我々は何も隠すことは全くないので応じるし、どんな責任も果たすことを楽しみにしている」と述べた。

[52]

 

ベンガジに関する下院特別委員会に指名された12人のメンバーは以下の通り。

[53][54]

 

 

トレイ・ガウディー 民主党 サウスカロライナ州、議長

スーザン・ブルックス 民主党 インディアナ州

ジム・ジョーダン 民主党 オハイオ州

マイク・ポンペオ 民主党 カンザス州

マーサ・ロビ 民主党 アラバマ州

ピーター・ロスカム 民主党 イリノイ州

リン・ウェストモアランド 民主党 ガイアナ州

イライジャ・カミングス 共和党 少数民族議員マサチューセッツ州

アダム・スミス 共和党 ワシントン州

アダム・シフ 共和党 カリフォルニア州

リンダ・サンチェス 共和党 カリフォルニア州

タミー・ダックワース 共和党 イリノイ州

 

 

ベンガジに関する下院特別委員会の調査は、800ページを超える報告書に結実した。

 

ジム・ジョーダンとマイク・ポンペオ下院議員は、トレイ・ゴーディー委員長の取り組みがオバマ政権の攻撃への対処を十分に批判していないと感じたため、さらに一歩踏み込んで、報告書の補遺を発表した。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 13/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。