ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 15/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 15/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ミラー氏はベンガジ事件での政府の対応に不満を持っていた

・ミラー氏は、特殊部隊を他の軍部と同等の地位に引き上げることにコメントしている

・彼は特殊部隊の権限の強化を喜び、ベンガジ事件への対応のようなことが起こらないことを望んでいる

 

 

トランプ大統領は、特殊部隊の権限を他の軍部と同等レベルに引き上げた。

それを受けて、ミラー氏は米軍基地での演説で、特殊部隊の強化を喜んでいる。

それは、ベンガジ事件のような対応が無くなる可能性を示唆している。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

クリス・ミラーはこのことをよく思っていなかったと思うし、それを証明できると信じている。

2020 年 11 月 18 日、エズラ・コーエン・ワトニックとともに、合衆国特殊作戦を他の兵科と同等のレベルにまで高めることを発表したときのクリス・ミラーのコメントである。

 

 

皆さん、おはようございます。

いやあ、なんという一週間でしょう。

ワシントンD.C.で友達が欲しいなら犬を飼え、という古い決まり文句は多くの人にとって真実かもしれません。

しかし、私はフォートブラッグ基地に来れば、特殊作戦部隊の兄弟姉妹と一緒に、いつも私の背中を見守ってくれることを知っています。

この神聖な広場で、わが国の特殊工作員たちが背負った多大な犠牲と負担を思い起こすことができるのは光栄なことです。

この勇敢なヒーローたちは、2001年の9月11日の同時多発テロの後、マークという敵の玄関口に真っ先に立ちはだかったのです。

我が国の歴史におけるあの暗黒の日からわずか数週間後、彼らは何千人もの罪のないアメリカ人の命を奪ったテロリストに正義をもたらすために危険に飛び込んだ。

彼らは、アフガニスタンとイラクにおける安定と永遠の平和への道において、暴力的過激派の安住地を拒否し、容赦ない圧力を維持し続ける人たちであろう。

私は、不朽の自由作戦の期間中、ジョン・マルホランド大佐(当時)の下で陸軍特殊部隊の中隊長として勤務し、もちろんマークとも一緒に勤務したので、こうした勇敢な軍人の資質と性格をじかに知っている。

私はまた、2003年の侵攻作戦を含むイラクに2回派遣され、その後2006年には特殊部隊の大隊長として、特殊部隊群である第2大隊に配属されました。

世界の歴史上、絶対に最高の特殊部隊の大隊です。

悪気はありません。

私は残りのキャリアを、テロリストと彼らをかくまう者を倒すことに、ひたすら専念しました。

昨日、大統領はアフガニスタンとイラクに駐留する我が軍の縮小を命じました。

2021年1月15日までにそれぞれの国で2500人の兵力を削減し、我が軍の兵士と苦労して得た成果を保護する方法です。

同時に、皆さんもご存じのように、悪意ある行為者が我々の決意を過小評価したり、我々の努力を台無しにしようとしたりすれば、我々は躊躇なく抑止力を回復し、あらゆる脅威を打ち負かすだろう。

大統領の命令を実行する一方で、移行期やキャンペーンにはリスクや予期せぬ課題、機会がつきものであることも認識しています。

だからこそ、私は今日ここで、この……これは前兆だ……あ、ああ。

私は今日、特殊作戦の文民指導部に対して、現在の官僚的なルートではなく、私に直接報告するよう指示したことを発表するためにここに来たのである。この歴史的な一歩は議会が承認し指示したことを確定するものであり、特殊作戦司令部を軍部と同等にすることになる。

この改革は、直ちに省と司令部の機敏性を向上させ、情報の流れを合理化し、意思決定を強化し、司令官とその優れた兵士、水兵、空兵、海兵をより適応的かつ巧みに支援できるようにするものである。

国防総省では、変化はしばしば地殻変動的である。

これは意図的なものであり、我々の歴史が示すように、国家に非常によく貢献してきた。

今日の改革は、月曜日に軍へのメッセージで説明したように、私の3つの優先事項のすべてに直接的に合致している。

まず、一つ目は現在の戦争を責任ある方法で終結させ、国民の安全を保証する。

二つ目は大国間競争のための防衛省改革に重点を置き、国家防衛戦略を継続的に実施する。

そして3つ目は、国境を越えた脅威と戦うための政府全体の取り組みに貢献するため、部局の活動を加速させることである。

今日、トランプ大統領の強力な支援を受けて、私たちは、分水嶺となる改革を正式に行うにあたり、米国特殊作戦部隊の歴史における次の章を切り開いています。

今まさに、私たちは、より大きな文民の監督を提供するための移行を開始します。

そして、私たちの特殊工作員のための重要な擁護を行います。

これは、わが国最長の紛争を責任ある形で終結させ、大国主義の新時代に向けて特殊作戦部隊を準備する上で、これ以上ない重要なタイミングである。

私は、ここ、我が軍の原点となる場所ほど、素晴らしい場所はないと思っています。

特殊作戦部隊は、戦闘と絶え間ない配備で鍛えられた次世代の特殊工作員への支援を強化し、戦争の基本的な性質を理解し、あらゆる脅威の打倒に尽力し、高い勝利の代償にも動じないことを明記する。

 

 

“この改革は直ちに部門と司令部への機敏さを改善し、情報の流れを合理化し、意思決定を強化し、より適応的かつ巧みに司令官とその優れた兵士、水兵、空兵、海兵を支援できるようになる。”

これはほとんど、オバマ政権とベンガジへの対応への直撃のように感じられる。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 15/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。