ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 17/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 17/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・フリン氏の諜報情報共有についてのインタビュー

・アフガニスタンでの政策や作戦の決定は、諜報情報の内容と一致していなかった

・CIAは国防総省や他の諜報機関とは情報を共有していない

・CIAの報告システムは信じられないほど非効率的なもの

・諜報機関の指導者が、諜報情報を共有しないのは無責任である

 

 

フリン氏のインタビューによると、アフガニスタンで活動している諜報機関による情報管理はひどい状態だった。

CIAの報告システムは非効率的で、情報は作戦の決定に影響していない。

また、CIAの長官は意図的に諜報情報を共有していなかった。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

フリン氏は2014年8月7日に33年間在籍した米陸軍を退役した。

 

2015年11月10日、フリン氏は、後に「アフガニスタン文書」の一部として公開されたアフガニスタン復興特別監察官(SIGAR)教訓プロジェクトのインタビューにこう答えている。

 

 

アフガニスタン復興特別監察官(SIGAR)の役割は長い間、このようなものでしたから、一般的に、あなたはこのこと(アフガニスタン戦争)の歴史の一部になると思います。

私はよくカンダハールでアフガニスタン復興特別監察官(SIGAR)の人たちと一緒に座って、おしゃべりをしたり、一杯飲んだり、彼らが何をしているのか見たりしました。

任務が達成できないことは気にしないでください。

私たち自身のシステムの腐敗の深刻さは、信じられないほどです。

私が見た廃棄物は信じがたいものでした。

ただ座っているだけで、「冗談じゃない、なぜこんなことをしたんだ」と思ってしまいます。

いつか誰かが腰を下ろし、発見できるデータを使って、(この問題について)非常に真剣に研究することになると思います。

私の友人は、イラクで評価を行ったばかりです。

彼はこの件に関して非常に真面目な紳士です。

彼は、私たちが(新軍事)組織のために実際に保管しているデータがいかに少ないかを発見しています。

国防長官は、私たちのイラクの将軍を任命したばかりです。

米軍3軍団、すごいですね。

彼(評価を行う私の友人)は45日間よく働き、戦場に行きました。

彼は全戦場において並外れた経歴を持っていますが、間違いなくイラクにいます。

先日も、「ゼロから始めるようなものだ」と話していました。

このデータや情報の時代に、私たちはこれらすべてのものを手に入れましたが、誰もが行って、帰るときには(データを)持っていきます。

右側に乗るのは当たり前で、右側に乗るのが当たり前になってしまっているのです。

私は今、本を書いている最中ですが、その中には、私たちがいかにしてそこから遠ざかってしまったかということが書かれています。

これだけ強い国なのに、どうすれば勝てるのかという発想から遠ざかってしまっているのです。

私たちが行うことの背後には機械があり、それが私たちを紛争に参加させ続けているのです。

富を生み出すからです。

そして、どちらの側にも-まあ、すべての側に-2つ以上の側があるのです。

突然、そこから一歩外に出て、中央司令部から始まり、統合参謀本部、そして国際治安支援部隊(ISAF)でアフガニスタンに戻るなど、様々な任務に就きました。

その後、国家情報担当の次官補を務め、アメリカ国防情報局(DIA)に移りました。

私は、非常に慣習的で、厳格で、慎重で、古風な情報システムのある世界に飛び込んだのです。

もちろん、それはアフガニスタンでの経験から、私たちは変わらなければならないことを悟ったのです。

そこで私は、中央司令部、そして統合参謀本部の立場で事態の推移を見ていたのですが、特にアフガニスタンの内部で、ヴィーが抱えている失敗を聞いているうちに、私たちはさまざまなことを誤って行っているのではと思うようになったんです。

私は実際に情報を見て、情報はかなり優れていると思います。

過去10年間の中央司令部の戦略的な情報評価を見れば、諜報システムがアフガニスタンで何を評価していたのかがはっきりと分かります。

政策や作戦の決定は、諜報情報の内容と一致していなかったと思います。

偏りがあると思います。

ここに絵を描いてみましょう。

情報システムは、いわば動物園の誰が誰であるかということについて、非常に正確であったと思います。

アフガニスタンで対峙している人々の指導層と、国際連合のメンバーの中で誰が誰なのか。

国際連合もまた腐敗しており、アメリカの資金が入ってくるのをみて、それを利用したのです。

アフガニスタン人の欲望だと思わないでください。

私たちを含め、他の国やそこにいる人々が取引に便乗しているという情報がたくさんあったのです。

だから、私たちのシステムの弱点を見つけた人たちに対して、おそらく刑事事件が起こるのを待っているのだと思います。

兵士や政府関係者でさえ、金儲けのために我々のシステムの弱点を見つけていたのです。

戦術的な情報と、汚職について書かれ、コンピュータシステムにデータ化された報告書は、信じられないほどでした。

たくさんありました。

私が知ったのは、CIAは国防総省や他の諜報機関とは情報を共有していないということでした。

なぜかと尋ねると、それは作戦上のやり取りだとのことでした。

つまり、CIAは作戦用のケーブルを持っていて、それが情報報告には反映されないということです。

CIAは諜報機関ですから、作戦通信も諜報通信も、私にとっては諜報なのです。

作戦通信や情報源は必要ありません。

必要なのはリポートの充実度です。

私が見たのは、CIAの報告システムは信じられないほど非効率的なものでした。

私は実際に彼らのシステムがどのようなものかを見てきました。

彼らは作戦報告書から得た情報を、他の諜報機関に提供していなかったのです。

なぜ共有できないのかと尋ねると、それは情報ではなく作戦上のやり取りだと言うのです。

ちょっと待ってください、あなた方(CIA)は情報機関なんですよ。

ここで、諜報機関の指導者が、自分たちの中で、情報を共有しないのは無責任である。話を戻しますが、同盟は情報機関より優れた情報を持っています。

私たちはキャンペーンプランのために83の地区を考え出し、それを使いました。

83地区がその数で、もう1地区追加したかもしれません。

ロドリゲス将軍が後で追加したのかもしれませんし、カブール周辺だったかもしれません。

作戦上、国際治安支援部隊(ISAF)から出される報告は素晴らしいもので、バラ色です。

だから私は、国防長官、中央司令部司令官とビデオ会議しています。

国際治安支援部隊(ISAF)の司令官(マクリスタル、ペトレイアスと一緒)である私がプレゼンをすると、それは最悪でした。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 17/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。