ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 19/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 19/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ヒラリー氏が承認した武器売買の相手は、国務省の認定した外国テロ組織のリストに載っていた

・テロ組織への物質的支援は重大な法律違反

・ヒラリー氏は個人の利益を優先させるために、軍や諜報機関を無視して、米国の外交政策を蔑ろにした

・フリン氏はヒラリー氏が無視した情報提供者の一人

・フリン氏はアメリカ国防情報局(DIA)長官として、多くの情報を知っていたので、オバマ氏はトランプ氏にフリン氏を採用しないようにと提言した

・フリン氏は、政治体制をきっぱりと倒すために必要な人物だった

 

 

フリン氏の発言によると、ヒラリー氏が関わった武器売買は、テロリストへ物資を提供するという犯罪行為だった。

ヒラリー氏は個人の利益を優先させるために情報提供者を無視して、米国の外交を不利に導いた。

フリン氏は諜報局の長官として多くの情報を知っていたので、支配層にとって厄介な存在だった。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

これらの武器輸送は、いくつかの理由で重要である。

カタールを通じてリビアのイスラム過激派に武器を売った罪で起訴されたアメリカの武器商人、マーク・トゥーリが起訴されるに至ったのである。

トゥーリが、クリントンがこの売却を承認したことを示す電子メールを明らかにすると脅した後、今週起訴は取り下げられた。

ここからがクリントン長官にとって非常にやっかいなところだ。

反政府勢力の指導者は国務省の外国テロ組織リストに載っていた。合衆国コード2339Aおよび2339Bに基づくテロ組織への物質的支援の提供は、直接的な法律違反である。

テロリズムへの物質的支援の提供または提供しようとした場合の罰則は、15年以上終身刑となる。

また、カタールとのつながりは取るに足らないものではない。

カタールはクリントン財団に100万ドルから500万ドルの寄付をしており、カタール王室のメンバーが国務省でクリントン長官と裏ルートで会談する特権を得ていたことが電子メールで明らかになっている。

リビア軍事作戦への支援を呼びかけながら、クリントンはアラブの指導者たちに「私個人にとって重要だ」と語ったとワシントン・ポストは報じている。

ヒラリー・クリントンのリビアにおける外交政策の遂行は、いくつかの線を越えている。

彼女は軍と情報当局を無視することによって極めて悪い判断を示し、個人的な利益を米国の外交政策と衝突させた、そして最も重要なことは、彼女が再び法律を破ったかもしれないということだ。

 

 

“軍や情報機関を無視することで、彼女は個人的な利益を米国の外交政策と衝突させた”、 マイケル・フリンは、軍部のホワイトハットと腐敗した政治体制との間の戦争を完璧に表現している。

 

フリンは、ヒラリー・クリントンが個人的な利益のために無視した情報当局者の一人である。

上記の記事は、機密情報を使わずに書かれたものである。

 

軍内の最高レベルの機密情報にアクセスできるアメリカ国防情報局(DIA)の長官として、フリンは他に何を知っていたのか想像してみてほしい。

フリンは、政治体制にとって最大の脅威であった。

 

これが、オバマがトランプにマイケル・フリンを雇わないように言った理由であり、当然、トランプはこれを無視したのである。

 

 

オバマは11月10日の大統領執務室での会談で、フリンは政権の高位な役割にふさわしくないとトランプに告げたとされる。

初期のトランプ支持者であったフリンは、2014年にオバマの国防情報局長を解任されていた。

そのようなフリンとの経緯があるにもかかわらず、トランプはオバマがフリンをホワイトハウスに連れてくるなと言ったとき、冗談だと思ったと伝えられている。

ジョン・ハーウッド 0 @JohniHarwood 

情報筋が @kwelkernbc に語ったところによると、トランプはオバマがフリンの雇用に対して忠告したことで「冗談」だと思ったそうだ

 

 

もちろんトランプは冗談でないことを知っていた。

マイケル・フリンは、トランプがまさに望んでいた人物であり、政治体制をきっぱりと倒すために必要な人物だったのです。

トランプはそれを知っていたし、政治的支配層もそれを知っていた。

 

ここで、オバマ政権時代の最後のスキャンダルに触れることになる。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 19/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。