ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 2/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 2/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・トランプは政治体制全体に対して戦争をしている

・政治的支配階級は全世界の問題の原因

・中国共産党は腐敗したアメリカの政治家と取引をすることで、利益を得た上に脅迫して支配することができる

・腐敗がアメリカ政府全体を変質させるとき、それを止めることができるのは米軍だ

・米軍が政府の腐敗に気付いた時が「静かな戦争」の始まり

 

 

政治的支配階級は全てを支配しており、全世界のあらゆる問題の根本原因になっている。

多くの政治家が腐敗している状況で、唯一それを止めることのできる勢力である米軍が「静かな戦争」を始めた。

トランプと米軍は支配層による政治的腐敗を終わらせるために戦っている

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

トランプは2020年1月15日のずっと前から、選挙盗難の準備のために動き出していた。

2018年の時点で、2年後に中国共産党の生物兵器研究所からコロナウイルスが漏れ、2020年の選挙を盗む口実として使われることを彼が知っていたとは思えないのです。

 

この戦争は中国だけでなく、もっと大きなものだ。

 

権限委譲理論補遺シリーズパート1で述べたように、トランプは政治体制全体に対して戦争をしているのです。

 

政治的支配階級は、アメリカだけでなく、全世界の問題の原因であることを忘れてはいけません。

 

多くの政府指導者や政府機関は、ほとんど修復不可能なほど腐敗している。

彼らは何年も前から、個人的な利益のためにアメリカを売り渡してきた。

非常に儲かるからそうしているのであり、長い間それで済んできたからそうしているのです。

彼らは自分たちが無敵だと思っていた。

 

 

MSMと大手ハイテク企業はプロパガンダ機関として機能し、アメリカに無知なまま、政治体制が機能するために必要な物語を紡ぎ出します。

政治体制はその後、情報機関を利用して、汚い仕事をさせる。

権力への支配を失わないために選挙を不正に操作し、メディア、ハイテク企業、情報機関は不正選挙を隠蔽し、そしてまた不正選挙を繰り返す。

アメリカの敵は、彼らの作戦を支援するチャンスに飛びつく。

 

例えば、中国共産党が腐敗したアメリカの政治家(あるいはその家族)と怪しい取引をする機会があれば、それは中国共産党にとって最高のシナリオになる。

腐敗した取引の証拠があれば、中国共産党は関係する政府高官をコントロールする機会を得ることができます。

彼らは取引の証拠を脅迫として使うことができ、それは欲しいものを手に入れるための効果的な手段です。

 

地球上で最も偉大な国家を破壊するのに、その指導者が国家を売ったのであれば、そう時間はかからない。

 

 

このような腐敗が政府全体を変質させるとき、誰がそれを止めることができるだろうか?

この疑問に対する答えが、この記事の基本であり、「権限委譲理論」シリーズ全体の基本なのだ。

 

アメリカの完全破壊を阻むのは、たった一つのグループだけである。

そのグループとは、米軍である。

  

統合参謀本部の軍規である統合出版物1は、アメリカ軍の目的を教えてくれる。

 

 

米軍は、あらゆる敵対者から米国を防衛すると同時に、国家の防波堤として、また、国家の安全と独立の保証人として、ユニークで重要な役割を果たす。

米軍は、米国の民軍関係制度の中で機能し、最高司令官である大統領の文民統制の下で職務を行う。

米軍は、米国社会と武器の職業の最高の価値と水準を体現する。

 

 

“あらゆる敵対者から米国を守りつつ、国家の防波堤として、その安全と独立の保証人として国家に奉仕する” その敵が、私たち自身の指導者であったらどうでしょうか。

私たちが選んだ役人自身が、米国の安全と独立を危険にさらしているとしたらどうでしょう?

 

米軍は世界最高の情報能力を持っている。

現職の大統領やその政権が、いかなる客観的尺度によっても米国の国家安全保障を危険にさらすようなことをしたという情報を入手したら、どうなるのだろうか?

それが繰り返し起こったとしたら?

アメリカにとっての最大の脅威が、彼らの命令を受けている場所だとしたら、どうやって打ち負かすことができるだろうか?

 

ここから本当の意味での「静かな戦争」が始まったと私は考えています。

 

トランプが大統領選への出馬を表明する前から、軍は政府の最高レベルが私利私欲のためにアメリカを売り渡し、国家の安全保障を危険にさらしているのを目撃していたのです。

 

ですから、なぜ切り離しが起こらなければならなかったのか、その背景をきちんと説明するためには、ここに至る経緯を振り返ってみる必要があります。

 

なぜ政治的支配階級は、トランプの大統領就任を、まるで自分たちの命がかかっているかのように、必死になって戦ったのでしょうか?

なぜ、彼らはトランプを止めるのに必死で、手を広げすぎて、あからさまに選挙を盗んでしまったのか?

「サイレント・ウォー」はどこから始まったのか?

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 2/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。