ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 24/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 24/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・中国はサイバー・スパイ活動を行い、アメリカから数多くの技術を盗み出した

・国防総省の技術安全担当者は、米中の軍用機合併事業を懸念したが、オバマ政権はそれを無視して、中国への技術移転の規制を緩めた

・ハンター氏の投資先の一つは、世界最大の電気自動車用電池会社で、バイデン政権誕生後に株価が三倍に上昇した

 

 

アメリカの軍事技術は、中国へ流出している。

ハンター氏の関わる投資会社のボハイ・ハーベストRSTは、中国の電気自動車用電池の開発会社へ投資しているが、バイデン政権が成立して、クリーンエネルギーに注力したことで、その株価は三倍に成長した。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

米国政府関係者や民間の防衛アナリストによると、7年前の中国によるサイバー・スパイ活動は、中国の新型ステルス戦闘機J-20の最新バージョンに組み込まれた機密技術や航空機の機密を生み出したという。

ロッキード・マーチン社のF-35ライトニングIIに対する中国のサイバー・スパイ活動は、米国情報機関がコードネーム「ビザンチン・ハーデス作戦」と呼ぶ、政府や産業を標的とした大規模かつ複数年にわたるサイバー・プログラムの下で2007年に行われたものである。

国防当局によると、盗まれたデータは、成都の技術偵察局と呼ばれる中国軍の部隊が入手したものだという。

そのデータはその後、国営の中国航空工業集団(AVIC)に渡された。

中国航空工業集団(AVICの子会社である成都飛機工業集団は、J-20の製造に盗まれたデータを使用したと、不正な技術移転の報告に詳しい国防・情報当局者は述べている。

2011年、国防総省の技術安全担当者は、米国の戦闘機技術がAVICの軍用機プログラムに流用されるのではないかという懸念から、ゼネラル・エレクトリックとAVICの合弁事業に反対した。

オバマ政権はこの懸念を無視し、代わりにその後、中国への技術移転の規制を組織的に緩めることを推進した。

 

ここでは、ボハイ・ハーベストRST(BHR)が物語全体に対してより大きな役割を担っている。

さらに掘り下げてみよう。

 

2021年8月30日現在、ボハイ・ハーベストRST(BHR)のポートフォリオに含まれる企業の1つが、現代アンペレックス技術有限公司(CATL)である。

 

現代アンペレックス技術有限公司(CATL)は、“電気自動車用電池の世界最大のメーカー “です。

 

 

 

 

CATLは、ニッケルやコバルトといった高価な金属ではなく、鉄とリン酸塩を使用するリン酸鉄リチウム電池の生産で世界を席巻しています。これらの電池は、テスラが上海で製造する短距離・中距離用電気自動車に使用されており、その一部はヨーロッパに輸出されている。CATLの充電状況 乗用車用EVの新車販売台数における電池容量(GWh)の推移(2021年第1四半期)

 

 

CATL はテスラ社へのリチウムイオン電池供給も請け負っています

 

 

中国の電気自動車(EV)用電池大手、現代アンペレックス技術有限公司(CATL)が2022年1月から2025年12月まで、米EVメーカー「テスラ」にリチウムイオン電池の供給を開始すると、CATLが月曜日に発表した。

CATLは、テスラとの友好協力関係をさらに拡大・深化させるため、中国の電池メーカーとアメリカのパートナーが金曜日に「生産価格合意書」に署名したと発表しました。

CATLによると、最終的な売上は、テスラが発行する発注書の実際の決済を条件とするとのことです。

この新しい契約は、2020年2月に両社間で締結された、CATLがテスラにリチウムイオン電池を供給することに合意した、2020年7月から2022年6月までの契約の継続となるはずである。

 

 

過去1年間のCATLの株価について、何か面白いことに気づきましたか?

 

 

 

 

ちょうど11月頃から、株価が3倍近くになっているんです。

 

11月に何があったのか?

そう、中国共産党がジョー・バイデンの選挙買収に手を貸したのです。

 

バイデンが「当選」して以来、「世界最大の電気自動車用バッテリーメーカー」の株価が急騰したのは、驚くことではありません。

バイデンの社会主義者の使命と地球温暖化対策のために、誰もがこうなることを予期していた。

 

 

電気自動車の最大手メーカー バイデンのグリーンドリーム メイド・イン・チャイナ 長年の計画の末、中国は現在、電気自動車や携帯電話、ノートパソコンなどほとんどの携帯家電に使用される新世代バッテリーの生産で世界を席巻しています。

電気自動車の需要が高まるにつれ、そのほとんどが中国製の電池で作られるようになると予想され、その電池のほとんどは、他の電気エネルギー貯蔵システムに比べて単位質量当たりのエネルギーが大きいことから、携帯電話やノートパソコンにも人気のあるリチウムイオン電池になると思われる。

この電池は、他の電気エネルギー貯蔵システムに比べて単位質量当たりのエネルギー量が多いため、携帯電話やノートパソコンにもよく使われている。

当面の間、米国は米国の技術を支える電池の生産を中国のサプライチェーンに依存することになるだろう。

ジョー・バイデンが、エネルギーシステムを変革する「クリーンエネルギー」と気候変動に関する計画を実行に移し、電池の役割をさらに大きくすることができれば、特にそうなるでしょう。

2019年、中国の化学企業は、先進的な電池の原材料の世界総生産量の80%を占めた。

中国は、レアアース、リチウム、コバルト、グラファイトなど、ほとんどすべての重要な鉱物の加工を支配しています。

2029年までに建設が予定されている136のリチウムイオン電池工場のうち、101が中国に拠点を置いている。

電気自動車用電池の最大メーカー  電池の市場シェアは27.9%で、2011年に設立された中国の現代アーンペレックス技術有限公司(以下、現代アーンペレックス)がトップである。

同社の会長は最近、100万マイル以上持続するパワーパックを開発したことを明らかにした。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 24/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。