ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 25/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 25/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・アフガニスタンに埋もれている鉱物資源は莫大な量にのぼる

・中国はアフガニスタンの鉱物資源に目をつけている

・アフガニスタンにはリチウム電池の原料が埋もれており、それはハンター氏の出資する会社にとって重要な資源でもある

・タリバンがアフガニスタンを制圧してすぐに、中国は「アフガニスタンと友好協力を結ぶ準備ができている」と報道した

 

 

バイデン政権の推し進めるクリーンエネルギー政策は、ハンター氏の出資する中国の電気自動車用電池会社の株価を押し上げた。

その会社はリチウム電池の原料を必要としているが、その原料はアフガニスタンに大量に埋もれている。

中国はタリバンがアフガニスタンを制圧した直後に、協力関係を結ぶ準備があると報道した。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

振り返り

 

・BHRは、Bohai Capital(中国政府系企業)がRosemont Seneca Partners(ハンター・バイデンとクリス・ハインツ(ジョン・ケリーの継息子)が設立した企業)と合併してできた会社である。

・現在、ハンター・バイデンはBHRの10%の株式を保有している。

・CATLは、BHRのポートフォリオ企業の一つ。

・CATLは、「世界最大の電気自動車用バッテリーメーカー」である。

 

では、これがアフガニスタンとどう関係するのか?

この2021年8月28日のフォーブスの記事がその答えを示してくれています。

 

 

中国はすでにアフガニスタンの膨大な鉱物資源に目をつけており、現在主にタリバンに支配されている荒廃した国の再建を助けたいという口実で、その鉱物資源に目をつけているのだ。

実際、アメリカ人がアフガニスタンを去る前に、中国の外交官が「援助」のために現れたと、U.S.グローバル・インベスターズの最近の報告書は述べている。

報告書は次のように説明している。

タリバンがアフガニスタンを素早く乗っ取ったわずか数時間後に、中国外務省の報道官は北京が「アフガニスタンの再建と発展」に参加する用意があると述べた。

誰が中国を責めることができよう。大金が手に入るのですから。

「(アフガニスタンの)鉱物の価値は合わせて1兆円から3兆円と推定される」 「(それに比べて、同国のアヘンケシ生産は2020年にわずか3億5000万ドルと評価されている」と報告書は述べている。

別の言い方をすれば、アフガニスタンの地中にある鉱物資源は、同国の悪名高いアヘン収穫量のほぼ何倍もの価値がある可能性があるということだ。

これらの鉱物には、リチウム、金、銀、プラチナ、鉄、銅、アルミニウム、ウランなどが含まれる。

その中でもリチウムは、今や石油化学製品の製造に欠かせないものとなっているため、注目されている。

電気自動車に使われるリチウムイオン電池。

中国にとってさらに好都合なのは、アフガニスタンが「アフガニスタンのサウジアラビア」になることだ。

つまり、この中央アジアの国には、リチウムが大量にあると言われているのだ。

世界最大の自動車市場であり、世界的に電気自動車への移行が進んでいるため、中国はできる限り最後の1グラムまでリチウムを確保したいと思うだろう。

 

 

正しく読んでください。

 

バイデンの失敗した撤退からアフガニスタンで塵も積もらないうちに、 中国は既にタリバンと交渉して、それらの希土類元素を手に入れようとしていたのです。

 

 

中国はアフガニスタンでより大きな役割を果たす態勢にあるのか?

タリバンがアフガニスタンを制圧したわずか数時間後、外務省の報道官は北京が「アフガニスタンとの友好協力」の準備が出来ていると述べた。

「アフガニスタンの主権と国内の各派閥の意思を完全に尊重することを基本に、中国はアフガニスタンのタリバンとの接触とコミュニケーションを維持し、アフガン問題の政治的解決を促進するために建設的な役割を演じてきた」とフア・チュンイン報道官は月曜日の記者会見で述べた。

フア氏によると、タリバンは “アフガニスタンの復興と発展への中国の参加を期待する “と “複数の機会に “述べたという。

“我々はアフガニスタンとの善隣友好協力を引き続き発展させ、アフガニスタンの平和と復興に建設的な役割を果たす用意がある “とフア氏は述べた。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 25/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。