ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 3/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 3/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・トランプ氏は、政府をアメリカ国民に取り戻すことを前提に、2016年の選挙戦を構築した

・オバマ政権はスキャンダルに満ちた政権だった

・この記事ではベンガジ事件を集中的に扱う

・ワシントンD.C.は真に腐敗している

 

 

トランプ氏は、オバマ政権によって腐敗しきった政府をアメリカ国民に取り戻すことを前提に、2016年の選挙戦を構築した。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

オバマ時代

 

政治体制に対する戦争は、オバマの大統領就任以前から起こっていたことは間違いないが、ここから始めるのが最も論理的だと思われる。

 

2015年6月にドナルド・トランプが大統領選への出馬を表明したときには、すでに政治体制は連邦政府を完全に堕落させていました。

トランプ氏は、政府をアメリカ国民に取り戻すことを前提に、2016年の選挙戦を構築したのです。

 

 

私たちの運動は、失敗して腐敗した-今、私が「腐敗」と言ったのは、完全に腐敗したということだ。

政治体制を、あなた方、アメリカ国民がコントロールする新しい政府で置き換えるということだ。

政治体制がやらないことはない。

あなた方を犠牲にして自分たちの威信と権力を保持するために、彼らがつかない嘘はない。

そして、それが今起こっていることなのだ。

私は人々のため、運動のためにこれをやっています。

私たちはあなた方のためにこの国を取り戻し、アメリカを再び偉大な国にします。

腐敗した体制は、我々が彼らの犯罪企業にとって大きな脅威であることを知っている。

我々が勝てば、彼らの権力は消え去り、あなた方、民衆の手に戻ることを彼らは知っている。

我々の政府を覆っている暗雲は取り除かれ、明るい未来に置き換えることができる。

しかし、それはすべて、腐敗したメディアに我々の未来を決めさせるか、アメリカ国民に我々の未来を決めさせるか、にかかっている。

 

 

政治体制のプロパガンダ部門はそう考えないようにと望んでいるが、バラク・オバマはひどい大統領で、彼の大統領職はスキャンダルで満ちていた。

このウィキペディアのページには、68の “オバマ政権の問題点 “がリストアップされています。

私はすべての「論争」に言及するつもりはないが、現在我々が見ている展開に最も関連すると思われるものに焦点を当てることにする。

 

主なスキャンダルは以下の通り。

 

ウラニウム・ワンの取引

ワイルド・スピード作戦(Fast and Furious

クリントン・メール・スキャンダル

イラン核合意

ベンガジ

スパイゲート

 

 

これらのスキャンダルの一つひとつは、オバマ大統領率いる自国の政府が、直接的に米国の国家安全保障を危険にさらしている例である。

 

それぞれについて個別に記事を書くことは容易だが、この記事の長さを考えると、それは無理だろう。

私が「深堀り」するスキャンダルは、ベンガジである(その理由はまもなくわかるだろう)。

 

他のスキャンダルを深く分析しないという事実が、その全体的な重要性を奪ってしまうようなことがあってはならないからです。

これらはすべて、より大きな絵の中の一部なのだ。

もし何かが足りないと感じたら、ぜひ自分で調べてみてほしい。

 

*免責事項:私は2018年まで政治をフォローし始めたわけではありません。

 

これらのスキャンダルについて表面的な理解はしていましたが、展開に注意を払っていたわけではありません。

 

この記事を書くことで、ワシントンがいかに腐敗していたかに目が開かれました。

本当に息を呑むほどです。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 3/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。