ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 6/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 6/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・オバマ政権はスキャンダルに満ちている

・ファスト・アンド・フリアス作戦事件とは、アメリカ政府がメキシコの麻薬カルテルに銃を売っていることが発覚した事件

・2000丁の銃のうち数百丁が押収された

・その銃は実際の事件で使われており、被害者も出ている

 

 

数多くあるオバマ政権のスキャンダルの一つであるファスト・アンド・フリアス作戦事件とは、アメリカ政府がメキシコの麻薬カルテルに銃を売っていることが発覚した事件のこと。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

ファスト・アンド・フリアス作戦

 


以下はCNNの記事ですが、このスキャンダルの基本的な概要がよくまとまっていると思います。

 

“「ファスト・アンド・フリアス作戦」を紹介”です。

 

2009年から2011年にかけて、アルコール・タバコ・火器・爆発物局(ATF)のフェニックス支局は、他のパートナーとともに、メキシコの麻薬カルテルと関係があると思われる売り手と買い手を追跡するため、違法な銃の販売を許可しました。

 

司法省監察官報告書によれば、ファスト・アンド・フリアス作戦の捜査中、約2000丁の銃器が150万ドルで違法に購入されました。

その後、米国とメキシコで数百丁の銃が回収されました。

 

2010年、アリゾナ州の砂漠で国境警備隊のブライアン・テリーが殺害された事件の現場付近で、ファスト・アンド・フリアス作戦に関連する2つの武器が発見されました。

 

内部告発により、上院司法委員会および下院監視・政府改革委員会による調査が行われた。

下院の調査では、エリック・ホルダー司法長官が侮辱罪で召喚された

 

ファスト・アンド・フリアス作戦は、司法省の広範な国家南西部国境反テロ対策戦略の一部であるプロジェクト・ガンランナーの作戦の1つであった

 

ファスト・アンド・フリアス作戦は、アルコール・タバコ・火器・爆発物局(ATF)にとって、違法に購入された銃器が銃砲店から「歩いて」出てくるような「銃歩行」捜査が初めてだったわけではないのです。

その前には、2006年に始まったオペレーション・ワイドレシーバーがあります。

 

つまり、自分たちの政府がメキシコの麻薬カルテルに銃器を売っていて、その銃が結局はいろんな犯罪に繋がっているんですね。

それはアメリカの安全保障を危険にさらすものではありませんか?

軍隊の白衣の人たちは、このようなことが行われても平気なのでしょうか?

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 6/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。