ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 7/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 7/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・オバマ政権はスキャンダルに満ちている

・クリントンのメールスキャンダルとは、ヒラリー氏が国務長官に就任した際に政府のメールアドレスを使わずに、私用のメールアドレスで公務を行なっていた事件のこと

・ヒラリー氏は、自身が使用したメールの情報について、どの情報を政府に提供するかどうかを選択することが出来た

・クリントン氏のスタッフはFBIに対し、交換したデバイスのうちいくつかはハンマーで破壊したが、他のデバイスについては説明がつかないと述べている

・数多くのメールは2014年以前に削除されている

・クリントン一家は、億万長者から多額の寄付を受け取っている

 

 

クリントンのメールスキャンダルとは、ヒラリー氏が国務長官に就任した際に政府のメールアドレスを使わずに、私用のメールアドレスで公務を行なっていた事件のこと。

彼女はどの情報を政府に提供するか選択することができたが、一部のメールはすでに削除されており、いくつかのデバイスはハンマーで破壊されている。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

クリントンのメールスキャンダル

 

BBC より。

 

 

ヒラリー・クリントンは、国務長官時代の私用メールサーバーの使用に関して、FBIから2度目の潔白を証明された。

どういうことでしょうか?

7月のFBIの調査では、「合理的な検察官」はクリントン夫人を刑事事件にしないだろうが、彼女とその側近は機密情報の取り扱いに「極めて不注意」であったと結論づけている。

そしてFBIは選挙の11日前に、ヒラリー・クリントンが送受信した新発見の電子メールを調査していると発表し、皆を驚かせた。

全米の投票所が開く2日前、FBI長官ジェームズ・コミーは、クリントン夫人が刑事責任を問われるべきでないという当初の評価を維持することを発表しました。

では、なぜこのような事態になったのだろうか。

2009年に国務長官に就任する直前、ヒラリー・クリントンはニューヨーク州チャパクアの自宅に電子メールサーバーを設置した。

その後、彼女は任期中の4年間、仕事とプライベートの両方で、電子メールアドレス(hdr22@clintonemail.com)のあるこのサーバーを、すべての電子通信に使用していました。

彼女はまた、長年の側近であるフーマ・アベディンと国務省の首席補佐官シェリル・ミルズのために、このサーバーに電子メールアドレスを設定したと伝えられています。

彼女は、米国政府が所有・管理するサーバーでホストされているはずのstate.govの電子メールアカウントを使用せず、起動さえしなかった。

クリントン夫人の電子メールシステムは、2015年3月の第1週、ニューヨーク・タイムズ紙が一面トップで記事を掲載し、全米の話題となった。

記事は、このシステムが「連邦政府の要件に違反している可能性がある」とし、現職および元政府アーカイブ関係者が「警戒している」と述べた。

懐疑論者は、クリントン夫人が独自の電子メールシステムを構築した本当の理由は、通信を完全にコントロールすることができたからだと反論している。

彼女のメールシステムによって、彼女は政府に提供すべきものとそうでないものの唯一の決定者になり、情報の自由要求を通じて公開したり、2012年のベンガジでの米国領事館襲撃を調査する議会委員会のような利害関係者に引き渡したりすることが可能になった。

国務省の監察官報告書によると、2010年にクリントン夫人は副長官に対し、電子メールに関する懸念事項の一つとして、「個人情報にアクセスされる危険性を排除したい」と述べていた。

FBIの調査によると、クリントン夫人は在任中、「多数の個人用デバイス」を使用し、複数のメールサーバーに依存していたことが判明した。

クリントン氏のスタッフはFBIに対し、交換したデバイスのうちいくつかはハンマーで破壊したが、他のデバイスについては説明がつかないと述べている。

クリントン夫人によると、国務長官時代に62,320通のメールを送受信したとのことです。

彼女、あるいは彼女の弁護士は、その約半分の30,490通、約55,000ページが公式なものであり、国務省に引き渡されたと判断している。

クリントン夫人は、他の電子メールは娘の結婚式、母親の葬儀、「ヨガの日課」などの話題に関連した私的なものであると述べた。

ヒラリー・クリントンの要請により、国務省は2015年5月に彼女のプライベートアカウントで送信された最初の電子メール群を公開したが、その多くは2012年のベンガジ米国領事館襲撃に関連するものだった。

2015年8月初旬、彼女は在任中の政府記録の全コピーを提出したと誓う宣誓供述書に署名した。

FBIは、国務省に引き渡されなかった「数千通」の業務関連メールを発見したが、2014年以前に削除されており、「隠すために」意図的に削除されたものではないと結論づけた。

選挙当日までに約3000通のメールが公開される見込みだが、処理されるのは11月8日以降となるものが多い。

 

 

2015年、ピーター・シュワイザーは、「クリントン・キャッシュ:外国政府と企業がビルとヒラリーを金持ちにした方法と理由の知られざる物語」という本を出版しました。

 

“クリントン・キャッシュ “は、ビルとヒラリー・クリントン、そしてクリントン財団の外国人後援者について調査したものです。

クリントン財団の寄付者とヒラリー・クリントンの国務省での仕事との間に疑惑のつながりがあることを調査している。

 

この本では、クリントン一家は、国務省がその寄付者と関係のある団体や人物に大型契約を発注するかどうかを検討していた時期に、外国の寄付者から多額の寄付と講演料を受け取っていたと論じている。

その中には、エチオピア人とサウジアラビア人の億万長者、モハメッド・フセイン・アル・アモウディも含まれている。

 

本書は11章からなる。

例えば、カザフスタンのウラジア・エナジーとウラニウム・ワンの設立や、株主とクリントン夫妻とのつながりなど、特定の取引やディールに焦点を当てた章もある。

他の章では、特にヒラリー・クリントンが国務長官を務めていた時期にビル・クリントンが行った有料のスピーチや、彼のスピーチに報酬を支払う人々が国務省以前に大きなビジネスを行っていたかどうかなど、より広い範囲の人間関係に焦点が当てられている。

シュワイザーは、クリントン夫妻の公務と私的報酬の混在を「クリントンの曖昧さ」と呼んでいる。

 

 

ヒラリー・クリントンは、基本的にパンツ一丁のジョー・バイデンであり、自分の弱みを握った人間を「自殺」させるという意地悪な性格の持ち主である。

どちらも腐敗した政治体制の産物であり、私利私欲のために国を売った。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 7/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。