ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 9/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 9/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・オバマ政権はスキャンダルに満ちている

・ベンガジ事件には、権限委譲計画に関わっている人たちが関わっている

・リビアの米国大使は、カダフィ大佐の武器庫を探していた

・その時にリビアの米大使館が攻撃された

・救助隊が到着したが、大使や軍人が殺されていた

 

 

ベンガジ事件は、カダフィ大佐が率いるリビアの米大使館で起こった。

記録によると、2012年9月11日の夜にリビアの民兵により米大使館が攻撃された。

数時間後に救助隊が到着したが、既に大使と軍人が殺されていた。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

ベンガジ事件

 

 

このあたりから、「権限委譲理論」シリーズと似たような顔ぶれが出てきて、面白くなってきます。

 

まず、オンライン政治百科事典のBallotpedia.orgからコピー&ペーストした背景を見てみましょう。

引用はすべて参考までに残しておきます。

 

この話にはまだまだ続きがあるのだが、簡潔にするために、関連する詳細のみを取り上げることにする。

 

“2012年9月11日、スティーブンス大使はベンガジで、ムアンマル・カダフィの武器庫を探すためリビア当局者と会談していた。

彼はまた、文化センターを開設するためにそこにいた。

[37]

 

米国公館への攻撃は、午後9時40分頃、銃声と爆発音が聞こえたことから始まった。

民兵は正門を制圧し、バラックの建物を燃やした。

午後10時ごろ、民兵が構内の壁を破り、大使は情報官のショーン・スミス氏とともにセーフルームに向かった。

約1.6キロ離れたCIA分室には、この攻撃が通知された。

スティーブンスとスミスがセーフルームにいる間に、建物はディーゼル燃料で燃やされ、煙が充満した。

CIA捜査官と16人のリビア人警備隊員が館内の制圧を再開し、スティーブンスとスミスの捜索を開始した。

[37]

 

オバマ大統領が国防長官や統合参謀本部議長との会談を始めると、最初の無人機が現場上空に飛来した。

アンサール・アル・シャリアが攻撃を主張したことを示す電子メールが米国務省からホワイトハウスに送られた。

[37]

 

9月12日午前1時15分頃、トリポリからの救助隊がベンガジに到着した。

救出された者はスティーブンスも含め、CIA 別館にいた。

午前4時頃、武装勢力はCIA別館を攻撃し、海軍特殊部隊のグレン・ドハーティとタイロン・ウッズが殺害された。

スティーブンス、スミス、ドハーティ、ウッズの遺体は9月12日午前10時にリビアを発つ最終機に乗っていた。

[37]

 

ホワイトハウス高官は当初、この攻撃を、現地で出回っていたアメリカ人による反イスラムビデオに対する自然発生的な反応としたが、2012年9月19日、政権は計画的なテロ攻撃であることを認めた。

[2] [3]

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 9/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です