ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート11 11/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート11 11/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

 

今回の要点とまとめ

 

 

・EI-ISACとは選挙の保護に関して必要な情報やリソースを提供する組織

・政府は選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)の会員に金銭的利害が絡むことで生じる利益相反の可能性があることを知っている

・それにもかかわらず、会員が監視なしで運営することを許している

・曰く付きのドミニオン社とスマートマティック社も監視なしで運営することを許されている

・政府は選挙を管理している民間企業に利益相反があることを知っていたが、それを証明する権利放棄書に署名しなければならなかった

 

 

不正選挙に関わったことで注目を浴びているドミニオン社とスマートマティック社は、選挙を管理する選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)の会員である。

彼らは、選挙を管理する際に利益相反があっても法に問われることはなく、その活動を監督されることもなかった。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

EI-ISACとは?

 

「EI-ISACの選挙セキュリティに関する取り組みについて学ぶ」の項目をクリックすると、CISウェブサイトのEI-ISACのページに移動します。

 

 

選挙設備ISAC 

選挙設備情報共有分析センター(EI-ISAC) は、選挙下位部門のサイバー保護の必要性を支援するために、EIS-GCCによって設立されました。

EI-ISACを通じて、選挙機関は、部門固有の脅威情報製品、事故対応と修復、脅威と脆弱性の監視、サイバー保護の認識とトレーニング製品、セキュリティの実践を実装するための道具など、選挙に焦点を当てたサイバー防衛パッケージにアクセスすることができるようになります。  

選挙セキュリティツール&リソース 

CIS と選挙設備情報共有・分析センター (EI-ISAC) は、選挙コミュニティーのサイバーセキュリティ・ニーズをサポートするために多くのリソースを提供しています。

これらのリソースには、サイバーセキュリティの専門家のグローバル・コミュニティによって開発された、選挙セキュリティの固有の性質に合わせて調整されたセキュリティのベスト・プラクティスに関するガイダンスが含まれています。

 

 

権限委譲理論パート5では、選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)がEIS-GCCに名称を変更した経緯について述べました。

 

(ここから権限委譲理論パート5の内容を引用)

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート11 11/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。