ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート11 12/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート11 12/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ドミニオン社の参加する評議会が、EI-ISACを作った

・クラウドストライク社はEI-ISACと連携し、リソースを提供している

・選挙設備情報共有・分析センター(EI-ISAC)の会員で、米国の米国の州・地方・部族政府(SLTT)組織であれば、無料でCIS 安全セット 会員にアクセスできる

・1000件近くのSLTT組織が米国に存在する

 

 

不正選挙に関わったとして悪名の高いドミニオン社が参加する評議会が、選挙設備情報共有・分析センター(EI-ISAC)を作った。

クラウドストライク社はEI-ISACと連携し、リソースを提供しており、EI-ISACの会員で、SLTT組織であれば、無料でCIS 安全セット 会員にアクセスできる。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

選挙設備情報共有・分析センター(EI-ISAC)(以下EI-ISACと省略)は選挙設備下位部門政府調整会議(EIS GCC)によって設立された “選挙下位部門のサイバー保護の必要性をサポートする “ためにドミニオン・ボーティング・システムズと同じ評議会が EI-ISACを作った。

 

クラウドストライク社はEI-ISACと連携し、リソースを提供しています。

 

どのようなリソースを提供しているのか、具体的に紹介しましょう。

EI-ISACの主要なホームページでは、”Learn More “ボタンをクリックすることで見ることができます。

 

 

選挙セキュリティツール&リソース 

インターネット・セキュリティ・センター (CIS)(以下CISと省略)と 選挙設備情報共有・分析センター(EI-ISAC)は、選挙コミュニティーのサイバー保護の必要性をサポートするために多くのリソースを提供しています。

これらのリソースには、サイバー保護の専門家のグローバル・コミュニティによって開発されたセキュリティの実践に関するガイダンスが含まれており、選挙保護の固有の性質に合わせて調整されたものです。

詳細はこちら。

 

 

ここからが本題です。

 

 

選挙セキュリティ・ツール&リソース 

CIS と 選挙設備情報共有・分析センター(EI-ISAC) は、選挙コミュニティのサイバー保護・ニーズをサポートするために多くのリソースを提供しています。

以下のリソースには、サイバー保護の専門家のグローバル・コミュニティによって開発されたセキュリティの実践に関するガイダンスが含まれており、選挙保護の独特な性質に合わせて調整されています。

 

 

次にこちら。

 

 

CIS 安全セット会員

CIS 安全セット会員では、世界中の組織が、CIS-CAT プロ 評価者、修復コンテンツ、CIS-CAT プロ・ダッシュボードなどの統合サイバー保護リソースのコレクションにアクセスすることが可能です。

これらのツールはすべて、ノートパソコン、サーバー、ネットワーク機器などに対する安全な構成設定の評価と適用を支援するものです。

CIS 安全セット会員は、米国の州・地方・部族政府(SLTT)(以下SLTTと省略)組織は無料です。

CIS 安全セット会員に登録する。

 

 

EI-ISACの会員で、米国のSLTT組織であれば、無料でCIS 安全セット 会員にアクセスできるわけだ。

 

 

CIS 安全セット会員は、米国SLTTの場合、無料で利用できます。

知っておくべきこと 

CIS は今年、米国内の州、地方、部族、準州の政府を対象に、CIS 安全セット 会員を無料で提供しています。

SLTTの例としては、以下のようなものがあります。 

CIS 安全セット会員は、世界中の組織がCIS-CAT プロ 評価者、作成キット、CIS-CAT プロ・ダッシュボードなどのサイバー保護に関する統合リソースを利用できるようにするものです。

これらのツールはすべて、ノートPC、サーバー、ネットワーク機器などに対する安全な構成設定の評価と適用を支援するものです。

このブログでは、これらのツールにアクセスし、会員を最大限に活用する方法をご紹介します

 

 

先に進む前に、EI-ISACを通じてCISと提携している米国のSLTT組織の数を確認する必要があります。

 

CLICK ON THIS LINKと少しスクロールして、このリストがいかに膨大であるかを見てください。

このリストに載っている団体の総数を数える時間は取れませんでしたが、「elections」という単語で検索したところ、938件がヒットしました。

 

その中から注目したいのは、ネブラスカ州の「ランカスター郡選挙管理委員会」である。

 

 

ネブラスカ州 – ヘイズ郡書記

ネブラスカ州 – ホルト郡書記

ネブラスカ州 – ハワード郡書記

ネブラスカ州 – ジョンソン郡書記

ネブラスカ州 – キース郡書記

ネブラスカ州 – キンブル郡書記

ネブラスカ州 – ランカスター郡選挙委員会

ネブラスカ州 – ローガン郡書記

ネブラスカ州 – ネブラン郡選挙委員会

ネブラスカ州 – マディソン郡書記

ネブラスカ州 – メリック郡書記

ネブラスカ州 – ナンス郡書記

ネブラスカ州 – ナッコールズ郡書記

ネブラスカ州務長官室 サブセンサー

ネブラスカ州 – ポーニー郡書記

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート11 12/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。