ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 1/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 1/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・カラー革命には決まった脚本がある

・すべてのカラー革命が同じテンプレートに忠実に従っている

・イデオロギーがカラー革命の基礎になる

・標的とする国家を打ち負かす直接戦争を仕掛ける以外の他の方法がカラー革命

・カラー革命は、国家の現状に抗して立ち上がる市民によって導かれる

・カラー革命は、民主党が長年、保守派にやってきたことと酷似している

・トランプ大統領就任時にカラー革命の脚本が使われた

 

 

民主党はカラー革命の脚本を使ってトランプ政権を失脚させようとしていた。

その脚本には決まったテンプレートがあり、イデオロギーによって国家の現状に対して立ち上がる市民によって導かれる。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

これまでの記事で、私はドナルド・トランプと政治的支配層の間で進行中の大きな戦いについて述べてきました。

 

「沼地」、「ディープ・ステート」、この敵をどう呼ぼうと、私たちは彼らが主要な機関のすべてに入り込んでいることを知っている。

彼らは2016年にトランプが当選するのを阻止するためにあらゆる手を尽くし、2020年にはあからさまに選挙を盗みました。

 

沼はどこまで深いのか?

私はそれを可能な限り解明するつもりだ。

 

この記事は、「ディープ・ステート」と、2020年選挙の窃盗で最高潮に達したトランプ大統領の任期中に彼らが使った戦術のみに焦点を当てた、少なくとも2つの記事の最初のものになる予定だ。

ロシアのデマからバイデンを大統領に据えることまで、すべてがつながっている。

 

 

 

脚本

 

 

この記事の焦点は、「権限委譲理論 – パート13」で必要となる適切な文脈を提供することにある。

 

政治的支配層が誰なのか、そして彼らが自分たちの利益のために政治状況を操作してきた歴史を理解することは、非常に重要である。

 

2020年の米国選挙が、政治的支配層が自分たちの望まない、あるいはコントロールできないリーダーを追い出した初めての例ではありません。

2018年からしか政治を追っていない私にとって、この記事で取り上げることは新しい情報でしたが、読んでいる人にとっては新しい情報ではないかもしれません。

いずれにせよ、このトピックをよりよく理解してから前に進むことが重要です。

 

「カラー革命」について、政治体制がどのようにそれをマスターしてきたか、そしてトランプ大統領就任時に国内でどのようにカラー革命の脚本を使ったか、についてお話ししましょう。

 

カラー革命の定義と目的とは?

 

 

カラー革命は、国家の不安定化の最新モデルの1つである。

カラー革命は、主権国家の内政に不法に干渉したと非難されたときに、外部の行為者がもっともらしい否認権を主張することを可能にし、「人々の力」の大量動員は、グローバルメディアの目には非常に効果的に映る。

さらに、政府に抗議する多数の民間人の集合は、その政府に対する圧力を高め、進行中の不安定化に効果的に対処するための選択肢を制限する。

カラー革命はすべて同じテンプレートに密接に従っており、この応用的な不安定化戦術の性質を理解することで、国家はそれに対する適切な対抗策を講じることができる。

 

 

この先、「国家の不安定化」が何を意味するのかが良くわかると思うが、ここで最も重要なことは、すべてのカラー革命が同じテンプレートに忠実に従うことを知ることである。

 

そのテンプレートについては、まもなく詳しく検証する予定ですが、まず、カラー革命の背後にあるイデオロギーについて議論する必要があります。

 

 

イデオロギーは、世界の変化の中心であり、カラー革命に影響を与える他のすべての要素を動機づける指針となる考えである。

イデオロギーがなければ、それに続くものはすべて空っぽで、意味も目的もない。

すべてのカラー革命の動機となる伝統的なイデオロギーは、自由民主主義であり、それは、反自由民主主義(非ヴァーテルン)政府と認識されている国家から「標的の国家を解放」しようとするものである。

自由民主主義は、その近代以降の現在の姿では、拡張主義的であり、攻撃的である。

それは、代替的なイデオロギーや価値体系に満足せず、世界的な支配を追求するためにそれらを蒸し返さなければならない。

進出に抵抗する社会(セルビア、リビアなど)に対して直接戦争を仕掛ける以外に、自由民主主義国家(西側)は、標的とする国家を打ち負かす他の方法を追求することを学んだ。これらの方法は、明白な戦争ほど直接的ではないが、効率に劣ることはない。

社会へのイデオロギーの浸透は、最終的には国家自身の内部での物理的な暴発として具現化される 国家自身の市民の一部によって導かれる。

国家(および社会全体)は、「現状に抗して立ち上がり、利害の対立と社会的内戦を引き起こす」自らの一部と闘わなければならない。

自由民主党のデモ隊がどの程度挑発するかによって、また、この社会的蜂起に対処する際の国家の不始末の例によって、社会的内戦は最終的に暴力的になり、一時的に実際の内戦に類似したものになるかもしれない。

特に、デモ隊が国外の勢力によって武装され、カラー革命の物理的な表出を分散させる任務を負う治安機関を攻撃することになった場合、そうなる可能性がある。

 

 

上記のスクリーンショットでは、いくつかの主要な発言がなされている。

代替的なイデオロギーや価値体系に満足せず、世界支配の追求のためにそれらを蒸し返さなければならない”

これって、民主党が長年、保守派にやってきたことと全く同じに聞こえませんか?

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 1/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。