ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 10/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 10/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・マーク・エリアスは、国内でカラー革命を実施しようとする政治体制側の中心人物

・マーク・エリアスは、来月の大統領選挙を前に、州の選挙法に挑戦する50以上の訴訟を全米で起こした

・ソロスが資金提供したプロテクト・デモクラシーは、アリゾナ州の科学捜査監査に異議を唱えるためにマーク・エリアスを雇った

・ジョージ・ソロスが資金提供した訴訟に基づいて、多くの選挙法が違法に変更された

 

 

ジョージソロスや、その他の左翼的NGOなどの資金提供により訴訟が起こされて、結果として数多くの選挙法が変更された。

民主党全国委員会の選挙弁護士であるマーク・エリアスはその訴訟たちに深く関わっている。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

ここでさらに踏み込んで、「プロテクト・デモクラシー」を2020年選挙の他の側面と結びつけることもできる。

2020年の夏、民主党がパンデミックを口実に選挙法を自分たちに有利になるように変えるために、国中を回って訴訟を起こしていたことを思い出すかもしれません。

 

マーク・エリアスは、国内でカラー革命を実施しようとする政治体制側の中心人物であることを忘れてはならない。

 

彼は、ロシアのデマで主要な役割を果たし、ダーラムの展開する起訴リストの一人であると予想されます。

彼はまた、彼らの多くの選挙前後の法廷闘争のための「頼れる男」でもあったのです。

 

 

なぜ民主党全国委員会の選挙弁護士であるマーク・エリアスは、来月の大統領選挙を前に、州の選挙法に挑戦する50以上の訴訟を全米で起こしたのだろうか?

エリアスは、「有権者の弾圧」と戦っているという。

エリアスはデモクラティック・ドケットと呼ばれる組織の中心人物で、進歩的なグループと組んで、11月の選挙までの数週間に30以上の訴訟を起こしているのだそうです。

 

 

2020年の選挙前からのすべての訴訟を掘り起こすのに時間を割かなかったが、ここにソロスが資金を提供したグループ(プライオリティーズUSA)が、ミシガン州での選挙署名マッチング法を変えるためにマーク・エリアスを弁護士として利用した具体例を一つ挙げる。

 

 

ミシガン州署名マッチング

プライオリティーズUSA v. ベンソン

提出 2019年12月29日

決裁:2020年4月21日

プライオリティーズUSAと個人の有権者が、ミシガン州の署名照合法の合憲性を求めて起こした訴訟。

この法律では、選挙管理者は、申請書や投票用紙に記入された署名が選挙管理者に登録されている有権者の署名と一致しないと判断した場合、不在者申請や投票用紙を拒否することが義務付けられている。

原告の仮処分申請を受けて、州務長官は、署名照合基準および治癒手続きに関する最新のガイダンスを発表しました。

米国連邦地方裁判所ミシガン州東部地区 南部地区プライオリティーズUSAおよび マリッサ・アッカード原告ジョセリン・ベンソン、ミシガン州長官としての公的資格において。

被告民事訴訟番号 3:19-cv-I3188- RIIC-APP Hon. Robert Cleland Magistrate Anthony A. Patti

 

 

バイデンの「就任式」後に話を進めると、法的監査に反対する闘いにおいて、イライアスが再び登場することになる。

 

ソロスが資金提供したプロテクト・デモクラシー(移行統合計画に資金提供した)は、アリゾナ州の科学捜査監査に異議を唱えるためにマーク・エリアスを雇った

 

 

そこで、「このトランプの家が倒れ」、選挙の改ざんや不正が暴露されるのを防ぐために、民主党のヒットチームは、民主党が運営する非営利団体のトップを切って、アリゾナ州のこの件を封じるために、3つの法律事務所を引き連れてアリゾナに吹き込んできたのです。

マーク・エリアスのお気に入りの武器は、非営利団体である。

驚いたことに、アリゾナ上院が選んだ4つの監査法人への電子メールを通じて、脅威の中に配置されているのは誰なのか。

「民主主義保護プロジェクト」、501(c)

(3)慈善団体は、法律により、他の種類の非営利団体よりも厳密に非党派であることを要求されている。( この行為は超党派には見えない。)

 

 

ジョージ・ソロスや他のNGOが資金提供した訴訟に基づいて、他にどれだけの選挙法が違法に変更されただろうか?

 

さて、どうする?

では、トランプはどのようにして、政治体制–特にジョージ・ソロスのような人物–を打ち負かすことができるのだろうか。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 10/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。