ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 3/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 3/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・カラー革命を成功するには、4つの基準を満たす必要がある

・1. 現職の政権指導者が不人気であること

・2. 反体制勢力がマスメディアと外国の影響力によって強化されていること

・3. 革命は、よりよい国家統合、自由、民主主義、経済発展のためのものであること

・4. 反体制勢力が、国民が望まない外国に支えられている腐敗した政府に対する不満によって動機づけられていること

・大手メディアはカラー革命でトランプ大統領を追放するために、ニュースを作り上げている

・ジョージ・ソロスはそのために資金を提供している

 

 

カラー革命の成功には4つの基準が必要なため、ソロスの資金を得た大手メディアは、その基準を満たすために偽ニュースを駆使している。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

…海外の「権威主義」とされる政府を弱体化または転覆させるために、米国政府に代わってカラー革命を実行するまさに同じ政権交代の専門家が、トランプの2016年の勝利を覆し、2020年の再発を先取りするために、まさに同じ脚本を実行しているのである。

 

その発言を実証するための情報を提供したい。

「カラー革命の成功に必要な基準」を見て、ドナルド・トランプの大統領就任と比較してみよう。

 

 

カラー革命の事例から導き出されるのは、カラー革命が起こる、あるいは成功できるためには、4つの基準を満たす必要があるということである。

第一に、現職の政権指導者が非常に不人気で、いわゆる「退屈なアヒル症候群」に陥っていることである。

第二に、反体制勢力がマスメディアと外国の影響力によって強化されていること。

第三に、革命はイデオロギー的であってはならず、よりよい国家統合、自由、民主主義、経済発展のためのものでなければならない。

最も重要なことは、そのような改善に対する要求が、国民の間で大規模であることである。

最後に、反体制勢力は、国民が望まない外国に支えられている腐敗した政府に対する不満によって動機づけられていなければならない。

ポスト・ソビエト諸国で起こった反体制勢力は、これらの条件を満たして初めて成功したカラー革命に転換することができるのである。

 

 

上記記事から分解してみよう。

 

政権の現職指導者は非常に不人気で、いわゆる「退屈なアヒル症候群」に直面しなければならない。

 

決して真実ではないにせよ、政治体制はトランプが大統領に就任する前からこの物語を作り始めていた。

 

 

ドナルド・トランプ次期大統領は来月、逆転勝利と議会の共和党支配に後押しされ、自身の使命を実現するためにワシントンに降り立つだろう。

しかし、彼は大きな障害に直面している。

トランプは、世論調査の現代において、最も人気のない次期大統領としてホワイトハウスに入ることになる。

選挙当日、トランプを好意的に見た有権者はわずか38%であったのに対し、悪意的に見た有権者は60%であり、大統領選の勝者としては前代未聞の数字である。

(それでもトランプは、彼に好意的でない意見を持っていた人々の間で約15%の票を獲得した)。

トランプの根強い深い不人気は、ヒラリー・クリントンに約300万票の差で人気投票を失った事実と相まって、彼の政策の背後に民意があるという有力な論拠に欠けることを意味している。

共和党の世論調査員で、長年上下両院の共和党指導者の顧問を務めているデビッド・ウィンストン氏は、「彼は他の次期大統領に比べれば、たいしたことはない」と言う。

「好感度より不好感度の方が高い次期大統領は初めてだ。好感度という点では、彼はかなり大きな穴からスタートしたことになる」。

 

 

このシナリオは最初から作られ、その作者はトランプの1期目を通して決して手を緩めなかった。

世論調査に次ぐ世論調査、次から次へと出てくるフェイクニュースは、すべてトランプが非常に不人気であるという物語を作るために使われた。

 

最初の基準「カラー革命の成功に必要なもの」は満たされています。

 

“反体制勢力がマスメディアと外国の影響力によって強制される” E-インターナショナル・リレーションズの説明はこうだ。

 

 

第二の基準は、反体制勢力がマスメディアと外国の影響力によって強制されていることである。

本項と次項では、主にオレンジ革命を取り上げるが、ローズ革命の例も持ち出して、NGOや外国大使、マスメディアなどの外国の影響が、カラー革命の成功に重要な役割を果たすことを説明する。

オレンジ革命を皮切りに、ウクライナやキルギスで市民社会が発展したことがわかる。

これは、米国、欧州政府、全米民主化基金、そしてジョージ・ソロスのような民間篤志家による寄付支援の好機となった。

実際、ウクライナの反体制運動は、ガーディアン紙によれば、米国政府が資金を提供し、組織化したものである。

彼らは、民主党の国家民主党研究所、共和党の国際共和党研究所、アメリカ国務省、USAidが、フリーダムハウスNGOや億万長者のジョージ・ソロスの公開社会研究所と同様に、ウクライナの若い活動家たちが始めた草の根キャンペーンに関与した主要機関であると主張している。

公式には、アメリカ政府は反体制運動の組織化と運営に1400万ドルを費やした。

加えて、フリーダムハウスと民主党の国家民主党研究所(NDI)は、ウクライナにおける「最大の市民地域監視活動」の資金提供と組織化を支援し、1000人の訓練を受けた監視員を送り込んで出口調査を組織している。

出口調査の組織化においては、政権とのプロパガンダ合戦の主導権を握り、当局に対応する義務を負わせるので、非常に重要なことである。

グルジアでは、ローズ革命のときの米国大使が、エドゥアルド・シェワルナゼを倒す方法についてミッチェル・サーカシュヴィルに指導する重要な役割を果たした。

外国からの影響に加え、マスメディアも反体制勢力をさらに刺激する重要な役割を果たす。

オレンジ革命のとき、政府は国営放送の政治的内容をほぼ完全に統制していたが、独立メディアにも圧力をかけ、一部の客観的な新聞や地元のラジオ局は機能を維持した。

さらに言えば、ジャーナリストも政府の統制と検閲に憤慨し、オレンジ革命の前の数日間、有権者に真実を伝える権利を求めてストライキや市民デモを起こした

 

 

ジョージ・ソロスは長年にわたり、リベラルな組織にどれだけの資金を投入してきたのだろうか?

トランプの1期目の間、メディアはどれだけの嘘とフェイクニュースを押し付けてきたのでしょうか?

 

第二の基準「カラー革命の成功に必要なもの」は満たされています。

 

“革命はイデオロギー的であってはならず、より良い国家統合、自由、民主主義、経済発展のためでなければならない。”

 

民主党は何度、トランプが「民主主義への脅威」だと言ったのでしょうか?

彼が独裁者であると?

彼を職から取り除くことは、アメリカを救うために必要だと?

 

第三の基準「カラー革命の成功に必要なもの」を満たしています。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 3/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。