ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 4/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 4/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・メディアは、トランプ大統領がロシアのスパイであるという物語を描こうとしている

・2020年に起こった、より興味深く不吉な動きの1つは、移行統合計画 (TIP)の創設

・移行統合計画創設者のローザ・ブルックスは、ジョージ・ソロスの側近

 

 

今後の記事で出てくるが、移行統合計画は、トランプ大統領を貶めることを計画するために作られた。

それは、カラー革命とも連動している。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

“反体制勢力は、国民が望まない外国に支援されている腐敗した政府に対する不満によっても動機づけられるべきである。”

 

 

この項目で言及されている最後の基準は、反体制勢力は、国民が望んでいない外国によって支援されている腐敗した政府に対する不満によっても動かされる、ということである。

この場合、人々が望まない外国とは、ロシア連邦のことである。

3つのカラー革命から、エドゥアルド・シェヴァルドナゼ、ヤヌコヴィッチ、アカエフといった打倒された指導者が、すべてロシアに支援された指導者であることがわかる。

 

 

民主党とメディアは、ドナルド・トランプを就任前からロシアの工作員として描こうとしてきた。

ダーラムの調査から、その陰謀がいかに大きなものかを示す証拠が出始めているのです。

 

すべては、政治体制がトランプに対して使ったカラー革命計画の一部なのです。

第4の基準「カラー革命の成功に必要なもの」は満たされている。

 

 

 

移行統合計画

 

 

2020年に起こった、より興味深く不吉な動きの1つは、移行統合計画 (TIP)の創設である。

 

2020年の8月3日、移行統合計画 は、”大統領選挙と政権交代の混乱を防ぐために “と題する報告書を発表しました。

この22ページの文書は、一連の4つの「戦争ゲーム」選挙の夜のシナリオを概説しています。

以下は、リボルバーニュースが移行統合計画 について述べたものである。

 

 

それでは、移行統合計画 とは何なのか、そしてそれはトランプに対するカラー革命とどのような関係があるのでしょうか?

友好的なメディア各社が移行統合計画とそのアジェンダをどのように表現しているかを紹介します。

約80人の政治家や学者からなる超党派のグループは、ドナルド・トランプ大統領が11月の選挙に敗れ、その結果を争い、ホワイトハウスを去ることを拒否する可能性がある場合に何が起こり得るかについての議論に参加している。

ボストン・グローブ紙が日曜日に初めて報じたところによると、民主党と共和党のグループ(全員が大統領に反対している)は、6月に移行統合計画と呼ばれているものの一環として、シナリオを練るためにオンライン会議を招集したとのことです。

[ニューズウィーク誌】

もちろん、この表向きの「超党派」グループについて書かれていないのは、創設者のローザ・ブルックスが、ジョージ・ソロスと彼のオープン・ソサエティ財団の長年の側近であるということである。

彼女はジョージ・ソロスのオープン・ソサエティ財団で大統領の特別顧問を務め、オープン・ソサエティ財団の理事も務めている。

2006年から2007年にかけては、ニューヨークのオープン・ソサエティ・インスティテュートで総裁の特別顧問を務めました。

ブルックス氏は、ヒューマン・ライツ・ウォッチのコンサルタントも務めている…

現在、オープン・ソサエティ財団の米国プログラムの諮問委員会、ナショナル・セキュリティ・アクションの諮問委員会、ハーパーズ・マガジン財団の理事を務めている。

(ジョージタウン大学法学部)

 

 

参加者は自分の関与を公表するかどうかを選べるので、全リストはありませんが、wikipediaには参加者の一部が掲載されています。なお、リボルバーニュースでは、ノーム・アイゼンが参加したことも報じています。

 

 

移行統合計画 は当初、ジョージタウン大学法学部教授で元ペンタゴン高官のローザ・ブルックスと、カリフォルニア大学バークレー校の元副学長でベルグリューン研究所の歴史学者ニルス・ギルマンによって2019年末に組織された。

移行統合計画 の演習には、他に以下のような参加者がいました。

– マイケル・スティール(前共和党全国委員会委員長) ・ジョン・ポデスタ(前ビル・クリントン元大統領のホワイトハウス首席補佐官) ・ジェニファー・グランホルム(前ミシガン州首相) ・トレイ・グレイソン(前ケンタッキー州国務長官) ・ドナ・ブラジル(前民主党全国委員長代行) ウィリアム・クリストル(ジャーナリスト) エドワード・ルース(ジャーナリスト) マックス・ブーツ(ジャーナリスト) デヴィッド・フラム(ジャーナリスト) など。

移行統合計画 (TIP)は、「トランプ政権が2020年の大統領選挙と政権移行プロセスを操作、無視、弱体化、混乱させようとするかもしれないという懸念から」発足した。

 

 

移行統合計画 は “超党派”であると主張していることをお忘れなく。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 4/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。