ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 6/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 6/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・移行統合計画のローザ・ブルックス氏は、トランプ氏による暴動を予期していた

・司法省は、大量郵送システムの完全性を確保するために努力した

・計画において、ソーシャルメディアは選挙に至るまで完全に検閲されなければならない

・バイデンが正々堂々と勝利できない場合に備えて、ある種の争乱選挙シナリオの可能性を劇的に高める郵送投票システムを導入している

 

 

移行統合計画は、バイデン陣営による不正選挙で選挙を奪うことを想定してシナリオを作っていたように思える。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

カラー革命のフレームワークと、そのモデルにおいて選挙人の正当性が果たす特定の役割で武装した今、トランプが選挙を譲らないことを示唆する移行統合計画の「ウォーゲーム」シナリオの背後にある真の意図を評価する強い立場にあるのである。

ローザ・ブルックスのワシントンポスト紙の記事のタイトルは示唆に富んでおり、それが予測なのか脅威なのかを考えさせられる。

「起こりうる最悪の事態は何か。選挙は暴力と憲法の危機を引き起こしそうだ。」

ジョー・バイデン氏の地滑りにより、比較的秩序だった権力移譲が行われた。

私たちが調べた他のすべてのシナリオは、街頭での暴力と政治的危機を伴うものであった。

訳注:バイデンに投票するか、さもなくば。

間もなく、ウィリアム・P・バー司法長官は、大規模な郵便不正の根拠のない疑惑と、民主党幹部と反ファのつながりについての調査を開始する。

ミシガン州とウィスコンシン州では、バイデンが公式投票で勝利し、民主党知事がバイデン派の選挙人名簿を認定したが、トランプ陣営は共和党が支配する議会を説得して、選挙人団の投票のためにライバルであるトランプ派の名簿を議会に送り込むように仕向ける。

訳注:郵送投票に深刻な問題があるにもかかわらず、大量郵送システムの完全性を確保するための司法省の努力は、トランプ側の権威主義的クーデターの一部であると事前に解釈されることになる。

言い換えれば、トランプが自分に対するカラー革命のクーデターを防ぐために合理的な措置を取れば、自動的に自分に対する当該カラー革命を正当化する権威主義的な行動を取ることになるのである。おかしな話でしょう?

どの演習でも、両チームは支持者を街頭に動員するよう努めた。

チーム・バイデンは繰り返し平和的な抗議行動を呼びかけたが、チーム・トランプは挑発者に暴力を煽り、その結果生じた混乱を利用して、”秩序を回復する “ために連邦化ガード部隊や現役の軍人をアメリカの都市に送り込むことを正当化したという訳だ。

これらの「平和的抗議活動」がどれほど暴力的になろうとも、トランプが権威を確立しようとする努力は、彼が権威主義者であり、彼を職から取り除くために特別な措置を取らなければならないという、あらかじめ決められた結論を確認するために利用されるでしょう。

ソーシャルメディアプラットフォームは、外国または国内の偽情報キャンペーンによって広められた虚偽の発言を迅速に削除または訂正し、そのプラットフォームが暴力を扇動または計画するために使用されないようにすることで、民主的プロセスを保護することを約束することができます。

翻訳する ソーシャルメディアは選挙に至るまで完全に検閲されなければならない。

例えば、Facebookはすでにその役割を果たしており、カイル・リッテンハウスが正当防衛をしたことを示唆するような言及は積極的に検閲している(彼はそうした)。

人々が団結して民主主義と法の支配を要求すれば、抑圧的な政権であってもその動きを止めることができる。

トランプ大統領のそれは「抑圧的な政権」であり、したがって、通常は海外の抑圧的な政権にのみ許される特別な措置-すなわちカラー革命-が、彼の就任を阻止するために正当化されるのだ。

なお、この感情は、1週間ほど前にニューヨークタイムズが行った選挙に関する同様の「座談会」でも明確に繰り返されている。

寄稿者の一人であるジャメル・ブイエは、それを極めて明確に綴っている。

民主党とその関連機関や組織は、基本的に投票集計の防衛策、つまり改ざんを阻止するための全国的な取り組みを準備する必要があると思うのです。

抗議やデモの計画も必要だと思います。

これは非常に大げさに聞こえるかもしれませんが、トランプを追い出すという作業は、伝統的な民主主義の移行というよりも、権威主義政権を追い出すのに近いものと考えなければならないと思います。(ニューヨーク・タイムズ)

権威主義的な政権を「退場させる」ことはありませんし、彼らは権威主義的ではありません。

独裁体制は打倒されるだけであり、ブイエの声明はまさにそれを明確に呼びかけたものである。

投票という実際に平和的なプロセスは、結果が正しくなければ「ほとんど平和的な抗議行動」で補完されなければならない、あるいはそれに取って代わらなければならない。

それが、ローザ・ブルックスの次の一節につながる。

大量動員は、我々の民主主義が生き残る保証にはならない。

しかし、我々の演習が示唆するように事態が悪くなるなら、持続的で非暴力の抗議運動がアメリカの最善かつ最後の希望になるかもしれない。

翻訳 バイデンが正々堂々と勝利できない場合に備えて、ある種の争乱選挙シナリオの可能性を劇的に高める郵送投票システムを導入しているのだ。

そうなれば、選挙結果はもはや民主的選択の域を出ず、おそらくトランプに反対する勢力が不利になる。

むしろ、選挙は、あらゆるエスカレーションの機会を利用したデモ隊の持続的な大量動員、秩序を回復しようとするトランプのあらゆる努力を権威主義と悪者扱いするメディアのフルコートプレス、そしてトランプに不利な法廷闘争への選挙プロセスの伝達が問題となるのである。

もちろん、1つのシナリオ、非常に暗いシナリオが残っている。

トランプに対するカラー革命が、トランプを退任したくない権威主義者と決めつけるなら、唯一の選択肢は力による排除である。

アル・ゴアもジョー・バイデンも、彼らのカラー革命が計画通りにならない場合、トランプを排除するための軍事的役割を浮き彫りにするという、極めて無責任で危険なステップを既に踏んでいる。

トランプが選挙に負けたが、その結果を受け入れることを拒否した場合、ゴアは軍が介入することになると考えていると述べた。

同氏は、憲法のパラメーターの下で、トランプ氏の最後の就任日は2021年1月20日であると指摘した。(フォックス・ニュース)

つまり、彼らは、選挙日に明確な勝者が存在しないことをほぼ確実にするような方法で物事を設定し、トランプ大統領が譲歩することを拒否した場合、軍事的排除の根拠として枠をはめようとしているのです。

このカラー革命の最終段階は、移行統合計画のローザ・ブルックスがかなり以前から温めていたものです。

以下は、ローザ・ブルックスが2016年の選挙直後に書いた文章からの抜粋で、2020年までにトランプを罷免する第四の方法を提案しています。

第4の可能性は、つい最近まで私がアメリカ合衆国では考えられないと言っていたもので、軍事クーデター、あるいは少なくとも軍の指導者がある命令に従うことを拒否することである。
(フォーリン・ポリシー)

そしてこれが、トランプに対する、ひいては彼の支持者全員に対するカラー革命の作戦が、明らかに軍事クーデターの可能性で締めくくられる方法なのです。

2016年以降、国家安全保障機構、国家官僚機構、ビッグテック、メディアにおける支配階級の派閥の臨界点は、アメリカ国民が自分たちの選挙に干渉することを二度と許さないことを決定した。

そして、このように民意を侮蔑した結果、わが国は南北戦争以来のどの時期よりも存亡の危機に近づいている。

 

 

移行統合計画が発表した報告書が、政治家による単なる戦争ゲームではないことが、はっきりと見えてきたと思う。

これは、彼らが2020年の選挙を盗むために使用した脚本そのままであり、彼らはそれを世界に公開したのです。なぜそんなことをするのでしょうか?

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 6/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。