ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 8/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 8/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・移行統合計画はジョージ・ソロスや中国共産党とつながりがある

・プロテクト・デモクラシー “は、バラック・オバマ大統領の元副顧問であるイアン・バシン氏とジャスティン・フローレンス氏によって設立された

・プロテクト・デモクラシーに寄付している財団の多くは、左翼団体にしか寄付していない

 

 

移行統合計画は中国共産党と繋がりがある。

プロテクト・デモクラシーは民主主義を守ると言いながら、共産主義的な左翼団体ばかりに寄付している財団たちから寄付を受けている。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

つまり、移行統合計画はプロジェクトの共同設立者を通じて、すでにジョージ・ソロスや中国共産党とつながりがあるのです。

 

ナショナル パルスは、移行統合計画が “ユナイテッド・トゥ・プロテクト・デモクラシー “から資金提供を受けていることも報じています。

 

この事実は、その後に削除され、その関連性を取り除いた後に再始動したオリジナルの移行統合計画ウェブサイトにありました。

なぜ彼らがそのつながりを外に出したくなかったか、ここですぐに明らかになるでしょう。

ありがたいことに、オリジナルのサイトは保存されていました

 

 

移行統合計画は、11月の選挙が紛糾した場合に何が起こるかを予測するために「戦争ゲーム」を行うグループに関する多くのメディアの記事の後、8月初旬にナショナル パルスによって初めて正確に報道されました。

移行統合計画にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

 

 

ユナイテッド・トゥ・プロテクト・デモクラシーとのつながりは、大規模なものです。

まず注目すべきは、ユナイテッド・トゥ・プロテクト・デモクラシーとプロテクト・デモクラシー・プロジェクトのつながりです。

彼らのウェブサイトから。

 

 

プロテクト・デモクラシー・プロジェクトとユナイテッド・トゥ・プロテクト・デモクラシーの関係、そしてどのようにサポートすればよいのでしょうか?

プロテクト・デモクラシー・プロジェクトはユナイテッド・トゥ・プロテクト・デモクラシーの姉妹組織です。

プロテクト・デモクラシー・プロジェクトまたはユナイテッド・トゥ・プロテクト・デモクラシーのいずれかを支援することで、私たちの民主主義を保護することができます。

口語では、両組織を “プロテクト・デモクラシー “と呼んでいます。

 

 

“プロテクト・デモクラシー “は、バラック・オバマ大統領の元副顧問であるイアン・バシン氏とジャスティン・フローレンス氏によって設立されました。

 

 

イアン・バシン

共同設立者兼エグゼクティブディレクター

イアン・バシンは、プロテクト・デモクラシー の共同設立者であり、エグゼクティブ・ディレクターです。

以前はホワイトハウス顧問を務め、大統領やホワイトハウスの上級職員に行政法や憲法について助言するほか、ホワイトハウスや行政機関の職員が政府の基本的な民主主義的性質を守る法律、規則、規範を遵守するよう取り計らう役割を担っていた。

民主主義、権威主義、アメリカの法律と政治に関する彼の文章は、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ロサンゼルスタイムズ、アトランティック、スレート、サロンなどの出版物に掲載されている。

エール大学ロースクールで法学博士号を、ウェスリアン大学で学士号を取得。

ジャスティン・フローレンス

共同設立者兼リーガル・ディレクター

ジャスティン・フローレンスは、プロテクト・デモクラシー の共同創設者兼リーガル・ディレクターとして、法律、政策、アドボカシー、コミュニケーション戦略など、組織のミッションを推進するための活動を統括しています。

以前は、ホワイトハウス顧問室で大統領特別補佐官および大統領補佐官、上院司法委員会スタッフの上級顧問、国内大手法律事務所2社の最高裁判所および控訴裁判所での業務に携わっていました。

ハーバード・ロースクールの講師であり、民主主義と法の支配のクリニックを共同指導している。

民主主義と法の支配の問題に関する著作は、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズなどの出版物に掲載されています。

エール大学ロースクールでJ.D.を取得。

 

 

以下は、(LINK)(LINK)「プロテクト・デモクラシー 」に寄付をした団体のリストです。

 

 

寄付先団体

バウマンファミリー財団(非営利)
民主主義基金(非営利)
ノーベ財団(非営利)
ジョイス財団(非営利)
ロックフェラー兄弟ファンド(非営利)
パンフランシスコ財団(非営利)
シリコンバレーコミュニティ財団(非営利)
ウェルスプリング博愛基金(非営利)
ウィリアム&フローラヒューレット財団(非営利)

 

 

これらの各団体は、ほとんど左寄りの原因にしか寄付をしていない。これらの組織のいくつかをもう少し詳しく見てみよう。

まずは、バウマンファミリー財団です。

 

 

バウマンファミリー財団バウマンファミリー財団は、過去10年間、中道左派の活動に何百万ドルも寄付してきた財団です。

この財団は、民主主義同盟ともつながりがある。

財団の代表であるパトリシア・バウマン氏は、民主党の献金者で、進歩的で民主党の候補者に何十万ドルも寄付している。”

 

 

バウマンファミリー財団は、「民主主義同盟会議」と「市民参加のための資金提供者委員会」という2つの連合のメンバーである。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 8/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。