ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 9/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート12 9/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ジョージ・ソロスは、民主主義同盟の共同創設者

・民主主義同盟から移行した市民参加のための資金調達委員会は、数多くの左翼組織から寄付を受けている

・外国と国内の影響力は、バイデン当選のために資金を供給している

ジョージ・ソロスが共同創設者の民主主義同盟、及び市民参加のための資金調達委員会は、国内外の左翼勢力から、バイデン当選のための資金を受け取っている。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

まず、民主主義同盟です。

 

 

民主主義や左翼進歩主義の裕福な個人や団体の寄付者の集まりである民主主義同盟(DA)は、そのメンバーやゲストのために半期に一度会議を開催している。

「左派団体の主要な集まり」と称されるこの会議は、主に左派の潜在的な寄付者と同様の考えを持つ活動家グループとを結びつける役割を果たし、重要な政治問題、政策、戦略についての講演やパネルディスカッションの場を提供する。

過去には、米国で最も著名な活動家、指導者、政治家を招いて開催されたこともあります。

民主主義同盟の共同創設者であるジョージ・ソロスは、この会議で講演を行った。

カーステン・ギリブランド(D-NY)、エリザベス・ウォーレン(D-MA)上院議員、キース・エリソン(D-MN)下院議員(当時)など、著名な民主党政治家も何人か参加した。

左派の工作員やコメンテーターのヴァン・ジョーンズやデヴィッド・ブロックもセッションで取り上げられ、左派活動家のリンダ・サーサーも物議を醸した。

メアリー・ケイ・ヘンリー、ジョン・ストックス、カレン・ナスバウムを含む組合のリーダーが会議の参加者として挙げられ、イリノイ州クック郡の州検察官であるキム・フォス(民主党)は夜の集まりで乾杯された。

 

 

そう、民主主義同盟はジョージ・ソロスが共同設立したもので、上記の名簿はアメリカ嫌いの紳士録なのである。

現在は、市民参加のための資金調達委員会(FCCP)です。

 

 

今日、FCCPは、左派の最も重要な(社会、経済、人種に基づく政策提言に共通の親和性を持つ)90以上の団体のネットワークとして運営されています。

インサイド・フィランソロピーは、このグループのメンバーは真にリベラルな傾向を持っていると書いている。

“FCCPは、中道左派の資金提供者が集まり、アドボカシー活動や有権者動員活動などのつながりを構築し、それらのグループ間で共通の戦略を開発し、新しいリサーチやアドボカシーツールについて教えることを目的としている。

FCCPのメンバーには、ジョージ・ソロスの・オープン・ソサエティ財団、民主主義同盟、アスペン研究所など、左派の最も著名な資金援助団体が名を連ねている。

その他にも、寄付者が支援するタイズ財団、カーネギー・コーポレーション・オブ・ニューヨーク、フォード財団、ジョイス財団、ロックフェラー兄弟食品、ロックフェラー家族食品、W・K・ケロッグ財団、JPB財団、ウォレスH・コールター財団、エヴリンDウォルター・ハースJr.財団、バウマンファミリー財団など、10億ドルの規模で中心から左のNPOが多数メンバーになっています。

基金、バウマンファミリー財団。28]AFL-CIO、全米教育協会(NEA)の労働組合、組合傘下のアマルガム銀行もFCCPのメンバーである。

FCCPの会員組織には、メディア・デモクラシー・ファンド、ムーブメント・リソース・プロジェクト、WIN ミネソタ、女性寄付者ネットワーク、デモクラシー基金など、中道左派の提言活動を行う左翼組織も潜んでいる。

 

 

もう一つのソロスのつながり。あなたは私と同じくらいショックを受けているだろうか?(ここに目を回しながら)

では、ジョイス財団の中で見つかった、この興味深いつながりについて見てみましょう。

 

 

ジョイス財団

ジョイス財団はシカゴに拠点を置く5o1(c)(3)の非営利団体で、銃規制、環境保護、リベラルな教育政策、右派中心の選挙改革への反対、左派中心の非営利メディアへの資金援助を行っています。

1948年、ベアトリス・ジョイス・キーンによって設立。米国大統領に選出される前、当時のイリノイ州上院議員バラク・オバマはジョイス財団の理事会メンバーであった。

 

 

シリコンバレー・コミュニティ財団は、「ビッグテック」プレーヤーと、2020年の選挙中に起こった「カラー革命」でトランプと保守派を検閲した人たちで構成されています。

 

 

 

 

移行統合計画を設立し、資金を提供した人たちを考えると、私たちがカラー革命の成功のための第2の基準を目撃していることが、はっきりとわかるのである。

 

“反体制勢力はマスメディアと外国の影響力によって強制されている”

 

外国と国内の影響力(NGO)は、バイデン勝利以外のものは受け入れられず、したがって不可能であるという物語を作り、植え付けることだけを意図して、プロジェクトに資金を供給しているのです。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート12 9/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。