ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 2/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 2/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 


・FMR EOのセクション1では、PPD-40で定義されている国家必須機能を、脅威や状況に関わらず継続的に行うことが米国の方針であると説明されている

・連邦継続性指令が、国家必須機能とは何かを定義している

・この大統領令と「連邦政府機能復興戦略」の目的は【連邦政府機能の復興力を高め、オペレーションの継続性、政府の継続性、憲法に則った政府の永続性を確保すること】

・それは、政府の継続と国家必須機能の維持に関して、受動的ではなく積極的な姿勢に移行するという明確な目標を示している

・トランプと権限委譲を計画している人たちは、ディープステートが不正選挙を実行しようとしていることを知っていて、その対策として大統領令13961に署名した

 

 

トランプは選挙が盗まれることを予期していたので、それに備えて大統領令と「連邦政府機能復興戦略」を発行していた。

そこでは、国家必須機能を具体的に提示していて、その機能を積極的な姿勢で継続することを求めている。

 

 


ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

連邦継続指令-1 には、権限委譲計画に特化した付属書全体もある。

 

 

附属書 I: 権限委譲計画 

権限委譲計画とは、組織の主要な運営スタッフおよび施設からの法定権限および責任を、他の指定されたスタッフおよび代替地に移譲し、必須機能を維持する能力である

継続計画の権限委譲オプションは、組織がどのように組織の指揮統制、および必須機能の実行責任を特定し、事故の影響を受けない地理的に分散した場所にいる要員に移譲するかについて述べるものである。

組織は、ERGメンバーが代替地に移動している間、短期的なオプションとしてDERGを作動させることができる。

さらに、組織は、特定の必須機能の責任を移転することによって部分的に移転すること、または、特定の必須機能の責任を様々な拠点に移転することによって、複数の拠点に移転することを選択することができる。

 

 

上記の附属書は、政府の継続的な活動の焦点は、国家必須機能(以下、NEFと省略)の遂行を維持することであることを教えてくれる。

連邦継続指令はまた、これらの国家必須機能が何であるかを正確に定義し、リストアップしている。

 

 

NEFs: 破局的緊急事態の間、国家を主導し維持するために必要であり、したがって、作戦継続(COOP)、政府継続(COG)、憲法継続政府(ECG)の能力を通じて支援されなければならない機能を選択する。

表A-Iは、連邦政府の包括的な責任を表し、大災害の前、中、後に連邦政府のリーダーシップの主要な焦点となるNEFsをリストアップしたものである。

国家必須機能 (NEF)

NEF 1: 三権分立の機能を含む、合衆国憲法に則った我々の政府形態の継続的な機能を確保すること。

NEF 2: 国家と世界に見えるリーダーシップを発揮し、米国民のミストと信頼を維持する。

NEF 3: 内外のあらゆる敵から米国を防衛し、米国またはその国民、財産、あるいは利益に対する攻撃を防止または阻止する。

NEF 4: 外国との効果的な関係を維持し、促進する。

NEF 5: 母国に対する脅威から保護し、米国またはその国民、財産、あるいは利益に対する犯罪または攻撃の加害者を裁くこと。

NEF 6:攻撃やその他の事件による国内での影響に迅速かつ効果的に対応し、回復させること。

NEF 7: 国家経済を保護し安定させ、その金融システムに対する国民の信頼を確保する。

NEE 8: 米国の国民の健康、安全、福祉のニーズに対応する連邦政府サービスを提供すること。

 

 

では、FMR EOの一番最初のセクションが終わったところで、すでに確立されていることを分解してみましょう。

2020年12月7日、トランプは戦争&国防の文脈に基づく大統領権限を用いてFMR EOを発行した

FMR EOの第1節では、PPD-40で定義されたNEFを、脅威や状況にかかわらず、継続性のある環境で行うことが米国の方針であると説明されています。

連邦継続指令は、これらのNEFのリストを我々に与えた。

行政命令に戻る。

 

 

第 2 項 連邦復興戦略計画

この政策を達成するために、この命令と連動して、行政府の弾力性を高めるために実施すべき「連邦任務弾力化戦略」に署名する。

戦略を実施することにより、現在の消極的な人員再配置への依存を減らし、混乱を最小限に抑え、NEFのパフォーマンスに対するリスクを分散し、業務の継続性、政府の継続性、立憲政治の永続性を確保する行動の費用対効果を最大化する積極的姿勢を強化することができる

 

 

冒頭で述べたように、トランプ氏は「連邦復興戦略計画」と共にこの大統領令を発表した。

 

戦略については後編で詳しく紹介しますが、この大統領令と戦略の全体の目的は、”行政府の復興力を高める “ことです。

“業務の継続性、政府の継続性、そして憲法上の政府の永続性を確保する “こと。

この部分は、政府の継続性とNEFの維持に関して、事後対応的な姿勢から事前対応的な姿勢に移行するという明確な目標を示しています。

 

ここで最も興味深いのは、このような移行を行うために何が必要かということである。

事前対応的な姿勢に移行するためには、何が混乱をもたらすかを具体的に知っているか、少なくとも強く疑っていなければならないのです。

 

 

私は野球選手でしたので、この不完全な比喩をお許しください。

 

特に、ピッチャーが複数の異なる球種(速球、カーブ、スライダーなど)を持っている場合、ボールを打つのは簡単ではありません。

バッターとしてどんな球種が来るのか分からない場合、あなたは反応姿勢になっています。

推測したままになってしまうのです。

しかし、投手のことをよく知っていれば、どのような球が投げられてくるかを正確に予測することができ、より多くのホームランを打つことができるようになるのです。

 

FMR EOや戦略では、一貫して「継続性」について積極的な姿勢で臨むと述べています。

つまり、どのような「球」が飛んでくるのか、すでにかなり明確に把握しているのだと思います。

トランプと権限委譲作戦を計画する人たちは、政治体制が選挙を盗んでフォローすることを知っていて、さらに進むと、FMR EOと戦略はトランプの直接的な返答だったことがわかるでしょう。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 2/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。