ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 11/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 11/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・「破壊的インシデント」とは、重要な設備と、政府の形態を維持する能力を妨げる可能性のある動力学的および非動力学的な攻撃や混乱に対するその脆弱性のこと

・不正選挙によって、政府の形態を維持することができなくなった

・「復興戦略概要」に書かれている「私たちは、危機と政府の継続性に関連する既存の権限を最大限に活用しなければなりません。」と言う言葉は、トランプ大統領が不正を知り、敵を逃さなかったことを意味している

 

 

不正選挙が行われ、政府が存続できない状態になった時に、既存の権限を最大限に利用して国を守るのは大統領の役目。

それは、トランプ大統領がその役目を果たして敵を逃さなかったことを意味している。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

また、FMR EOで初めて耳にした「反応的な姿勢」と「積極的な姿勢」という同じ焦点も、今回は「反応的な人員の再配置」よりも「積極的な配給の姿勢」を優先させるということで反響を呼んでいる。

このことは、次のセクションで再び言及されています。

 

 

さらに、この戦略は、以下の通りです。

– 米国の優位性を制限しようとする敵の努力、重要設備の脆弱性、および継続性の実施を消極的移転(すなわち、指示と警告による)から積極的持続的分散モデル(すなわち、連邦任務の既存の分布を活用)に移行する統一構造の必要性を認識することである。

政府機能、重要設備、経済・政治システムに対する非誘導性脅威(サイバー、パンデミックなど)の長期的課題にも対処する進化的ステップを推進しながら、継続性計画の基盤を形成する数十年にわたる原則、実践、機能を活用する。

 

 

FMR EOでは、継続計画の実施と実行においてFMR執行委員会を支援する下部組織と実行組織について言及されています。

 

このように、FMR EOと戦略には、計画が開始された時点で必要不可欠な機能を実行する能力と性能を備えた実行組織を用意する、という権限委譲の枠組みがあることが分かってきました。

もし、まだこのような図式が出来上がっていないのであれば、このまま進めていけば、見えてくると思います。

 

 

 

戦略的背景

 

 

2.戦略的背景 

今日、私たちは、国家の安全、セキュリティ、回復力を脅かすダイナミックな脅威環境に直面しています。

敵対者や戦略的な競争相手は、科学技術によって力を得た、新しい脅威を出現させ、しばしば紛争という閾値の下で活動し、私たちの重要な設備や重要な機能、任務を危険にさらしています。

政府全体で準備と回復力の文化を築くには、指導者、継続性担当者、危機管理担当者、計画所有者/運営者、政策立案者、予算担当者の間で認識を高め、協力することが必要である。

重要な機能と任務の分散実行に改めて重点を置きながら、継続性、準備、危機管理の方針と手続きを日常業務に統合することで、破壊的な事件の際に重要な機能と任務の効果を積極的に調整する連邦行政府の能力が強化される。

既存の継続政策は、敵対的な挑戦やその他の非通知による混乱に対応する連邦行政府の努力を支援する。

しかし、復興計画の要件を日常業務に完全に組み込むには、大統領府と行政府による持続的な指導力が必要である。

連邦復興戦略計画は、連邦行政府支部に対し、運動論的脅威(通常兵力や活動的戦争など)と非運動論的脅威に対処するための実施努力を再確認するよう求めている。

弾力性政策をよりよく実施するために行動を再構築する際には、必須機能および任務の計画所有者と意思決定者の知識と専門性を、継続性プロセスに組み込む必要がある。

危機と準備の枠組みに関連する既存の権限を最大に活用しなければならない。

過去の成功体験が、現在の脅威に対処するための革新的な姿勢の実施を妨げるようなことがあってはならない

連邦政府が重要設備への依存度を高め、重要設備が運動学的および非運動学的な攻撃や混乱に対して脆弱であることは、敵対者が連邦行政府の重要機能および任務を混乱させたり、混乱に乗じたりする可能性があることを意味している。

混乱は、我々の政府形態を維持し、目に見える指導力を発揮し、国家を防衛し、外交関係を維持し、国土を保護し、緊急事態に対処し、緊急管理を行い、安定した経済を維持し、重要な政府任務を提供する能力を妨げる可能性がある。

この戦略は、あらゆる状況下で中断のない安全な通信と任務を提供する能力を向上させるための、米国政府の幅広い取り組みに依存している。

国家の通信・技術設備を強化するための追加的な取り組みにより、日常業務の回復力をさらに高め、重要な機能・任務を継続的に実行することができる。

 

 

戦略的背景」の項でも、今回は「破壊的事件」発生時の重要機能の遂行に関連し、「破壊的事件」がどのようなものかを本質的に明示しながら、積極的な姿勢に移行していることが分かる。

 

重要設備とその脆弱性は、我々の政府形態を維持する能力を妨げる可能性のある、運動論的および非運動論的な攻撃や混乱に対してのものである。

 

選挙設備が重要設備に分類されることはすでに知っている。

また、トランプ氏の発言から、私たちの選挙に外国からの干渉があったことも分かっています。

 

ですから、私たちの選挙設備への干渉と選挙の窃盗がどのような結果をもたらすか考えてみてください。

それは、私たちが今日演じていることすべてにつながるのです。

盗まれた選挙によって、私たちの政府形態を維持する能力、そしてそれ以上のものが妨げられているのです。

 

上記の中でもう一つ重要なのは、この文章です。

「危機と備えの枠組みに関連する既存の権限を最大限に活用しなければならない。

過去の成功体験が、現在の脅威に対処するための革新的な姿勢の実施を妨げることがあってはならない。」

 

以前にも言いましたが、ドナルド・トランプが人として、そして1期目の大統領としての彼を理解するならば、明らかに盗まれた選挙から逃げ出した彼のことは何も意味をなさないのです。

 

もし不正があるとわかっていたのなら、ドナルド・トランプはアメリカ大統領として、また軍隊の最高司令官として、それを見過ごすことは職務怠慢であったでしょう。

この発言は、トランプ大統領が彼らを逃がさなかったことを物語っていると思います。

彼は、危機と備えの枠組み(政府継続)に関する権限(戦時大統領の緊急行動文書)を最大に活用したのです。

 

私は、FMR EOと戦略は、言及された革新的な姿勢だと考えていますが、その姿勢とは具体的にどのようなものか、近々紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 11/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。