ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 12/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 12/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・「復興戦略概要」では、「連邦政府は、必須機能の遂行に対するリスクを論理的に分散させることが必要である」と明示されている

・権限委譲計画では、上級官僚が実行するためのリスクを引き受ける責任がある

・分散した環境において、地理的な多様性を通じて複数の担当者に権限と責任を割り当てること

 

 

権限委譲計画では、危機を分散するために、各部門の上級官僚が計画を実行する責任を背負う。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

計画モデル

 

 

「評価、配分、維持」計画モデル評価、分配、維持」計画モデルは、追加的な任務としての継続性から、復興力を高め、優先された必須機能と任務を中断することなく確実に実行するための主要な実現手段としての継続性への文化的転換を支援するものです。

この計画モデルは、継続性、準備、危機管理のプロセスや手順を日常業務に意図的に組み込むことによって復興力を高め、破壊的な事件に対する大統領の復興計画を確保するものである。

この戦略では、連邦行政府に対して、重要な機能と任務の遂行に伴う危機を論理的に分散し、あらゆる状況下で大統領の意思決定を確実に支援することを求めている。

この分散システムは、あらゆる状況下で安全、堅牢、かつ信頼性の高い通信を可能にするために必要な技術と通信設備に、行政管理予算局と協議の上、的を絞った投資を必要とする場合がある。

(B. 分散化単一障害点を最小化するために、必須機能任務の履行に対する危機を論理的に分散させること。

(C. 維持(継続)政府のあらゆるレベルにおける説明責任を強化するガバナンス構造を通じて管理される、「評価」と「分配」の日常的かつ定期的な実行。

持続可能性は、「評価」と「分配」の成功に依存する。

 

 

計画モデルは、戦略のもう一つの部分で、事後対応的な姿勢からより積極的な姿勢への移行に言及し、さらにそれを文化的な変化と表現している。

 

本当に必要なときに失敗するような複雑な後付けの継続性ではなく、この戦略を通じて継続性は優先され、優先されたNEFを中断することなく運用するためのシームレスな移行に備えることができるようになる。

 

この戦略では、”連邦行政府が必須機能の遂行に伴う危機を論理的に分散することを求める “と明記されており、この “分散システムには、安全で信頼できる通信を可能にする技術と通信設備が必要となる “とされている。

 

これはFMR EOの堅牢な通信を指しているのかもしれませんが、これはトランプが最近買収したグループとやっていることを指している可能性もなくはない。

 

トランプの任期終了3分前にDoDを去ったIPアドレスは、通信設備と関係があるのだろうか。

この順調な移行のためのセットアップは、FMR 執行委員会を支援するために使用される確立された下部組織と実行組織を通じて、FMR EOに記載された内容そのものである。

 

 

努力の方向性

 

この次のセクションで言及する連邦行政府に焦点を当てた3つの取り組みラインは、かなり自明なものであるが、この戦略全体を通読することは、時間を十分に費やすことを強調する必要がある。

 

私はいくつかの点についてしかコメントしませんが、この文書全体は非常に重要です。

 

 

努力のラインこの戦略は、連邦行政府が3つの努力目標を実施することを中心に据えている。

– 努力のライン1

-破壊的な事件の前、最中、後に必要不可欠な機能と任務を確実に実行する。(すなわち、連邦行政府の組織レベルの必要不可欠な機能と任務)

連邦行政府は、あらゆる状況下で、業務、資産、権限を移転、委譲、延期、分配、または移行する能力を含む、必要不可欠な機能と任務を遂行する能力を維持しなければならない。

多様性、冗長性、危機評価に基づく能力の強化により、必須機能・任務の遂行に対するあらゆる破壊的事故の影響を軽減する。

分散型モデルにおいて、大統領と行政府の重要な機能・任務を実行する際に、上級職員が危機を引き受ける責任を保持し、継続的に指導力を発揮できるようにする。

組織の重要な機能と任務の継続的な指導力を確保するためには、重要な機能と任務を指導または実行する権限を予告なく移行できるように、大規模な事前準備が必要になる場合がある。

または複数のノードの喪失に備えるため、指導部 は、パフォーマンスの低下を招くことなく、計画の所有権を移譲できるような体制を整えておかなければな らない。

一例として、行政府の指導部は、必須機能・任務、指導部、意思決定を維持するための資源、権限、能力を分散させ、あらゆる状況下で作戦、人員、設備、システム、支援プロセス、任務、権限を移転、委譲、延期、分配、または移行する能力などを選択することができる。

これらの行動には、あらゆる状況下において必要不可欠な機能と任務の遂行を継続的に指示する手順と能力を検証するための定期的な訓練と評価が含まれていなければならない。

代替サイトや関係性を委譲するなどの既存の分散資産や能力を活用し、最大限に活用することで、分散モデルへの移行費用と時間を削減することができる

 

 

これは重要なことです。

 

私は、形成されつつあるイメージを述べましたが、これは私たちにとって非常にわかりやすく概要を示しています。

現在経験している分権化計画では、上級職員が本質的な機能を遂行する上で危機を引き受ける責任を保持したまま、複数のノードが存在するのです。

 

私が何を言いたいのか、もうお分かりでしょうか。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 12/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。