ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 13/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 13/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・分散した環境において、地理的な多様性を通じて複数の担当者に権限と責任を割り当てること

・「復興戦略概要」によると、以下の手順が必要

・重要な機能の再優先順位付け

・再優先された必須機能を実行するために利用可能な要素を増やすこと

・地理的に分散した作戦環境全体に言及すること

・復興大統領令と復興戦略は、権限委譲の明確なイメージを描いている

 

 

復興戦略は、具体的にどのように権限を移譲するかを解説しており、重要な機能の再優先順位付け、再優先された必須機能を実行するために利用可能な要素を増やすこと、地理的に分散した作戦環境全体に言及することにより成り立っている。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

努力のライン2

– 重要な機能と任務の継続的な国家レベルの指導力、説明責任、調整、危機管理を確保する(すなわち、重要な機能または任務に対する危機を決定する責任を割り当てられた連邦行政府の指導力)

指揮、統制、通信を強化し、重要な資産と能力を分散させ、分散した資産の中に計画の成功を確保する権限を持つ回復力のある指導者を確立することによって、地域または国の混乱する事件の影響を最小限に抑える。

さらに、強力で冗長性に富み、回復力のある通信その他の設備能力を、指定された場所またはモバイル・オプションで開発し、指導者の意思決定と重要機能・任務の監視を維持することが、分散型モデル実現のための中核的要素である。

技術的な進歩を活用することで、国家指導部が信頼できる安全な通信機能を強化・確保し、命令&コントロールを提供し、分散環境での統制を可能にすることができる。

最後に、このモデルの成功には、能力・機能の移転と、要員を移動させることなくリーダーの役割と責任を移行させる訓練と演習を日常的に行うことが不可欠である。

省庁の責任者は、危機の評価と軽減を推進し、継続しなければならない優先的任務を特定 し、自らが下す決定がもたらす危機を理解しなけれ ばならない。

既存の危機管理枠組みと継続プログラムをよりよく統合し、危機管理のためのまとまった協調的姿勢にするトップダウンの取り組みが、連邦政府の復興計画を成功裏に実施するための基本的な要素である。

事実上の脅威に先立って、最も重要な任務に対する危機に効果的に対処するには、総合的な危機管理姿勢を反映させた政策への転換と、介入なしに維持しなければならない必須機能および任務の見直しが必要である。

 

 

ここでは、分散型資産と分散型環境での統制を可能にするための技術的進歩について、より詳しく説明している。

また、人員を移動させることなく、指導力の役割と責任を移すことについても触れている。

これらはすべて、権限委譲を意味する。

 

 

-努力義務3

-予告なしの混乱や直接的な脅威の環境を含む、あらゆる状況下で大統領の意思決定支援任務と運用能力を確保する。(例:大統領府と連邦行政府との通信)

意思決定支援の指導力、能力、構成システムとプロセスを分配し維持する能力に対する危機を特定・評価し、適切であれば地理的多様性を通じて複数の関係者に非大統領の権限と責任を割り当てることにより、大統領の意思決定支援能力を分配する。

単一障害点を回避し、地域的または国家的な大災害が行政の意思決定支援任務と運用能力の提供に及ぼす影響を最小化するために、大統領事故管理支援能力を削除し、分散環境における大統領の意思決定支援を確保する。

大統領危機を支援するすべての省庁に対して、標準化された連邦危機管理意思決定支援プロセスと最低限の能力要件を確立し、実施する必要がある。

再度:地理的な多様性を通じて、分散した環境と複数の関係者間での権限と責任の分担を議論する。

まとめ

国の継続性政策を積極的な「評価、配分、維持」計画モデルに再重点化することは、連邦行政府の弾力性をより確実にするものである。

この戦略の優先行動を達成するためには、連邦行政府の指導力が、既存の政策と実施との間のギャップを迅速に評価し、必要であれば重要な機能と任務の再優先化を推進することが必要である。

さらに、連邦行政府は、優先された重要な機能および任務を事前に実行し管理するために利用可能な要素を増やすことによって危機を軽減するために、既存の分配または施設、場所、人員を活用し、および/または横断的に作業する必要がある。

最後に、持続的な分配を行うには、地理的に分散し、拡張性があり、柔軟で適応性のある日常的な作戦を可能にする財政政策と優先順位付けが必要である。

これらの目標を共に達成することで、われわれは、憲法に基づく政府と米国の生活様式の弾力性を確保することができる。

政府機能、重要な設備、経済・政治システム全体にわたって、備えと弾力性の文化を構築しなければならない。

国家安全保障戦略、2017年12月

 

 

同戦略は、連邦行政府の復興力を確保するために必要な文脈、計画モデル、手順を概説している。それは以下を含む。

 

・本質的な機能の再優先化。

・再優先された重要な機能を実行するために利用可能な要素を増やす。

・地理的に分散した作戦環境全体に言及する。

 

FMR EOと戦略は、権限委譲の明確なイメージを描いている。

 

アメリカの生活様式を維持するために必要な、再優先された基本的機能を実行する権限と責任を積極的に引き受ける準備ができている上級レベルの当局者と下部組織または作業組織からなる執行委員会を創設する計画である。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 13/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。