ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 16/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 16/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・国家安全保障顧問のロバート・オブライエン氏は、米国政府のプロセスや政策をナビゲートするための戦略の考案などを行っている

・国防長官のクリストファー・ミラー氏は、BCPという組織を立ち上げたが、実態は知られていない

・だが、権限委譲計画の重要なメンバーがその組織に名を連ねている

・このグループは、トランプの小規模な国防総省とさえ言えるかもしれない

 

 

ミラー氏の立ち上げたBCPと言う組織は、権限委譲計画の重要メンバーが名を連ねている。

その実態は知られていないが、そのメンバーから考察すると、小規模な国防総省と言うこともできる。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

ここでは、彼らのウェブサイトに記載されている「関心のある分野」を見ることができます。

 

 

国際情勢、 検閲、 環境問題、 人種問題、 医療 エネルギー、 移民、 安全保障、 メディア、 バイアス 経済、 社会問題、 価値観、 国際貿易、 選挙、 公正性、 教育、 犯罪司法、 改革

 

 

国家安全保障問題担当大統領補佐官(APNSA) – 国家安全保障アドバイザーとも呼ばれる。

2021年1月21日、ロバート・オブライエンはアメリカン・グローバル・ストラテジーズ LLC(AGS)を共同設立した。この組織もほとんど休眠状態のような組織です。

ほとんどニュースもなく、ウェブサイトにもあまり載っていません。

 

これは、彼らが主張することと、彼らのチームにいる人たちです。

 

 

私たちの会社アメデカン・グローバル・ストラテジーズ LLC は、今日のヘッドラインを超えたところに目を向ける戦略的アドバイザリーのブティック・インである。

チーム紹介

アメリカン・グローバル・ストラテジーズ LLCは、元国家安全保障アドバイザー ロバート・オブライエン と元国家安全保障会議首席補佐官 アレックス・グレイ によって設立されました。

弊社のスタッフは、ホワイトハウス、国務省、ペンタゴン、キャピトルリフで活躍した専門家で構成されており、主要オフィスはワシントン DC にあります

 

 

国防長官 クリストファー・ミラー

 

1月20日に退任した後、クリストファー・ミラーはバウンダリー・チャネル・パートナー (以下BCPと省略)という組織を共同設立している。

 

BCPは事実上休眠状態であり、どこにも情報がない。

検索しても、すべてこのウェブサイトに戻ってくる。

 

では、この団体は実際に何をしているのだろうか?

これは、彼らが提供すると言っているサービスの内容です。

 

 

戦略的アドバイス、 地政学的リスク分析、 ソートリーダーシップ、 講演活動、 M&A、 サイバーセキュリティ・インテリジェンス、 レッドチーム、 コールド&ドライチェーン、ロジスティクスサービス、市場分析に移動します。

アジア、 アフリカ、 ヨーロッパ、 西半球政府契約のナビゲーション、 戦略開発、 戦略的コミュニケーションプランニング、 組織改革とチェンジマネジメント、 人材の発掘と配置

 

 

最も興味深いのは、クリストファー・ミラーと並んでBCPチームの一員である他の人々です。

 

 

マーク・メネズ氏

米国エネルギー省の元副長官で、わが国のエネルギー産業、国立科学研究所17、核抑止力プログラム、環境修復などにおいて、革新的で変革的な政策と技術を推進した人物です。

全米で著名なエネルギー弁護士、大手エネルギー企業の上級管理職、議会委員会のチーフカウンセル、ウォール街や企業、政策立案者の戦略的アドバイザー。

設立パートナー トニー・タタ氏

ジェネラル・アンソニー・”トニー”・タタは、BCPの設立パートナーであり、以前は国防総省で政策担当の次官の職務を担っていました。

タタ将軍は、米国陸軍に28年間勤務した軍歴があり、ウェストポイントを卒業しています。

それ以前は、ウェーク郡公立学校システムの教育長、ノースカロライナ州運輸長官、ハーバード大学JFK政治大学院の国家安全保障フェローを務めていました。

トム・ウィリアムズ博士 元 PTDO国防総省政策担当次官補

元ホワイトハウス国家安全保障会議大統領副補佐官、欧州・ロシア担当上級部長、国防政策・戦略担当上級部長代理。

ポール・ネイ氏は、前国防総省法務部長

就任前は、テネシー州首席司法長官および海軍省法務部長代理を務めました。

また、民間企業でも豊富な法律経験を有しています。

トラウガー・ニュー・デュークのパートナーを経て、パターソン・インテレクチュアル・プロパリー・法律事務所で、鈍い訴訟、行政法、仲裁・調停、知的財産問題などを中心に活動している。

ジョーダン・ヘイリーは、バウンダリー・チャンネル・パートナーズのチーフ・オブ・スタッフであり、クリストファー・ミレン国防長官代理の元アドバイザーです。

彼女は、特殊作戦・テロ対策局(SOCT)の特別補佐官、ホワイトハウスの大統領人事渉外部長としての勤務経験があります。リバティ大学を優秀な成績で卒業。

マリー・エフアイ氏

コートジボワール生まれの米国人。

バウンダリー・チャンネル・パートナーズに入社する前は、ミレニアム・チャレンジ・コーポレーション(MCC)でコンパクト・オペレーション担当副社長の特別補佐官として勤務していました。

また、財務省のアフリカ局で勤務した経験もあります。

リバティ大学で学士号を取得し、2021年5月にジョージ・ワシントン大学で修士号を取得して卒業予定。

アマンダ・ミリウス氏は、米国国務省のグローバル広報局でコンテンツ担当の前副次官補です。

在職中は、米国政府の政策を支援するキャンペーンを企画し、 報道、社会、イベント戦略について、世界の人々と効果的にコミュニケーションをとるための原則をアドバイスした。

現在は、ワシントンDCで制作会社も経営している。

USCスクール・オブ・シネマティック・アーツで修士号を取得。

エドワード・G・ギボンズ大佐(退役)は、元米国陸軍歩兵将校で、世界各地で軍事作戦の立案と実施に豊富な経験を有しています。

ブーズ・アレン・ハミルトン社およびレイセオン社でコンサルティング、プログラム管理、事業開発など幅広い経験を積み、軍での経験を補完している

クリス・クルーデン氏は、元国防次官(情報・安全保障担当)の上級顧問であり、元国防次官(情報・安全保障担当)の上級顧問である。

複数の派遣を経験した情報将校であり、スコットランドのセント・アンドリュース大学およびジョージタウン大学で修士号を取得。

バーバラ・ヘイリーバーバラ・ヘイリー氏は、ヘイリー・キャピタル、ヘイリー・キャピタル・エンジニアリング・タックス・ソフトウェア、バーバラヘイリードットコムのCEO兼創設者です。

エンジニアリング減税ソリューション、企業文化の変革、コミュニケーション、コンサルティングのエキスパートとして知られる彼女は、2万人以上のプロフェッショナルの育成に成功し、多くの偉大なアメリカ企業の業績変革を支援してきました。

プライベートでは、軍人のために時間を費やし、現在は全米退役軍人健康管理センターの長官、USOヒューストン諮問委員会の前会長、PTSD財団の副会長を務めています。

 

 

この一見休眠状態にある組織のメンバー(バーバラ・ヘイリー女史を除く)は皆、トランプ政権で非常に重要な役割を担った経験があり、その中にはすでに権限委譲計画の話で知られている重要な名前(ミラー氏とタタ氏)も含まれています。

このグループは、トランプの国防総省の小規模版とさえ言えるかもしれない。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 16/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。