ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 17/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 17/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・権限委譲計画(デボルーション)は単なる理論ではなく、実際に実行されている軍事作戦だと言う事が、大統領令13961から理解できる

・大統領令13961の詳細を知ることで、誰が権限委譲計画を実行しているか正確に知る事ができる

・権限委譲計画の実施と実行を担当した全員が、トランプ政権が就任1期目に行っていたことと密接に連携する組織を設立したり、参加したりしている

 

 

大統領令13961を詳細に調べることで、誰が権限委譲計画に関わっており、どのように実行しているかを理解することができる。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

まとめ

 

この記事で取り上げた大統領令と戦略を見て、権限委譲計画シリーズを通して紹介した残りの状況証拠に追加してください。

 

ドナルド・トランプ自身についてあなたが知っているすべてを考えてみてください。

バイデンと彼の政権の完全な機能不全を追加してください。

権限委譲計画はもはや単なる理論の1つと考えることはできません。

 

全貌が明らかになりつつあります。

 

2020年12月7日、ドナルド・トランプは大統領令13961を発令しました。

「連邦政府機能復興のための運営と統合」と「連邦政府復興戦略計画」を発表し、計画を始動させたのです。

その計画を「実施・実行」する責任者のグループを正確に指し示すことができるようになったのです。

 

権限委譲計画の実施と実行の責任者は皆、トランプ政権が就任1期目にやっていたことと密接に連携する組織を作るか、そこに参加するようになったのです。

単純に無視できないほど多くの偶然があるのです。

 

トランプがより重要な存在となり、さらにスポットライトを浴びていることにお気づきでしょうか。

MAGA運動は拡大するばかりで、それを止めるものは何もない。

私たち国民は、あるべき姿として、草の根レベルから国を取り戻そうとしているのです。

 

私たちは自分たちの役割を果たしているのです。

トランプはすでに自分の役割を果たした。

もはや、進化が本物かどうかという問題ではなく、いつ、どのようにそれが明らかにされるかという問題なのです。

 

ベストはまだ来ていないのです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の記事で、権限委譲計画の翻訳は終了いたします。

この後も権限委譲計画シリーズの記事は出ているのですが、今回のパート13が完璧に権限委譲計画を説明しているので、もう追加で翻訳する必要はないと考えるからです。

後日に、権限委譲計画シリーズ全体をまとめた記事とミームを作ろうと考えています。

 


権限委譲計画が舞台裏で進行していくのをポップコーンを片手に楽しんで行きましょう!

 

 

 

 

この記事を気に入って応援したいと思われた方は、下記の記事を参考にして、著者のパテル・パトリオット氏に寄付をしていただけると翻訳者として無常の喜びです。

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 17/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。