ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート3 2/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート3 2/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))という陸軍の部隊が重要な任務を負っている

・特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))は米国特殊作戦コマンド(USSOCOM)全体を監督している

・米国特殊作戦コマンドの「対外的な内部防衛」が重要な役割を果たしている

・国防総省で異例の人事が連発する

・クリストファー・C・ミラーが国防長官代理に就任した後、最初に配置されたポジションの一つが、「国防総省の政策を策定し、作戦の継続と政府の継続を監督する」ポジションだった

・国防政策を担当する職務にタタ氏が就任する。彼は「政府を転覆させるために見事に考案され、残酷に実行された陰謀の内部を紹介する」小説を書いている

 

 

特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室という陸軍の部隊が、米国特殊作戦コマンドを監督し、その任務の一つである対外的な内部防衛が、外国の選挙介入に対する軍事行動力をもつ。

それにより、軍として合法的に強い強制力を持った行動を取ることができる。

このことが権限委譲理論の基礎になる。

ミラー氏やタタ氏の異例の人事から権限委譲理論が起こっていることを推測することができる。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

陸軍士官としての最後の任務のひとつは、特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))内の特殊作戦・非正規戦担当ディレクターだった。

よく出てくるので、覚えておいてください。

 

特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室は、特殊作戦および低強度紛争活動の全体的な監督を担当している。

言い換えれば、特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室は米国特殊作戦コマンド(USSOCOM)全体を監督しています。

 

米国特殊作戦コマンドの中核となる活動を紹介します。

 

直接行動

特殊偵察

非従来型の戦争

対外的内部防衛

民政活動

テロ対策

軍事情報支援活動

大量破壊兵器の拡散防止

治安部隊支援

対反乱戦

人質救出・復旧活動

対外人道支援

 


ここで注目したいのは、「対外的な内部防衛」です。

“ホスト国の内部防衛・開発(IDAD)戦略を支援する活動で、破壊行為、無法行為、反乱、テロ、その他の国内の安全、安定、正当性に対する脅威から守るために設計されています。

 

関連性があるとは思えませんか?

 

 

ミラー長官は、2018年3月からトランプ政権で働き始め、国家テロ対策センターの中でさまざまな役割を果たしてきました。

2020年8月に国家テロ対策センター(NCC)の長官に就任し、国防長官代理に昇格するまでその職に就いていました。

 

国家テロ対策センターに在籍中、エズラ・コーエン=ワトニックに交代するまでの間(2020年6月19日~2020年8月7日)、「特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室の職務を遂行」していたことがある。

 


まだわからない?

 


クリストファー・ミラーとトランプは、国防総省と国防総省の中で、彼が国防総省に昇進した数日後に、多くの人が異例と考える動きを始めました。

 

11月10日、アンソニー・タタが上級将校に昇進し、国防次官(政策担当)の職務を遂行することになった。

 

国防次官は、”国防総省の継続政策を確立し、その実施に責任を持つ “国防総省指令3020.26の主要な調整役です。

 

 

アンソニー・タタ
国防次官(政策担当)の職務を遂行する高官
在任期間:11月10日 2020年~2021年1月20日

2.1. 国防政策担当次官(USD(P))。国防省政策担当次官は、国防総省指令(DoD) 5111.1 に基づき、主席補佐官(PSA)であり、国防長官と副長官の 運用の継続性計画と COG に関する助言者である。

2.13 項、2.14 項、及び 2.15 項の責任に加えて、国防政策担当次官は以下の責任を負う。

a. 国防総省の政策を策定し、運用の継続性計画とCOGを監督する。

b. 大統領政策指令 40 号(PPD-40)に従い、国防総省の継続性調整官として機能する。

c. 他の連邦省庁に対する国防総省の継続事項に関する主要な連絡窓口として機能する。

d. 国防総省の継続性計画、能力、活動、および演習を国家の継続性および国土安全保障の取り組みと調整する。

e. 国防総省の継続計画の戦略的指導と政策方針を提供し、計画、立案、予算編成及び実行を監督する。

f. f. 国家継続政策と本指令の規定を実施するために、必要に応じて国防総省発行の支援文書と指針を作成する。

 

言い換えれば、クリス・ミラーが国防長官代理に就任した後、最初に配置されたポジションの一つが、「国防総省の政策を策定し、作戦の継続と政府の継続を監督する」ポジションだったのです。

 

タタは、「トム・クランシー風のミリタリー・スリラー」を書く作家でもある。

彼は2019年の11月に『Double Crossfire』というタイトルの本を出版しました。

 

この本には、「現代の最も衝撃的なシナリオで、アンソニー・J・タタ元准将が、我々の政府を転覆させるために見事に考案され、残酷に実行された陰謀の内部を紹介する–内部から」という興味深い記述があります。

 

偶然としか言いようがありません。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート3 2/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。