ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート3 5/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート3 5/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・エズラ氏は軍事情報を監督するトップの文官であり、特殊作戦部隊を監督するトップの文官でもある

・ミラー国防長官の行動にアメリカの命運がかかっている

・カシュ・パテル氏が国防総省を代表して移行を指揮し、ミラー長官をはじめとするトランプの盟友たちとともに「現在の作戦、特に特殊作戦の領域での情報提供を拒否した」

 

 

ミラー国防長官が権限委譲計画の重要な部分の指揮を担当し、直属の部下であるエズラ氏が作戦を実行している。

全体の流れはこのような感じになる。

トランプは不正選挙に備える > 中国が民主党と結託して選挙を盗む > トランプは「全部捕まえた」と反撃の準備をする > 国防総省と国防総省で大規模な人事が行われ、トランプの同盟者が重要な役割を担う > 特殊部隊の廃止計画と思われる計画の実施 > 次期民主党議員には、この特殊部隊のことは伝えない > チェックメイト

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

12月30日に発表されたトランプ大統領の連邦政府の任務の回復力(FMR)戦略のスクリーンショットをご覧ください(連邦政府の任務の回復力については近日中にご紹介します)。

そこには、我々の特殊部隊が今、どのように政府の分割統治を行っているかが書かれています。

 

 

「評価」と「分配」の日常的かつ定期的なパフォーマンスは、政府のあらゆるレベルで説明責任を強化するガバナンス構造を通じて管理されます。持続可能性は、「評価」と「分配」の成功に依存する。

「持続性」とは、1つまたは複数の脅威による影響が現実のものとなる過程を通じて、必要不可欠な機能およびサービスの方向性とパフォーマンスを、必要最低限のパフォーマンスレベルまで継続する能力を意味する。

混乱期を通じての維持は、積極的に分散された運用拠点、移管拠点、または他の緩和努力によって実施することができる。

日常的な運用では、分散した複数の拠点で維持管理を実施し、他の拠点(移転、移管など)や代替プロセスを活用して、実現した脅威の運用を支援することも可能である。

 

特殊作戦部隊と低強度部隊は、小規模な隠密作戦を行う。

このメモの時点で、特殊作戦・低密度紛争担当国防次官補を実行しているのはエズラ氏である。

エズラは国防総省の情報担当次官でもある。

 

彼は我々の軍事情報を監督するトップの文官であり、我々の特殊作戦部隊を監督するトップの文官でもある。

 

彼は、直近の特殊作戦・低密度紛争担当国防次官補であるミラー国防長官の直属の部下に指定されたばかりです。

 

以前、ミラー氏が陸軍で最後に担当したのは、特殊作戦・低密度紛争担当国防次官補オフィスの特殊作戦・非正規戦担当ディレクターであったことをお伝えしましたが、そのことを思い出してください。

 

ミラー国防長官は、特殊作戦司令部の内部と外部を熟知しています。

彼は自らいくつかの部隊を率いたことがある。

彼は、自分がその一員であることから、彼らを信頼している。

 

ミラー国防長官は、これまでにないことを実行するよう求められた。

この作戦の成功には、アメリカの命運がかかっている。彼は文字通り世界の重荷を背負っていた。

 

そこで彼は、信頼できる人たちに仕事を頼みました。

これらの部隊は、”破壊、無法、反乱、テロ、その他の国内の安全、安定、正統性に対する脅威からの保護 “を専門としています。

 

まさに、権限委譲計画の作戦を実行するためのグループですね。

 

 

11月30日の週に始まった実施計画会議は、権限委譲計画の実施だったと思う。

宇宙軍の1周年記念式典で、ミラー国防長官がマイク・ペンス副大統領に次のような原稿にないコメントをしたのも不思議ではありません。

 

「我々は、この国がこれまでに行ったことのないような複雑な軍事作戦を経験してきましたが、その間のあなたの安定した手腕とリーダーシップは、私にとって大きな力となりました」。

 

彼は就任してからまだ1ヶ月あまりであった。

もし「権限委譲計画」でなければ、「この国がこれまでに経験したことのないような複雑な軍事作戦」とは何を指していたのだろうか。

 

 


移行チーム

 


2020年の12月下旬のこの記事を見てください。

本当にかなりショッキング。ペンタゴンの醜い移行の内側 – POLITICO

 

 

しかし、政権移行関係者は、退任するチームの行為は常識をはるかに超えているとし、妨害の主な理由として、ホワイトハウスが設置した忠実な人々を指摘している。

ドナルド・トランプ大統領率いる国防総省の職員は、現在の作戦、特に特殊作戦領域に関する情報を、”事前決定事項 “であるとして提供を拒否している。

つまり、バイデンチームは現在、どのようなテロ対策任務があるのかなど、重要な作戦上の問題に対する可視性が限られているのです。

 

覚えておいてほしいのは、カシュ・パテルが国防総省を代表して移行を指揮するよう指定されていたことだ。

彼はミラー国防長官をはじめとするトランプの盟友たちとともに「現在の作戦、特に特殊作戦の領域での情報提供を拒否した」。

 

それは上記のメモにある「領域」と同じだろう。

これは、大統領の交代劇では前例のないことだ。

 


つまり、おさらいすると

 


・トランプは不正選挙に備える

・中国が民主党と結託して選挙を盗む

・トランプは「全部捕まえた」と反撃の準備をする

・国防総省と国防総省で大規模な人事が行われ、トランプの同盟者が重要な役割を担う。

・特殊部隊の廃止計画と思われる計画の実施

・次期民主党議員には、この特殊部隊のことは伝えない。

・チェックメイト

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート3 5/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。