ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート5 2/8 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート5 2/8 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 
 

今回の要点とまとめ

 
 
・国家安全保障会議の進化の歴史を追うことで、権限委譲計画の骨組みに迫ることができる
 
・1947年の国家安全保障会議(NSC)は、2003年の国家設備保護計画(NIPP)へと繋がる
 
・国家設備保護計画(NIPP)は諮問委員会の導入を検討していた
 
・2006年に国土安全保障省(DHS)は、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC) を設立した
 
・重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)は、連邦諮問委員会免除で設立された
 
・連邦諮問委員会免除で設立されたことが重要になる
 
・重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)の会員は、重要な設備と重要な資源(CI/KR)の所有者と運営者で構成される
 
・2017年1月6日、トランプ氏が正式に大統領になる直前に、選挙設備の保護が、国土安全保障省(DHS)の傘下に入った
 
・2018年11月、トランプ大統領はサイバー保護・設備保護機構(CISA)」を設立した
 
・サイバー保護・設備保護機構(CISA)は、国家の危機管理顧問であり、国を脅威から守り、安全な設備を構築するために協力する
 
・サイバー保護・設備保護機構(CISA)には、選挙設備下位部門がある
 
 
 
1947年から始まった国家安全保障会議(NSC)による流れは、国家設備保護計画(NIPP)へ繋がり、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)へと繋がる。
 
重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)は、連邦諮問委員会免除で設立され、重要な設備と重要な資源(CI/KR)の所有者と運営者で構成される。
 
2017年に、選挙設備の保護は、国土安全保障省(DHS)の管理下になった。
 
2018年11月に設立された、サイバー保護・設備保護機構(CISA)は、選挙設備下位部門を含んでいる。
 
 
 
 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 
 
 
また、国家設備保護計画(NIPP)では、以下のような「諮問委員会」の導入も検討されています。
 
 
この諮問委員会は、重要設備に関連する国家安全保障問題に民間企業を関与させる方法として用いられています。
 
 

諮問委員会

諮問委員会は、助言、提言、勧告を提供します。

政府に対して、重要な設備と重要な資源(CI/KR)保護に関する専門知識を提供する。

政策や活動 また、これらの組織は 官民のパートナーシップと情報共有。

また多くの場合、以下のような新たなメカニズムが提供されます。

民間企業のリーダーからなる既存のグループから 重要な設備と重要な資源(CI/KR)保護政策や計画に対するフィードバック、また特定の政府計画の効率と効果を高めるための提案を行う。

重要な設備と重要な資源(CI/KR)の例、保護関連の諮問委員会とその関連の責務があります。

– 重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)。重要設備提携諮問委員会 (CIPAC) は政府間のパートナーシップである。

連邦政府による「重要な設備と重要な資源(CI/KR)」保護の効果的な調整を促進するため、民間セクターの「重要な設備と重要な資源(CI/KR)」所有者および運営者とともに、重要な設備と重要な資源(CI/KR)を保護する計画です。

重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)は、様々な重要な設備と重要な資源(CI/KR)保護プログラムに従事している。

計画、調整、国家設備保護計画(NIPP)の実施、事故対応を含む運用活動など。

対応、復旧、再構築を行う。

国土安全保障省(DHS)は2006 年 3 月 24 日に連邦官報公告で、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC) を連邦諮問委員会(FACA)として設立することを発表しました。

それは、国土安全保障法第871条に基づく免除団体です。

 
 

今回の要点とまとめ

 
 
・国家安全保障会議の進化の歴史を追うことで、権限委譲計画の骨組みに迫ることができる
 
・1947年の国家安全保障会議(NSC)は、2003年の国家設備保護計画(NIPP)へと繋がる
 
・国家設備保護計画(NIPP)は諮問委員会の導入を検討していた
 
・2006年に国土安全保障省(DHS)は、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC) を設立した
 
・重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)は、連邦諮問委員会免除で設立された
 
・連邦諮問委員会免除で設立されたことが重要になる
 
・重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)の会員は、重要な設備と重要な資源(CI/KR)の所有者と運営者で構成される
 
・2017年1月6日、トランプ氏が正式に大統領になる直前に、選挙設備の保護が、国土安全保障省(DHS)の傘下に入った
 
・2018年11月、トランプ大統領はサイバー保護・設備保護機構(CISA)」を設立した
 
・サイバー保護・設備保護機構(CISA)は、国家の危機管理顧問であり、国を脅威から守り、安全な設備を構築するために協力する
 
・サイバー保護・設備保護機構(CISA)には、選挙設備下位部門がある
 
 
 
1947年から始まった国家安全保障会議(NSC)による流れは、国家設備保護計画(NIPP)へ繋がり、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)へと繋がる。
 
重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)は、連邦諮問委員会免除で設立され、重要な設備と重要な資源(CI/KR)の所有者と運営者で構成される。
 
2017年に、選挙設備の保護は、国土安全保障省(DHS)の管理下になった。
 
2018年11月に設立された、サイバー保護・設備保護機構(CISA)は、選挙設備下位部門を含んでいる。
 
 
 
 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 
 
 
また、国家設備保護計画(NIPP)では、以下のような「諮問委員会」の導入も検討されています。
 
 
この諮問委員会は、重要設備に関連する国家安全保障問題に民間企業を関与させる方法として用いられています。
 
 

重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)の具体的な構成員は、以下のとおりとする。

(a) 各部門の部門調整評議会(SCC)の会員である重要な設備と重要な資源(CI/KR)所有者および運営者(代表的な業界団体または同等の団体を含む)「部門調整評議会(SCC)、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)会員」

および (b) 各部門の政府調整評議会(GCC)の会員である連邦、州、地方および種族の政府機関(代表的な業界団体または同等の団体を含む)「政府調整評議会(GCC)、重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)会員」で構成されます。

 
繰り返しになりますが、「重要設備提携諮問委員会 (CIPAC)の会員は、それぞれの部門の公認部門調整評議会(SCC)の会員である重要な設備と重要な資源(CI/KR)の所有者と運営者で構成される」ということを強調しておきたいと思います。
 
 
このことと2020年の選挙との関係は?
 
 
 
 

サイバー保護・設備保護庁

 
 
 
これにより、選挙設備の保護は、国土安全保障省(DHS)の傘下に入ることになりました。
 
 
 
 
 
独自のウェブサイトによると、「サイバー保護・設備保護機構(CISA)は、国家の危機管理顧問であり、提携者と協力して今日の脅威から守り、将来に向けてより安全で弾力性のある設備を構築するために協力することである。」とあります。
 
 
サイバー保護・設備保護機構(CISA)のウェブサイトには16の重要設備部門がすべて掲載されていますが、ここでは「政府施設部門」に焦点を当ててみたいと思います。というのも、そこには「選挙設備下位部門」があるからです。
 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート5 2/8 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。