ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート6 3/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート6 3/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 
 

今回の要点とまとめ

 

 

・2020年5月後半に起きたジョージ・フロイド氏の死去は、全米で抗議活動を呼び起こした
 
・その抗議活動が1月6日の事件へとつながり、権限委譲計画へと繋がっている
 
・さまざまな政府勢力がそれらの抗議活動を隈なく監視していた
 
・司法省は外国勢力が、それらの抗議活動に関与していたことを発表した
 
・反政府過激派に関する司法省タスクフォースの創設
 
・トランプ大統領はアンティファをテロ組織に分類したいと考えていた
 
 
 

 

2020年5月のジョージ・フロイド氏の死去は、全米で暴力的な抗議活動を呼び起こした。
 
その活動はさまざまな政府勢力に監視されており、背後に外国勢力が関与していることも調査されていた。
 
それに伴い、司法省は反政府過激派タスクフォースを創設した。
 
それは、トランプ大統領が望むところでもあった。
 
 
 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 
 
 

法と秩序

 

 

ここでは、舞台裏で起きた興味深い出来事と、それが1月6日と権限委譲計画にどう結びつくかを紹介します。ジョージ・フロイドの死後の出来事を時系列でご紹介します。
 

 

5月25日 ジョージ・フロイド死去
 
 
 
 
6月1日 トランプ大統領、セント・ジョンズ教会を突然訪問
 

 

 

 

6月1日 セント・ジョンズ教会の写真の数時間後、連邦捜査局(FBI)の偵察機がワシントンD.C.の抗議活動を監視し始めました
 

 

6月1日(月)午後11時前、ドナルド・トランプ大統領が聖書を掲げて写真撮影をするために、連邦警察が催涙ガスや警棒を使ってホワイトハウス前から抗議者を排除した数時間後に、セスナ・サイテーション・ジェット機がバージニア州のマナッサス・リージョナル空港から離陸しました。

午前1時半頃まで、ワシントンDC中心部を中心に7マイルの円を描いて飛行し、デモの様子を監視していたことが飛行追跡記録で明らかになっています。

この飛行機は、連邦捜査局(FBI)が運用する世界でも類を見ないスパイ機で、高性能カメラを搭載し、昼夜を問わず長距離で持続的に映像を監視します。

翌々日の夜も抗議活動が続く中、深夜に市内を旋回することを繰り返し、6月6日にはより短時間の飛行を行った。

 

 
 

 

6月初旬にワシントンDCの上空を飛行した洗練された政府のスパイ機は、連邦捜査局(FBI)のセスナ・ジェットだけではなかった。

6月3日と4日には、航空州兵が運用するRC-26偵察機が、高度2200メートル以下の狭い範囲を飛行した。

これらの飛行機は、連邦捜査局(FBI)のジェット機と同様に、麻薬密売対策のためによく使われている。

航空州兵は空軍マガジンに、これらのフライトは「コロンビア特別区(ワシントンD.C.)の国家警備隊の要請に応えて、同区内の主要な通信回線と重要な設備の空中状況認識を提供している」と語った。

 

 

* 重要なのは、コロンビア特別区国家警備隊を担当しているのは、大統領、国防総省、陸軍長官の順であるということ。
 

 

コロンビア特別区国家警備隊は、1802年にトーマス・ジェファーソン大統領によって、新たに創設されたコロンビア特別区を防衛するために結成されました。

そのため、ワシントンD.C.州兵の司令官は、米国大統領にのみ従属します。

ワシントンD.C.州兵を活動させる権限は、大統領から国防長官に委ねられ、さらに陸軍長官に委ねられている。ワシントンD.C.州兵は、全54州・準州の中で、大統領にのみ報告する唯一の州兵部隊である。

 

 

 

 

我々は、アンティファや他の同様の過激派グループ、そして様々な異なる政治的立場の人物が、暴力行為を扇動し、参加しているという証拠を持っており、また、外国の人物が暴力行為を悪化させるためにあらゆる方面で活躍していることも確認している。

司法省は、コロンビア特別区および全米の秩序回復に努めています。

 

 
 
 
 

 

ここ数週間で見られた法の支配への挑戦には、一時的なものもあれば、持続的なものもあります。

ブーガルー(ブーガルー運動は、大まかに組織されているアメリカ合衆国の極右、反政府、過激派の政治運動)を支持する者、「アンティファ」を自称する者など、反政府の暴力的過激派が無法状態の継続的な脅威となることを示す証拠があります。

さらに、これらの暴力的過激派の中には、わが国に混乱と無秩序をもたらすことを目的とした外国の団体によって強化されている者もいるかもしれません。

司法省は、他の組織化された犯罪者やテロリストのネットワークに対応するのと同じ方法で、これらの暴力的なグループに対応し、その暴力的な活動を混乱させ、最終的に法の支配を脅かす能力を解体する。

タスクフォースの最終的な目標は、暴力行為を行う過激派の起訴を可能にするだけでなく、これらのグループを十分に理解することで、そのような暴力行為を事前に阻止し、公共の安全と法の支配に対する脅威として最終的に排除できるようにすることである。

 

 

上記のタイムラインを見ると、これらのデモでは監視が行われていたことがわかります。

 

また、過激派グループを扱うタスクフォースが設置されていたことも分かっています。

 

また、トランプ大統領はアンティファをテロ組織に分類したいと考えていたこともわかっています。

 

これは軽視できないことです。

 

それが何を意味するのかを理解することが重要です。
 
 
 
 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート6 3/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。