ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート6 5/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート6 5/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 


・アンティファの調査を監督するのは、国家テロ対策センター(NCTC)の長官

・トランプ大統領は2020年3月18日にクリストファー・ミラー氏を国家テロ対策センター(NCTC)の長官に任命した

・ミラー氏は、2020年1月6日から8月7日まで特殊作戦・テロ対策担当国防副次官補(DASD(SO/CT))に就任していた

・ミラー氏は、国家テロ対策センター(NCTC)の長官に就任してアンティファ対策を取る以前から、アンティファに対処する仕事を行っていた

・権限委譲計画の中心にいるミラー氏は、アンティファ対策の中心に存在している

・組織化された外国のテロ組織が、国内のテログループを支援したり指示したりしており、彼らはオフィスを構え、郵便局や金融機関の銀行口座を持っている

 

 


権限委譲計画の中心にいるクリストファー・ミラー氏は、アンティファ対策の中心人物でもある。

ミラー氏によると、アンティファを支援し指示している外国のテロ組織は、米国内にオフィスを構え、銀行口座を持っている

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 


外国または国際的なテロ組織としてのアンティファの調査を監督するのは、国家テロ対策センター(NCTC)の長官です。

お馴染みの顔を復活させましょうか。

 

 

ホワイトハウスは本日、トランプ大統領がクリストファー・ミラー国防副次官補(特殊作戦・テロ対策担当)を国家テロ対策センター;国家情報長官室の長官に指名する意向であると発表しました。

 

 


ドナルド・トランプは2020年3月18日にクリストファー・ミラーを指名し、8月10日に国家テロ対策センター(NCTC)の長官に就任しました。

(警告、紛らわしい略語が出てきました)

 

時系列に注目してください。

 

この指名を受ける前は、特殊作戦・テロ対策担当国防副次官補(DASD(SO/CT))でした。

2020年1月6日から8月7日までその職務に就き、特殊作戦・低強度紛争担当国防次官補(ASD(SO/LIC))の直属となる。

 

 

特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))は、3人の国防副次官補にその仕事をサポートされる。

DASD(特殊作戦・テロ対策担当)

– DASD(パートナーシップ戦略・安定化作戦担当)

– DASD(カウンターナルコティクス・世界の脅威担当)

 

 


この連載の第3回を思い出してください。

クリス・ミラーは、2020年6月19日から2020年8月7日まで特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))の「職務を遂行」していたので、その期間は特殊作戦/低強度紛争担当国防次官補室(ASD(SO/LIC))と特殊作戦・テロ対策担当国防副次官補(DASD(SO/CT))を兼任していたとお伝えしました。

ここでは、彼がそれらの役割で何をしたかを思い出してみましょう。

 

 

現職では、国防長官が指定するテロ対策、軍事情報支援作戦(MISO)、情報作戦、非従来型戦争、非正規戦、直接行動、特殊偵察、対外的な内部防衛、拡散対策、機密性の高い特殊作戦、人員回収・人質問題などにおける特殊作戦部隊の雇用を監督しています。

ミラーは、2020年1月6日に特殊作戦・テロ対策担当国防副次官補(DASD(SO/CT))に就任した。

 

 

ミラーは国家テロ対策センター(NCTC)長官に就任する前、テロ対策のための特殊部隊(特殊偵察を含む)の雇用を積極的に監督していました。

アンチファが外国または国際的なテロ組織として注目されていることを知っていたミラーは、監視活動やその他の関連する活動に直接関与していたはずです。

 

権限委譲計画の中心人物と同じ人物が、アンティファの捜査の中心にいるのです。

 

2020年10月8日に公開されたインタビューから、4分間のクリップを聞いてみよう。クリップは29分51秒から始まります。33分33秒のところまでご覧ください。

 

 

 

 


ここでは、重要なポイントをご紹介します。

 

“我々(NCTC)の任務は、連邦捜査局(FBI)が国内を担当し、要請があればサポートすることだ。

 

我々が注目しているのはそれぞれの繋がりです。

いくつかの繋がりを確認しています。

 

まだ見られないのは、組織化された外国のテロ組織が、国内のグループを支援したり指示したりしていることです。

情報が裏付けられれば、彼らは指定されるでしょう

 

最悪なのは、ロードアイランド通りにオフィスを構え、郵便局や金融機関の銀行口座を持っていることだ。

 

彼らは組織構造ややり方を変えていますが、それこそが我々が注目しているポイントです」。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート6 5/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。