ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート6 6/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート6 6/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 


・1月6日にトランプ大統領が語った “ここにいる皆さんはすぐに国会議事堂に向かって行進し、平和的かつ愛国的に皆さんの声を届けることでしょう” という言葉は、主流メディアから葬り去られている

・1月6日までは、民主党は選挙を盗むことに成功していた

・1月6日の事件はビッグテックがトランプ大統領を検閲することに利用された

・1月6日の事件は民主党側にとって有益な出来事だった

・トランプ大統領は全てを知っていて行動を取り、民主党側を見事に嵌めた

・トランプ大統領はわざと演説に遅れることで、トランプ支持者を演説の場に居続けさせた

・トランプ大統領が演説をしている最中に、国会議事堂のバリケードが破られた

 

 

 

トランプ大統領は1月6日の集会で、平和的に抗議をすることを意図していたが、その声は主流メディアによって潰された。

トランプ大統領がわざと演説に遅れたため、実際に国会議事堂襲撃事件が起こった時には、トランプ支持者は演説を聞いていた。

メディアによって語られる、トランプ支持者による国会議事堂襲撃事件には、実際にはトランプ支持者は参加していない。

それでも、メディアやビッグテックや腐敗した政治家たちは、この事件を利用してトランプ氏を検閲し弾劾している。

だが全てはトランプ陣営による計画的な行動だった。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

 

さて、そろそろ私の本題に入りましょうか。

 

2021年1月6日


“ここにいる皆さんはすぐに国会議事堂に向かって行進し、平和的かつ愛国的に皆さんの声を届けることでしょう” これは主流メディアが積極的に国民から葬り去った言葉ですが、これはトランプ大統領が語った言葉です。

彼の支持者たちも聞いていたと思います。

 

議事堂の暴動は、トランプ大統領の敵が使った最大のチェスの動きのひとつです。

 

 

1月6日までの間、彼らは選挙を盗むことに成功し、話をそらし、煙にまき、物語を紡ぐことができたことを思い出してください。

彼らが必要としていたのは、選挙人団の投票によって選挙結果を確定させることでした。

 

唯一の問題は、投票に異議を唱える法的な方法があることでした。

共和党は前もってそうすると言っていた。

 

バイデンたちにとって幸運だったのは、「議事堂が破られた」「トランプとその支持者たちは我々の政府を転覆させようとしている」ということだった。

 

塵も積もれば山となるで、もう誰も投票への挑戦については語りませんでした。

彼らはすぐにバイデンへの「投票」を進め、今に至っています。

あの日の結果として起こったことをいくつか考えてみましょう。

 

 

・選挙人の投票は異議なく行われた。

・ソーシャルメディアとビッグテックは、トランプとその支持者を検閲するための口実としてそれを利用した。

・彼が「退任」したにもかかわらず、2度目の弾劾を正当化するために使われた。

・大多数のトランプ支持者は何も悪いことをしていないのに、国会議事堂にいるというだけで追いかけて投獄した。

・彼らは、議事堂にいなかったトランプ支持者を標的にするために使いました。

・彼らはそれを使って、このインチキな1月6日の委員会を始めました。

・彼らは、監査を無効にしようとする「暴動」の物語を使い続けている。

 

 

1月6日の出来事は、トランプにとってよりも、トランプの敵にとってはるかに有益なものであり、このようなことが起こることはとても明白でした。

アンティファはこの種のイベントに潜入することで知られていますが、トランプは彼らに大きなチャンスを与えてしまいました。

 

彼は何を考えていたのか?

 

いつものように、彼は10歩先を考えていました。

トランプは彼らを嵌めたのです。

 

まず、イベントのタイムラインを見てみましょう。

 

トランプ氏は、米国東部標準時の午前11時にスピーチをする予定でした。

 

彼らは彼の開始時刻である11:00 AMをいたるところに貼り付けました。

 

私は個人的にスピーチを見て、彼が始めるのを待っていたことを覚えています。

とても興奮していたので、永遠に続くように感じました。

選挙の不正を許さないことを明らかにするスピーチだと確信していたからです。

 

しかし、彼は1時間遅れで正午頃にスタートしました。

私たちが期待していたような「暴露」ではありませんでした。

 

 

演説は1時間12分で、午後1時12分に終了しました。

 

議員たちは午後1時(米国時間)から国会議事堂での合同会議に集まっています。

演説会場は、議事堂から1.5km以上離れたエリプス公園で行われた。

 

議事堂のバリケードが破られたのは、米国東部時間午後1時5分。

 

 

時間の計算が合わない。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート6 6/7 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。