ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート7 11/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート7 11/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・トランプ大統領は議事堂乱入事件の前日に大統領令13971を発令した

・それは、大統領令13873の追加措置として発令され、敵対する外国勢力が関わる選挙設備に対して具体的な対策をとることを示唆している

・大統領令13971では、テンセント社を法律の適用される範囲内において、米国内で使用することを禁止にした

・テンセント社は、「議決権行使または選挙の手配」の特許を保有している

 

トランプ大統領は、議事堂乱入事件の前日に、敵対する外国勢力が関わる選挙設備に対して具体的な対策をとる大統領令を発令した。

そこでは、選挙に関する特許を持つテンセント社を米国内で使用禁止にすることが含まれている。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

案の定、「暴動」の前日の1月5日にトランプは大統領令13971を発令しました。

中国企業によって開発または管理されたアプリケーションおよびその他のソフトウェアによってもたらされる脅威に対処する。

 

 

I. アメリカ合衆国大統領トランプは、2019年5月15日の大統領令13873(情報通信技術・サービスのサプライチェーンの確保)で宣言された情報通信技術およびサービスのサプライチェーンに関する国家的緊急事態に対処するために、追加の措置を取らなければならないと判断する。

具体的には、香港・マカオ(中国)を含む中華人民共和国の人物が開発または管理する特定の接続されたモバイルアプリケーションやデスクトップアプリケーション、その他のソフトウェアの米国内での拡散のペースと広範性が、米国の国家安全保障、外交政策、経済を引き続き脅かしています。

現時点では、これらの中国製接続ソフトウェアアプリケーションがもたらす脅威に対処するための行動を起こさなければなりません。

第1項 (a) 以下の行為は、適用される法律で認められる範囲内で、この命令の日付から45日後から禁止されるものとする:

いかなる人物によるいかなる取引も、またはいかなる財産に関しても、米国の管轄下に置かれる。

以下の中国製接続ソフトウェアアプリケーションを開発または管理している人物との取引。

本項(e)に基づき商務長官(長官)によって特定された取引および人物:.

Alipay、CamScanner. QQ Wallet、SHAREit (h)テンセント QQ(h). VMate. WeChat Pay、およびWPS Officeです。

 

 

“以下の中国関連ソフトウェアを開発または制御すること”。

私は情報通信技術(ICT)の世界に非常に詳しいわけではありませんが、もしかしたら他の誰かが詳しいかもしれないので、私はこれからいくつかの推測をするので、それを覚えておいてください。

このような記事は、私が情報を発信するための最良の方法ですので、もし誰か他の人が、私がこれから行う推測を強化したり反証したりすることができれば、私は喜んでそれを共有したいと思います。

 

 

トランプ大統領が今回の大統領令で特別視した企業の一つがテンセントQQです。

 

テンセント QQはテンセント・ホールディングス・リミテッドが所有しています。

テンセント・ホールディングス・リミテッドは、インターネット関連のサービスや製品を扱う多くの子会社を様々な市場に持っています。

その子会社の一つが、テンセント・テクノロジー(シンセン)カンパニー・リミテッドです。

 

米国では、特許にさまざまな分類があります。

そのような分類の1つが、クラス705/12「議決権行使または選挙の手配」です。

 

 

12 議決権行使または選挙の手配。

本下位分類は、下位分類1.1の下に挿入されている。

複数の参加者による選挙の結果を決定する主題。

235、 登録、下位分類386に、様々なカテゴリーを代表する手書きのコード化された指標が記載されたシートを読み取り、各カテゴリーの合計値を提供するシステムがある。


(挿入)

12 議決権行使または(h)選挙(h)の手配。本下位分類は、下位分類1.1の下に挿入されている。(h)複数の参加者による選挙の結果を決定する主題。 
235、 登録、下位分類386に、様々なカテゴリーを代表する手書きのコード化された指標が記載されたシートを読み取り、各カテゴリーの合計値を提供するシステムがある。

(挿入)


テンセント社(上海)は、705/12「議決権行使または選挙の手配」の特許を保有しています。

(次の記事を参照)要旨ではソーシャルネットワークについて述べられていますが、実際の特許に目を通してみると、どちらかというとサーバーに関するもののようです。

お願いします、誰か私より腕のいい人がこれを調べてください。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート7 11/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。