ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート7 12/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート7 12/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・2020大統領選挙に関わった会社は、中国製の部品とソフトウェアを使用している

・米国政府を支える立法部、行政部、司法部のうちの2つが外国の敵対者によって懐柔されている

・大統領が直接に軍隊を使うことは法律により禁止されているが、憲法や議会が踏み躙られた場合は例外になる

・トランプ大統領は、盗まれた選挙に対抗し、修正するために、軍に改善策を講じる機会を与えた

 

2020大統領選挙は、中国製の部品とソフトウェアを使用し、中国の息のかかった会社が選挙設備を管理することで不正が行われた。

奪われた選挙を取り返す行動は、立法部と司法部の腐敗により阻止された。

そのような場合には、大統領は軍を使って対策することができる

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

(訳注:以下はテンセント社が取得した特許についての詳細ですが、語彙が専門的すぎて訳しきれませんでした。。。)

 

 

相互作用システムおよび方法、利用者、およびバックグラウンドサーバ

特許番号:10861107

概要:方法であって、以下を含む

SNSプラットフォームのユーザの利用者端末で、以下を行う。

第1のリソースパブリッシャによって発行された第1のネットワークリソースを表示するステップと、前記第1のネットワークリソースまたは前記第1のリソースパブリッシャの識別子に関連して、リソース報酬アフォーダンスを表示するステップと、前記リソース報酬アフォーダンスのユーザによる選択を検出するステップと、を含む方法。

リソース報償アフォーダンスが第1のネットワークリソースまたは第1のリソースパブリッシャーの識別子と関連して表示されている間に、リソース報償アフォーダンスが選択されたという決定に従って、SNSプラットフォーム上で第1のリソースパブリッシャーに報償するためのリソース報償動作を開始するステップであって、リソース報償動作は、SNSプラットフォーム上で、ユーザのSNSアカウントから第1のリソースパブリッシャーのSNSアカウントに報償品を転送するステップを含む。

タイプ グラント申請中 2017年9月20日

特許取得日 2020年12月8日 譲受人 TENCENT TECHNOLOGY (SHENZHEN) COMPANY LIMITED

投資者: Wen Zha、Kai bin Chen、Changpeng Pan、Dong Huang、Linping Tang、Ge Liang

 

 

私たちの選挙を行った会社の一つは、中国共産党関連会社のハードウェアまたはソフトウェアを使用していますか?

投票と選挙の特許を持っている会社ですか?

私はトランプが中国共産党を捕まえて、これは彼なりの伝え方で、「暴動」の偽旗の前日に伝えたのだと思っています。

 

 

クロージング

 

この国には、外国の敵からの援助で選挙を盗んだ政党があります。

連邦政府機関はそれに加担し、裁判所でさえも見て見ぬふりをしていました。

連邦政府には3つの支部があります。

立法部、行政部、司法部です。

そのうちの2つの支局が、外国の敵対者に妥協を許したらどうなるでしょうか。

これは、立法府と司法府の両方が完全に失敗したことを意味します。

 

 

憲法は、議会が「連邦法を執行し、反乱を鎮圧し、侵略を撃退するため」に民兵の使用を許可することを認めています。

このような憲法上の規定は、1878年に民兵隊壮年団法(PCA)(合衆国法典第18条第1385項)が成立する前後に何度も発動された暴動法に反映されている。

 

 

この民兵隊壮年団法(PCA)は、憲法や議会法によって明示的に許可されている場合を除き、大統領が軍隊のいかなる部分も法の執行に使用することを禁じている。

もし、憲法が踏みにじられたらどうなるでしょうか?

もし議会が危険にさらされていたらどうなるでしょうか?

 

 

憲法は、各州が「共和制政府」を簒奪されないように保護することを保証しています。

もしその簒奪が、州ではなく連邦区であるワシントンD.C.の政府のメンバーによって許されていたとしたらどうでしょう。

 

 

これらの疑問に対する答えは明らかです。

創設者が意図した憲法上の政府形態を取り戻すには、軍隊が唯一の解決策なのです。

 

 

ドナルド・J・トランプ大統領は、盗まれた選挙に対抗し、修正するために、軍に改善策を講じる機会を与えました。

すべては、彼らがその機会をつかむことを意味しています。

 

 

最高のものはまだ来ていない。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート7 12/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。