ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート7 8/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート7 8/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 


・情報通信技術(ICT)とは、現代のコンピューティングを可能にする設備と構成要素のこと

・情報通信技術(ICT)は、デジタル技術に関連するすべての構成要素を包括的に表し、それらを応用したものも含んでいる

・そこには大きな可能性と大きなリスクが含まれている

・悪意を持った者が、情報通信技術(ICT)を利用し、金銭や知的財産を盗むだけでなく、重要な設備を制御するシステムを破壊することもできる

 


大統領令13873で言及されている情報通信技術(ICT)とは、デジタル技術に関連する構成要素と、それらを応用したもの。

悪意を持った者が情報通信技術(ICT)を使用すると、金銭や知的財産を盗むだけでなく、重要な設備を制御するシステムを破壊することもできる。

 

 


ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

情報通信技術(ICT)とは一体何なのか?

 

 

情報通信技術(ICT)とは、現代のコンピューティングを可能にする設備と構成要素のことです。

情報通信技術(ICT)の唯一の普遍的な定義はありませんが、一般的には、人々や組織(企業、非営利団体、政府、犯罪企業など)がデジタルの世界で相互に作用することを可能にする、すべてのデバイス、ネットワーク構成要素、アプリケーション、システムを意味すると考えられています。

情報通信技術(ICT)システムの構成要素情報通信技術(ICT)には、インターネットが利用できる領域と、無線ネットワークを利用したモバイル領域の両方が含まれています。

また、固定電話やラジオ・テレビ放送などの古い技術も、人工知能やロボット工学などの最先端のICTに加えて、今日でも広く使われています。

情報通信技術(ICT)は、情報技術(IT)と同義語として使われることもあります。

情報通信技術(ICT)は、一般的には情報技術(IT)よりも広く、コンピュータやデジタル技術に関連するすべての構成要素を包括的に表すために使用されます。

情報通信技術(ICT)の構成要素のリストは網羅的で、今も増え続けています。

コンピューターや電話機のように、何十年も前から存在するものもあれば、スマートフォンやデジタルテレビ、ロボットのように、最近登場したものもあります。

しかし、情報通信技術(ICT)は単に構成要素のリストを意味するだけではありません。しかし、情報通信技術(ICT)は構成要素だけではなく、それらを応用したものも含んでいます。

ここにこそ、情報通信技術(ICT)の真の可能性、パワー、そして危険性があると言えるでしょう。

しかし、情報通信技術(ICT)は組織や個人だけでなく、社会全体にも問題や課題をもたらしています。

データのデジタル化、高速インターネットの利用拡大、そしてグローバルネットワークの拡大は、新たなレベルの犯罪を引き起こしています。

悪意を持った人たちが、電子的なスキームを利用したり、システムに不正にアクセスしたりして、金銭や知的財産を盗むという新しいレベルの犯罪を引き起こしています。

また、重要な設備を制御するシステムを破壊することもできます。

情報通信技術(ICT)はまた、自動化とロボットをもたらし、技術を移転できない労働者から仕事を奪います。

また、情報通信技術(ICT)は、より多くの人々が人との交流を制限することができるようになったことで、人と人とのつながりが希薄になっていると危惧する人もいます。

人間らしさの一部を失ってしまうのではないかと懸念する人もいます。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート7 8/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。