ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 12/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート8 12/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

 

今回の要点とまとめ

 

 

・1月6日に行われた大統領選挙人票の集計での上院議長としてのマイク・ペンスの手紙は、権限委譲理論を理解するのに重要なもの

・ペンス氏は、不正選挙票に対応するのは、副大統領ではなくて、議会の義務だと述べている

・ペンス氏は、全ての議員に義務を遂行するように求めている

・ペンス氏は、副大統領として選挙票に投票しないことで、議会に不正選挙を防ぐ自由意志を与えた

 

 

マイク・ペンス氏は、裏切り者扱いされることを承知の上で、選挙人投票の変更に対して口出ししないことを選択した。

その結果、不正選挙を防ぐ自由意志は議会に委ねられた。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

ここでペンスは宣誓を持ち出す。

この点についてはまた述べるが、ここでも彼は、憲法上の役割から投票に口を挟むことはできないと述べている。

そして、特に議会を持ち出し、「選挙人団の投票集計中に選挙論争が生じた場合、その論争に対処する」義務があると述べています。

“異議申し立てと証拠提出のために法の下の権限を行使せよ “と歓迎しています。

これは、もし誰かが盗まれた選挙を防ぐことができるとしたら、それは選挙人団の投票中の合同会議のメンバーであることを伝える彼の方法です。

 

 

私は議長として、代表と上院議員の両方によって提唱された異議申し立てが適切に考慮され、その異議申し立てを裏付けるすべての事実が議会とアメリカ国民の前に提示されるようにする。

選挙人名簿法に基づく異議申し立てが不適切あるいは非民主的であると指摘する人々は、130年以上の歴史を無視し、共和党の大統領候補が勝利した過去3回の議会で、民主党がそれぞれ異議申し立てを行ったことを認めていない。

今日、議会が選挙人団の票を数えるために合同会議を招集するとき、議長を務めるのは私の義務であり、私はできる限りそうするつもりである。

私の前に集う下院議員および上院議員には、同じ使命感と広い心でこの瞬間に臨み、政治や個人的な利益を脇に置いて、憲法の下で忠実に職務を遂行するようお願いするのみである。

私はまた、ジョン・クインシー・アダムズの言葉、”義務はわれわれのもの、結果は神のもの “を思い起こし、謙虚さと信念を持ってそれを実行するよう祈る。

 

 


この段落はとても重要です。

「私の前に集まる衆議院議員や上院議員には、同じように義務感と広い心でこの瞬間に臨み、政治や個人的な利益を脇に置いて、憲法の下で忠実に義務を果たすために自分の役割を果たすことだけを求めます」と述べているのです。

 

 

新しい議会の開会に際して、6年の任期を始める下院議員は、議会宣誓と呼ばれるものを唱えなければなりません。

 

 

宣誓 あなた方は厳粛に、国内外のすべての敵に対して合衆国憲法を支持し、擁護すること、合衆国憲法に対して真の信仰と忠誠を尽くすこと、この義務をいかなる心の留保や忌避の目的もなく自由に負うこと、これから就く職務の義務を十分かつ誠実に履行することを誓うものとする。

神よお助けください。

(上院議長が使用したプロム印刷のカードより)

 

 

この手紙の中で、彼は議会の宣誓を思い出し、そのために同じ言葉をいくつか使っています。

「忠実に職務を遂行する。」

まるで、命綱を与えているようなものだ。

彼は、国のために正しいことをしなさい、大統領選挙が盗まれるのを許してはいけない、と言っているのです。

 

 

4年前、私は家族に囲まれながら、憲法を支持し、守ることを誓った。

その誓いは、「神よお助けください」という言葉で結ばれていた。

今日、私は、米国民に対して行った宣誓を守り、全能の神に対して行った宣誓を守ることを保証したいと思う。

本日、連邦議会合同会議が招集されたとき、私は、いくつかの州の選挙人の証明書を開封し、上院議員および下院議員から出された異議を聴取し、大統領と副大統領の選挙人団の投票を、憲法、法律、歴史と一致する方法で数えるよう、自分の義務を果たすつもりである。

神よお助けください。

マイケル・R・ペンス  アメリカ合衆国副大統領

 

 

彼は私たちと全能の神への宣誓を守ると断言した。

彼の私たちへの宣誓は、”国内外のあらゆる敵に対して合衆国憲法を支持し、擁護する “というものです。

私は、マイク・ペンスがその約束に忠実であったと心から信じています。

 

 

選挙人団の投票において、マイク・ペンスは、憲法上の役割と矛盾するような特別なことはせず、実際に、副大統領がこれまでに行ったことのない最も特別なことをしました。

自分の義務を果たすことによって、彼は議会に自分たちの運命を選択する機会を与えたのです。

 

権限委譲計画はすでに始まっており、彼の役割は、議会がそこまでさせるなら、バイデンが選挙人団の投票で勝てるようにすることだったのです。

多くの人が彼に裏切り者の烙印を押すことを知っていたにもかかわらず、彼はその時々に要求されたことを正確に実行したのです。

 

 

私たちは、マイク・ペンスに感謝しなければならない。

 

最高のものはまだ来ていない。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 12/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。