ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 3/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート8 3/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 


・ラトクリフ国防長官は、12月12日にトランプ大統領と時間を過ごした

・トランプ大統領は、選挙で不正があったことを公然と発言している

 

 

12月12日に国家情報長官との長い対話をした翌日に、トランプ大統領は不正選挙の詳細についてツイッターで発言している。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 


ジョン・ラトクリフ

 

2020年12月12日、ジョン・ラトクリフ国家情報長官がツイッターにこんな投稿をしました。

 

 

ジョン・ラトクリフ (@JohnRatcliffe)

トランプ大統領と共に、今日のカレッジフットボール最大のライバルである陸軍と海軍の試合でアメリカの軍隊を称えるために旅をしています。


そこで、ラトクリフ国家情報長官が12月12日にトランプ大統領と重要な時間を過ごしたことがわかっています。

その翌日、12月13日にトランプ大統領はツイッターにこのように投稿しています。

(これらはルアーハウンドとテレグラムのジョンが参照していたツイートです)

 

 

 

 

ドナルド・J・トランプ@realDonaldTrump

大規模な投票者詐欺を発見したスウィングステートは、厳罰に処するべき罪を犯すことなく、これらの投票を法的に証明することはできない。

死者、低年齢者、不法移民、偽の署名、囚人、…誰もが知っている。

ドナルド・J・トランプ @realDonaldTrump

多くの人が違法に投票した。また、機械の「不具合」(FRAUD/不正の別の言葉)、投票用紙の収穫、非居住者、偽の投票用紙、「投票箱の詰め込み」、有料の投票、共和党の世論調査員の乱暴、時には投票する人よりも多くの票を、取った…。

ドナルド・J・トランプ @realDonaldTrump

場所はデトロイト、フィラデルフィア、ミルウォーキー、アトランタ、ピッツバーグ、その他です。

すべてのスウィングステートのケースで、その州、そして選挙自体に勝つために必要な票数よりもはるかに多くの票があるのです。

したがって、投票は証明できません。

この選挙は抗議されています!

 

“大規模な投票者詐欺を発見したスウィングステート、それはそれらすべてであるが、これらの投票を完全かつ正しいものとして合法的に認証することはできない… 

すべてのスウィングステートのケースで、州、そして選挙自体に勝つために必要なよりもはるかに多くの票が存在する。

従って、投票を証明することはできません。この選挙は抗議中である!

 

 

トランプはツイッターで選挙の不正について平気で吐露していましたが、ジョン・ラトクリフ国防長官と二人きりでかなりの時間を過ごした翌日、不正の具体例(機械の「不具合」を含む)について吐露し、合法的に投票を認証できないと二度も発言しています。

(トランプ大統領が選挙人団の投票を停止したことについての私の説を紹介した権限委譲理論 – パート 4を思い出してください)。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 3/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。