ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 4/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート8 4/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 


・12月12日に国家情報長官が大統領と長時間過ごした

・その時の報告書には、中国が選挙に介入した事と、情報機関はそれを隠蔽していた事が含まれていたと思われる

・ラトクリフ国家情報長官は、中国に関連する機密情報を全て知っている

・国家情報長官は12月12日の時点で、情報機関が隠蔽を試み、報告書の提出が遅れることを知っていた。

 

国家情報長官は、中国に関連する機密情報を全て知っており、12月12日にトランプ大統領と長時間過ごした際に報告していたと思われる。

 

 


ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

陸軍と海軍のフットボールの試合の日、ジョン・ラトクリフ国家情報長官(DNI)とトランプ大統領は何を話したと思いますか?

私は、「権限委譲理論 – パート 7」で取り上げたことと関係があると思います。

以下、その記事から大統領令13848の関連する内訳を紹介します。

 

 

-米国の選挙が終了してから45日以内に、国家情報長官(DNI)は他の者とともに、我々の選挙に対する外国の干渉を示すあらゆる情報の評価を実施することである。

– 評価を受けてから45日以内に、司法長官と国土安全保障省長官が、以下を評価する報告書を作成すること。

– 外国の干渉が選挙インフラのセキュリティと完全性、票の集計、結果の送信にどの程度影響を与えたか、

– 外国の干渉が特定の選挙運動や候補者に関連する選挙インフラを標的とした場合、それがその選挙運動の情報やデータにどのように影響を与えた可能性があるか

– その報告書を受け取るメンバーの一人は国防長官である

– 報告書には、適切な場合、制裁措置以外に米国政府が取るべき救済措置に関する勧告を含めること

つまり、「いかなる機関の長または他の適切な役人」はいつでも、「米国選挙に対する外国からの干渉に関する分析、情報、評価、または評価」を「大統領に提出」することができるということである。

これはまた、「適切な役人」が米国の選挙に対する外国からの干渉を示す情報を持っている場合、その情報を「独立した報告書として大統領に提出」できることを意味する。

これは爆弾発言である。

「仮定の話だが、もし我が軍が米国の選挙に対する外国からの干渉を示すいかなる情報にも遭遇した場合、彼らはそれを独立した報告書として大統領に直接報告することができ、いつでもそれを行うことができるのだ。

他のすべての機関の長を完全に迂回することができ、45日×45日のタイムラインにこだわる必要もないのです。

 

 

権限委譲計画の始動に軍が直接トランプに会いに行くという仮説を提示しましたが、この記事のためのリサーチで、私は違う結論に達しました。

前回も言いましたが、私の理論は研究を続けることでどんどん進化していきます。

状況証拠が私を強制するときだけ、私は何かについての私の理論を変更します。

 

 

ラトクリフ国家情報長官が12月12日にトランプ大統領に提出した報告書には、2つのことが書かれていたと思う。

1.中国が選挙に介入した

2.情報機関はそれを隠蔽していた。

 

 

ラトクリフ国家情報長官がトランプ大統領と陸海軍の試合に出席した6日後、情報機関の評価が「中国が2020年の選挙に影響を与えようとしたかどうかで論争する中で」延期されると報道されました。

 

権限委譲理論 – パート 7では、2021年1月7日にようやく情報機関が評価を提出すると、ラトクリフ国家情報長官(DNI)が「情報機関の選挙セキュリティ分析に関する見解」と題するメモを発表したことが紹介されています。

そのメモの最初の段落はこうなっている。

 

 

中華人民共和国に関する米国政府の最も機密性の高い情報のすべてを消費する個人としての私のユニークな立場から、情報機関(IC)アナリストが表明した大多数の見解が、中国政府による2020年の米国連邦選挙への影響力の範囲を完全かつ正確に反映しているとは思わない。

 

 

彼は「中華人民共和国に関する米国政府の最重要機密情報をすべて消費する個人」であると述べている。

 

国家情報長官(DNI)である彼は、12月12日の陸軍と海軍のフットボールの試合の時点で、情報機関の評価が遅くなることを知っていたはずである。

彼は、彼らが隠蔽を試みていることを知っていた。

私は、彼が知っていることを彼らに警告したとさえ思っている。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 4/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。