ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 9/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート8 9/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・ウィンストン・チャーチルの言葉は、不正選挙の被害にあったアメリカにとって重要な物

・市民の持つ自由度を測る事で、その国の文明度を測る事ができる

・市民の良識と注意深さが機能している場合には、アメリカとイギリスは文明の最前線に立つ事ができる

・裁判所の独立は、自由と平等な法の支配を保証するもの

・合衆国憲法は無政府と専制政治の問題を解決した

・合衆国憲法は広大な大陸の多様な文化と利害関係を包括した物なので、簡単に捨ててはならない

 

 

チャーチルによると、アメリカの憲法は非常に広大な土地の多様な文化と人々を包括した物で、文明の最前線に立つ物だから、簡単に捨て去ってはいけない。

そのためには市民の良識と注意深さが重要になり、裁判所がしっかりと機能する必要がある。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

私はどのような共同体でも、簡単なテストによってその文明を判断する。

「市民や臣民が持っている自由の程度はどの程度か?」

「確立された、よく知られた法律のもとで、自由に考え、話し、行動することができるか?」

「行政府を批判することができるか?」

「国家が彼の権利を侵害した場合、彼は国家を訴えることができるのか?」

「また、新しい状況に合わせて法律を変更するための優れたプロセスがあるか?」

これらの基準から判断して、イギリスとアメリカは文明社会の最前線にいると主張することができる。

しかし、これは市民の良識と注意深さによるところが大きい。

両国において、司法の性格は、個々の市民の権利と自由を維持するために不可欠な要素である。

わが国の裁判官は、私人による不正行為からだけでなく、公権力の恣意的な行為からも、すべての人を公平に保護する。

裁判所の独立は、われわれすべてにとって、自由と平等な法の支配を保証するものである。

したがって、司法裁判所の独立を維持することは、自由主義国の市民の第一の関心事でなければならない。

その独立が、時の政府にとっていかに不都合であろうとも。

しかし、こうしたことはすべて、平和な状況、軍国主義や官僚主義ではなく、文明的な雰囲気を意味する。

それは、社会のバランスと均衡を意味し、徐々にしか変えることができない。巨大な経済共同体の構造を構築することは非常に困難であり、またそれを混乱に陥れることは非常に容易である。

変革の責任は常に変革を提案する側にあり、変革のプロセスは、過去に起因するものと未来に要求されるものを考慮しない限り、ほとんど有益なものとはなりえない。

アメリカ共和国の建国者たちが、その独立宣言の中で、アメリカのすべての立派な息子たちを拘束する義務として「第一原理に頻繁に立ち返る」ことを教え込んだのは、他にも多くの理由があるからである。

私たちは、過去の壮大でシンプルな宣言を簡単に脇へ追いやってはならない。

すべての知恵は、新しい知恵ではない。

19世紀の栄光は、無政府と専制という2つの呪いを見事に打ち負かしたと思われることの上に築かれたことを、決して忘れてはならないのである。

私たちが議論しているのは、固定憲法が防波堤になるか、それとも足枷になるか、という問題である。

私が書いたものから、私が憲法を防波堤とみなす人々の側に傾いていることは明らかであり、私は市民を国家よりも高く位置づけ、国家は市民の固有の権利を保護する限りにおいてのみ有用であるとみなしているのである。

あらゆる形態の専制政治は、忌むべきものである。

市民、一家の父、一家の主にとって、専制政治が(中略)から来るかどうかは、ほとんど違いがないのである。

王室や帝国の専制君主、ローマ教皇や奉行、軍事カースト、貴族や富裕層の寡頭政治、雇用者の輪、労働組合、党員集会、最悪の場合、恐怖と怒りに満ちた暴徒の中から。

男はそのために男である。

重要なのは、どのような形であれ、抑圧に立ち向かい、故郷の島、人生、魂を守ることができるかどうかということだ。

そしてここに、私たちがそれぞれの国の憲法を検討し、対比できるポイントがあります。

【イギリスに関する部分は省略】

米国の広大な面積と、アメリカ連合の48の主権国家を区別する気候と性格の多様さ、さらに南北や東西の間の不可避の利害対立を考慮すると、これほど広大な連邦の参加者は基本法について効果的に保証される権利があり、特定の緊急事態や国の一部に合わせてこれらを容易に変更してはならないように思われます。

連邦の創設者たちは、当時、連邦の構成要素は非常に小さかったが、このことを深い確信を持って理解していた。

彼らは、これほど多様なコミュニティと広大な地域のための立法を、単純な多数決に委ねることは不可能だと考えたのである。

彼らは、議会の愚行と不寛容を、王侯の圧制と同様によく知っていた。

1787年大会の主要メンバーは、「議会の権限と行動を支配する憲法によって、アメリカ諸国に留保されている政府の科学と実践を改善することである」と述べている。

【イギリスに関する部分は省略】

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート8 9/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です