ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 1/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 1/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・統合参謀本部は、米国国防総省の最高幹部で構成される組織で、大統領や軍関連機関などの軍事顧問を務める

・統合参謀本部は、軍隊の指揮権を持たない

・統合参謀本部は、軍の行動指針を定義する

・軍の行動指針では、国土の防衛が最優先事項とされている

 

 

統合参謀本部は、米国国防総省や軍関係者の最高幹部によって構成され、大統領や、国防長官、国土安全保障会議、国家安全保障会議の軍事顧問を務める

軍の上位に位置する機関だが、軍隊を直接に指揮する権限は持たない。

その代わりに、軍隊の行動指針を定める事ができる。

その中では、国土防衛が最優先事項になっている。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

統合参謀本部

 

 

統合参謀本部は、米国国防総省の制服組の最高幹部で構成される組織である。

米国大統領、国防長官、国土安全保障会議、国家安全保障会議の軍事顧問を務めるのが主な役割である。

 

統合参謀本部は、議長(CJCS)、副議長(VJCS)、陸軍、海兵隊、海軍、空軍、宇宙空軍の各軍務長官、州兵局長で構成され、そのほかにも陸軍、海兵隊、海軍、宇宙空軍、州兵局長がいる。

 

各軍務長官は、統合参謀本部(JCS)の任務以外では、陸軍長官、海軍長官、空軍長官など、それぞれの軍部の長官の下で直接仕事をする。

 

統合参謀本部は、軍隊の指揮権を持たない。

 

 

統合参謀本部の執行権限は変化している。

第二次世界大戦中、米統合参謀本部は、戦域司令官や地域司令官との取引において執行代理人として行動したが、1947年の当初の国家安全保障法では、統合参謀本部は戦闘部隊の司令官ではなく、計画者及び「助言者」として考えられていた。

これにもかかわらず、1948年のキーウエスト協定では、統合参謀本部のメンバーが統一司令部の執行代理人となり、執行代理人が戦闘部隊との直接連絡を発信できる責任が認められていた。

議会は1953年の国家安全保障法の改正で、この権限を廃止した。

今日、統合参謀本部は戦闘部隊を指揮する行政権を持たない。

1986 年のゴールドウォーター・ニコルズ国防総省再編成法によって、行政権限の問題は明確に解決された。

「軍部の長官は、その管轄下にあるすべての部隊を、統一および特定の戦闘部隊に割り当て、これらの部隊に与えられた任務を遂行させるものとする」、指揮系統は「大統領から国防長官、国防長官から戦闘部隊の司令官に至る」、であった。

 

 

その諮問的役割の一環として、統合参謀本部は統合軍事行動指針と呼ばれるものを作成する。

 

 

統合軍事行動指針は、共通の目的に向かって協調的かつ統合的な行動で米軍の雇用を導く基本原則を提示する。

それは、軍事作戦を計画し、訓練し、実施するための共通の観点を促進する。

それは、何が正しいか(すなわち、何が最も効果的か)について教えられ、信じられ、主張されているものを表します。

国家目標を達成するための作戦において、国力の軍事的手段を用いることから得られる、蒸留された洞察と知恵を提供するものである。

統合戦力開発部長の指示により、19 年 1 月 1 日から適用される。

統合軍事行動指針は公式の助言を構成するが、あらゆる状況において、指揮官の判断が最も重要である。

この説明は、共同軍事行動指針の方針と資料(例:共同出版物の前書き)に取り込まれ、今後実施される。

 

 

統合参謀本部は、一連の統合出版物(JP)を通じて、統合軍事行動指針の概要を説明します。

これらの出版物は、私たちは軍がどのように動作するかの詳細な外観を提供する情報の宝庫を提供しています。

これらの統合出版物(JP)から指摘する最初の事は、国防総省と軍の機能と優先順位です。

 

 

3.国防総省の機能 高官によって規定されるように、国防総省は以下のために軍隊を維持し、使用する:

a. 内外のすべての敵から合衆国憲法を支持し、防衛する。

b. 適時かつ効果的な軍事行動により、米国、その領土、およびその利益にとって不可欠な地域の安全を確保する。

c. 米国の国家政策と国益を支持し、促進する。

(1) 国土を確保する。

米国の国土を確保することは、国家の最優先事項である。

米国本土は、敵対する国家、集団および個人から危害を受ける可能性に絶えずさらされている。

国家は、このような脅威に対して警戒し、守らなければならない。

国土防衛は国防総省の最優先事項であり、国土からできるだけ離れた場所で脅威を特定し、撃退することを目標とする。

抑止力と安全保障協力は、国土防衛(HD)に関連し、個別の安全保障上の課題として適格である。

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 1/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。