ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 10/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 10/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・選挙保護チームは敵の行動に焦点を合わせている

・国家情報長官は、トランプ大統領と会う3日前に宇宙軍の設立を発表した

・宇宙軍は、サイバーコムと国家安全保障局(NSA)に選挙設備を守るために必要な最大限の能力を与えるために必要

・軍は不正選挙対策をしっかりととっていたので、証拠を掴んでいることは明白

 

 

宇宙軍が設立された事で、サイバーコムとNSAが選挙を守る能力が格段に上がった。

軍はその能力を使い、不正選挙対策をしっかり行なっていたので、証拠を掴んでいることは明白である。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

選挙警備が国防総省の永続的な任務であり続けるように、国家安全保障当局はアメリカ人が投票する権利を行使できるようにすることの重要性を強調する – 一票を投じることは、一票を数えることである。

 

 

2020年1月30日 – 米サイバー軍とNSAが選挙を安全に保つために提携。

 

 

米国の選挙サイクルが熱を帯び始める中、米国の民間および軍のインターネットセキュリティのリーダーは、そのプロセスを妨害しようとする何者に対しても積極的に反撃することを明確にしている。

「私たちは、選挙プロセスを妨害しようとする外国の敵対勢力にレーザーを当てている」とハートマンは述べた。

 

 

 

2020年8月8日 – 2020年の選挙では、ロシアよりも大きな脅威が存在する > 米国防総省 > 国防総省ニュース

 

 

「私たちは、ロシア、中国、イラン、ランサムウェア業者など、すべての敵対者のスペクトルを見ています」と、国家安全保障局の選挙セキュリティ責任者であるデイブ・インボルディーノ氏は、金曜日の2020 DEF CON大会の一部であるパネル討論で述べました。

 

 

2020年12月9日 – ジョン・ラトクリフ国家情報長官、宇宙軍が米国情報機関の18番目のメンバーになることを発表

 

これは、ラトクリフがトランプ大統領と一緒に陸軍-海軍のフットボールゲームに出席するわずか3日前であることを忘れてはならない。

 

権限委譲理論 パート 8から、12月12日の陸軍-海軍のフットボールゲームは、ラトクリフ国家情報長官がトランプ大統領に外国の干渉の証拠を提示した時だと私は推論していますが、覚えていますか?

 

皆は宇宙軍が選挙窃盗を捕捉する鍵だと言っていますが、私は彼らがサイバーコムがやっていたことをもっと補完する役割を果たしたと思っています。

 

 

米宇宙司令部のボスである ジェームズ・H・ディキンソン 陸軍大将は、自分の仕事は米サイバー司令部の仕事と切り離せないが、サイ バー領域で進化する脅威についていくためには、政策を変えなければならないと述べた。

「我々のユニークな活動環境を考えると、米宇宙司令部と米サイバー司令部の間には特別な相乗効果がある」と、ディキンソン は 7 月 27 日に マクラリー・インスティテュートとジョージ・ワシントン大学の 宇宙政策研究所が主催した仮想討論会で語った。

「一方を確保することは他方を確保することであり、他方で活動することは他方で活動することを必要とする。

「そのため、我々の2つの戦闘司令部は非常に密接に連携しており、共に米国と同盟国の戦闘力を強化しているのである。

「その事実は、2つの領域の間に大きな同期性があると信じるに足るものである。

ディキンソンは、宇宙とサイバーなくして、効果的な米軍の力は存在しないと述べた。

「サイバーなくして宇宙での活動はありえない。宇宙なくして戦略レベルのサイバー能力もない」と強調した。

 

 

“宇宙なくして戦略レベルのサイバー能力は存在しない”。

宇宙軍を創設することは、サイバーコムと国家安全保障局(NSA)に選挙設備を守るために必要な最大限の能力を与えるために必要であった。

 

例によって、2018年に早くも宇宙軍の創設に着手したトランプと軍は先見の明があった。

 

 

クロージング

 

 

以上に挙げた情報を考慮すると、非常に明快な図式が浮かび上がってきます。

 

軍は、サイバーコマンドと国家安全保障局(NSA)(いずれもナカソネ大将がトップ)を通じて、外国からの選挙干渉に対処する態勢を整え、高度に準備していたことが容易に見て取れるのである。

もし中国が11月3日の選挙に介入したなら、トランプを含む多くの人々がほのめかしているように、軍がそれを捕らえたことに疑いの余地はないはずである。

 

残る唯一の疑問は、その情報を使って彼らが何をしたのか、ということだ。

 

 

明らかに彼らはそれを無視し、その場合、我々は台無しにされ、または彼らはそれに基づいて行動することができます。

 

私はすでにここで、司令部の構造そのものが、軍事行動を議会や官僚的シンクタンク、腐敗したメディアの権限外で完全に実行することを可能にしていることをお見せしました。

 

ナカソネ将軍は、「米国の重要設備に対する他国政府のサイバー攻撃は、戦争への入り口を越えるだろう」と自ら述べており、選挙システムは重要設備の範疇に入るものである。

 

私たちは今、国の存続がかかった重大な局面に立たされているのです。

 

アリゾナの法医学監査報告書は来週中に発表される予定で、監査によって選挙がトランプから盗まれたことが暴露されれば、我々は憲法上の危機に直面することになる。

この危機は、トランプと軍によってすでに満たされ敗北したと私は信じている。

 

バイデン政権が全くの無能と彼を就任させた明らかな詐欺の重圧で崩れ落ちる中、トランプはこれまで以上に強くなって戻ってきます。

 

全世界が彼の帰還を待っている。

 

最高のものはまだ来ていない。

 

 

 

 

この記事を気に入って応援したいと思われた方は、下記の記事を参考にして、著者のパテル・パトリオット氏に寄付をしていただけると翻訳者として無常の喜びです。

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 10/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。