ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 3/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 3/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・「権限委譲計画」がどのように行われるかを理解するためには、国防省の指揮系統を理解することが重要

・軍の指揮系統は、大統領を頂点として、国防長官、戦闘指揮官へと続く

・戦闘司令部は7つの地理的な区分けと、4つの機能的な区分けがある

・戦闘司令官11人のうち、10人はトランプ大統領の任期中に就任した。

 

 

米軍の指揮系統をしっかりと理解することにより、大統領の権限がどのように委譲されたか知る事ができる。

指揮系統は大統領から始まり、国防長官、先頭指揮官へと続く。

戦闘司令部は全部で11あり、7つの地理的区分けと、4つの機能的区分けがある。

戦闘司令官の一人はバイデン氏が「大統領」の座にいるときに就任したが、そこには愛国者一家のフリン一族が関与しているので、心配ない。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

指揮系統

 

 

軍隊を通してどのように「権限委譲計画」が行われるかを理解するためには、国防省の指揮系統を理解することが重要である。

すべては、軍隊の最高司令官である大統領を頂点に始まる。

そこから、国防長官、戦闘指揮官へと指揮系統が続いていきます。

 

 

 

 


これが指揮系統の別の表現です。

 

 

 

 

戦闘指揮所と戦闘指揮官

 

戦闘司令部(COCOM)は、統合戦闘司令部とも呼ばれ、軍事指揮の最高位で、統一指揮計画(UCP)と呼ばれるものによって監督されている。

各統一指揮計画(UCP)は、すべての統一戦闘指揮官に対して、次のような基本的な指針を定めている。

 

・任務、責任、兵力構成を確立する。

・地理的な戦闘指揮官のための一般的な地理的な責任範囲を定める。

・機能別戦闘指揮官の機能別責任について規定する。

 

 

戦闘指揮所と戦闘司令官とは何ですか?

 

 

全部で11の戦闘司令部(COCOM)があり、それぞれが地理的または機能的なカテゴリーに分類されています。

 

 

 

 


このうち7つの司令部は地理的な位置づけにあり、「アフリカ」や「宇宙」など、地球上または上空の明確に定義された実際の場所におけるすべての作戦などを担当する。

これらの地理的な場所を「責任地域」と呼ぶ。

地理的な戦闘司令部(COCOM)の戦闘司令官とその就任日は次のとおりです。

 

 

米軍北部軍

 

 

米国南方軍

 

 

米国欧州軍

 

 

アメリカ・アフリカ軍

 

 

米国中央軍

 

 

米国インド太平洋軍

 

 

米国宇宙軍

 

 

 

戦闘司令部(COCOM)のうち4つは機能別として指定されている。

 

つまり、明確に定義された特定の種類の作戦などを担当するが、あらゆる地理的・空間的境界線を越えて、例えば、”サイバー “や”特殊作戦 “などに対応するものである。

 

地理的な境界線を越えて世界中で活動することで、機能別戦闘司令部(COCOM)は地理的な戦闘司令部(COCOM)に独自の能力を提供することができる。

 

 


機能別戦闘司令部(Functional COCOMs)の戦闘司令官とその就任日は以下のとおりである。

 


米国特殊作戦司令部(U.S. Special Operations Command)

 


米サイバー軍 – ナカソネ将軍はNSAのトップでもある

 

 

米国戦略軍

 

 

米国運輸司令部

 

 


戦闘団長に就任するためには、国防長官の推薦を受け、合衆国大統領によって指名され、上院で承認された後、国防長官の命により、4つ星将官として任命される。

 


現在の戦闘司令官11人のうち、10人はトランプ大統領の任期中に就任した。

バイデン氏の「大統領時代」に就任したのは、米インド太平洋軍司令官のジョン・C・アキリーノ提督だけである。

バイデン就任中に司令官の一人が就任していることに違和感を覚えたのですが、この記事に出会って安心しました。

 

 

フォート・シャフト、ハワイ – チャールズ・A・フリン将軍は、2021年6月4日にハワイ州フォート・シャフトのヒストリック・パーム・サークルで行われた式典で、ポール・J・ラカマー将軍から米軍太平洋軍の指揮権を引き受けた。

米インド太平洋軍司令官ジョン・C・アキリーノ提督が式典を主宰し、このコマンドの意義を振り返った。

「米陸軍太平洋軍司令部は、国際日付変更線の西側に分布する、致命的な統合戦力を生成するためのアプローチにおいて重要な役割を担っており、これを保護、維持し、すべての同盟国およびパートナーと完全に統合することができる」と述べました。

 

 

アキリーノ提督がチャールズ・フリン将軍の昇進を監督していたことを知ることは重要である。

陸軍長官は米陸軍太平洋軍司令官の昇進を担当しているが、戦闘司令官が同意しないのに誰かを昇進させるとは思えない。

フリン一族は愛国者ばかりなので、アキリーノ提督も愛国者だとここで確信しました。

 

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 3/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。