ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 8/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 8/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・ナカソネ将軍は、国家安全保障局(NSA)長官として、サイバーセキュリティ局を創設した

・「ロシア・スモール・グループ」と名付けられたタスクフォースは、「選挙セキュリティ・グループ」と呼ばれている

・国家安全保障局(NSA)はサイバーコマンドと共に、2020年の選挙を守るために準備をしている

・ナカソネ将軍は、「選挙に干渉しようとする敵対者がいれば、彼らをやっつけるつもりだ」と発言した

 

 

サイバーコマンドの司令官でもあるナカソネ将軍は、国家安全保障局(NSA)長官として、サイバーセキュリティ局を創設した。

サイバーコマンド、NSA、サイバーセキュリティ局は、外国による選挙干渉と戦う。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

2019年4月29日 – 前述の「ロシア・スモール・グループ」と名付けられたタスクフォースが常設化されると報道されました。

2019年7月23日 – ポール・ナカソネ将軍は、国家安全保障局(NSA)が外国の敵対者からのサイバー脅威から国をよりよく守るために、サイバーセキュリティ局を創設すると発表しました。

 

 

情報機関初のサイバーセキュリティ担当局長にはアン・ノイバーガー氏が就任する。

国家安全保障局(NSA)の広報担当者がサイバースクープ誌に語ったところによると、同長官は今年の10月1日に運用を開始する予定だという。

この動きは、国防総省に属する国家安全保障局(NSA)が、国家の重要設備を保護するために、諜報傍受から得られた情報を、各省庁や民間企業により良く提供できるようにするためだと、同報道官は述べている。

ナカソネ氏は、ニューヨークで開催された「サイバーセキュリティ国際会議」でこの発表を行った。

“これは、(中略)対外情報とサイバー防衛の任務を統合する主要な組織であり、(中略)国家安全保障システムと防衛産業基盤に対する脅威を防止し、根絶することを任務としている “と報道官は述べた。

ノイバーガー氏は最近、ロシアの影響力と選挙に対するサイバー脅威を阻止するために国家安全保障局(NSA)とサイバー司令部が共同で設立したタスクフォースの2人の共同責任者のうちの1人を務めました。

報道官は、以前は「ロシア・スモール・グループ」として知られていたこのグループが、現在は「選挙セキュリティ・グループ」として内部的に知られていると述べ、その理由の一つは、焦点を変えたことを反映するためであるとしています。

2019年9月7日 – 2018年の教訓を生かし、2020年の選挙を守るために準備する国家安全保障局(NSA)。

 

 

国家安全保障局(NSA)当局者は、2018年の中間選挙の安全性を確保する上で鍵となったとする3部構成のアプローチの概要を説明した。

まず敵対者の活動を理解しようとし、次に、主に連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省を通じて、潜在的なターゲットと情報を共有した。

また、軍のサイバー防衛部門である米サイバー軍とともに、米国の政治プロセスを混乱させることを目的とする者に対し、不特定の「コスト」を課したと当局者は述べている。

国家安全保障局(NSA)と米サイバー軍を率いるポール・ナカソネ将軍は、先週の年次情報・国家安全保障連合(INSA)サミットで、「私たちは…もし選挙に影響を与えるか干渉しようとする敵対者がいれば、彼らをやっつけるつもりだ」と発言した。

2019年12月20日 – 米国宇宙軍が正式にアメリカ軍の6番目の支隊となる。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 8/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です